わたコちょ! 海シーズン突入 2009

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海シーズン突入 2009

やっと今年の潜り初めを。
季節的に赤潮の頃なので透明度に関しては期待してなかったんですけども。
やはり-10mの砂地のボトムがうっすらと見えるか見えないかってトコでしたが、正直もっと悪いかと想像していたので、気分的にはまあまあでしたか。

水温15℃前後、もちろんウェットスーツなしじゃ速攻で低体温症へまっしぐらですが、着てればとても気持ちいい水温です。
たしか昨年の9月か10月以来なので、まずは-7mのポイントで恐る恐る。
バディも同行してないし、息こらえの練習も全然してないしホント慎重に。 
息こらえそのものの練習はしてないですけど、ハイポ5や7とかは冬季メニューで結構みっちりしてたんで、完全にリセット状態って感でもなかったとは思います。

水泳での素足でのキックが多少マシになってきた気がしてるんですが、そのせいか、フィンキックもこれまでになくいい感じで推進力を得られた感じがしました。
ブレードへの水のノリがいい感じです。 水の塊を後方へ送るイメージがこれまでよりもっとはっきりしてるんですよね。
ボトムに着いてそこから水平方向へ向きを変え、ユルユルなストリームライン(と言っていいのか?)で近頃風な振幅の小さなバタ足。
なんだか大きく振ってもないのにトルク感があるんだよな。 グイグイって感じですわ。 で、ある程度スピードが乗ったらスルスルっと滑るような感じに。
実はこんな使い方をしてやるのが正解だったのかな、オイラのエースフィン。
今まではもっと力任せな振り方だったもんなあ。
あまり筋力を使ってないからか、息もなかなか苦しくならないんです。 どれくらいの距離を水平潜水してたかな? 

ふと、いつだったかサンバしたのを思い出しちゃって、おっと調子に乗っちゃいかん!と我に返り^^水面方向へ向きを変えました。
水面まで結構遠かったです。 水面まであと5mくらいかな? ってな頃にちょっと息苦しさを覚えまして、水圧が抜けて膨らんできたマスクの中の空気をスン!と肺に入れました。 セカンドブリージングってスキルなんですが、本来はこんな程度のダイブで行なうようなモノじゃありません。
ですけど、ま、もうすっかりクセになってちゃってるんで、無意識でやっちゃってます。

息こらえってのは何度か繰り返してると、少しずつ止めていられる時間が延びるんですよ。 2度目より3度目、3度目より4度目って感じで、大抵の人にそういう傾向がはっきり認められます。
もちろん、それは単に息苦しさを覚える感覚が慣れるだけの事なので、BOまでの限界が延びるってハナシではないんです。 むしろ危険を報せるセンサーを鈍らせてるワケですから、このように一人で潜っちゃってる場合、ホントは自らの墓穴を掘っている行為と言えます。
潜ってる時に死んじゃう人って、大抵単独ダイブなんです。  
潜っちゃ浮上し・・・ってのを何度か繰り返して、いつの間にか-15mを越えるポイントにまで来てました。 で、水面にプカプカ浮いて息を調えている間に、そんなような事も色々と思い出しまして、じゃあ、もう一度潜ったら今日はもうオシマイにしよっと・・・なんて考えたんですけど、
おっと、それが命取り! などと殊勝にも考え直しまして、もう一度は潜らずにそこで切り上げました。

そもそも、久しぶりに軽ぅ~く海の気持ちよさを味わおう! って思っただけだったのに、つい「お、もっとイケルぞ!」ってなっちゃうんだよね。 
プールみたいに監視員がいるわけじゃないんだから、練習する時は必ず複数人で態勢も調えて。
鉄則なんですけどね。


それにしてもやっぱ海って気持ちいいですねえ。 もっと透明度が良けりゃ言う事なかったけど、ボトムで横になって見上げる蒼い空と輝く太陽。 すごくキレイです。
ミズクラゲちゃんたちもたくさん漂ってた箇所もあって、半透明の体を透けてくるお日様の光ってのも、なかなか乙な雰囲気でした。

海の仲間の人たち、また潜ろうね!
スポンサーサイト
COMMENT
サンバって水中で踊るわけではないですよね(笑)?

ダイビング、いいですねえ。
以前にコメント書いたかも知れませんが、たたーはどうも海で泳ぐのは苦手なんですよねえ。
よく考えたら高所恐怖症的な怖さのようです。
足元が深いって言うのはだめみたいです。
マスターズ大会のときのアッププールが飛び込みようの深いのだったときも怖かったです。
なので、魚を見るのは好きなんですが、水族館や魚屋の店先でがまんしてます。
サンバって踊るんですよ^^
近頃では正しくはLMC(ロスト・モーター・コントロール・・・だったかな?)と言います。 動作制御不能って感じですかね。
BO状態の一歩手前で、半分以上意識を失っていて、手足、体がサンバを踊るような動きをすることが多い事から、海外でもそう呼ばれるそうです。
オイラはサンバのダンスも、この素潜りでのサンバも見たことないんですけども^^

自分がやっちゃった時は、水面まで戻ってきて、バディを務めてくれていた同行者に、OKサインを表示した直後に意識が飛んで、後頭部からバシャン!と落ちました。 水が顔にかかってビックリして自力でカンバックしましたけど、とても危険な状態であることは間違いないです。

下が深くて不安って方、案外多いですよね。 個人的には水の気持ちよさを味わうなら断然プールより海なんですけども・・・
お魚もチビちゃんたちがたくさん群れ始めてました。 アメフラシも案外たくさんいましたよ。 アメフラシは見ていてもそれほど可愛らしいワケじゃないですけどもさ^^
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/996-7d8096ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。