わたコちょ! Sat.Swim Report 0425

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 0425

自主的に一部サークルを緩和して09-04-4メニュー(4500m:2.5時間)に臨みました。
木曜日の練習→金曜のマッサージという流れで、肩周りの筋肉の解れ感、緊張度はちょうどいい感じでした。 水の引っ掛かり感は今ひとつだったかな?
これについては少々無意識が水を逃がしてるような所もありそうです。 すごく引っ掛かる時の水の重さをスイープし続けるとまた筋痛で肩を動かせなくなっちゃうかも・・・? って弱気な部分だったかも。
動かせなくなりそうだったらそこまででさっと練習を切り上げたほうがいいんですけどね。 単に決められた量をごまかしつつこなすだけよりも。  

ダウン泳の直前に
AN3 S 25×4×4 S1  1′15″  3H1E
ってのがありました。 このメニューのAN系総決算みたいなヤツです。 S1と書いてあり、個メでやってもよかったんですが、ここはまあFrオンリーで。 単位距離が50mだったらIMでしたかも。 
ほぼオールアウトを要求されてるので、泳ぐ時間はEzの時は一本につき25秒くらい、Hdの時は15~20秒くらいです。 なので丸々50秒以上のレストがあるんですけど、この50秒は正直申し上げてそれほど長い時間のようには思えませんでした。

さらにその直前に
AN2 S 25×4 Fr 1′15″ 3H1E ターン全力
が組まれていたので、結局ほぼ25×4×5と同じようなものでして、無意識でセーブしつつであっても、なかなか肩に堪えました。
ターン全力ってのは25mで終わらないで、フリップして浮き上がりまでは気を抜くな! って意味です。

部分的にサークルを緩めたのはやはりEN系でした。
200m、300mを泳いで戻ってきたらレストタイムが5秒しかなかった・・・ってな事になって気が滅入ってしまいました。
1本か2本はサークルを守って5秒後にスタートしたんですけど、3本目となるともう戻ってきた時点でサークルを越えてたりしまして。 情けない話ですけど^^

4-6月メニュー、1番と2番はどうにかこうにかできますが、3番、4番はかなりの難敵ですわ。
当初、3番はやってみれば案外しやすそうな感じを受けましたけど、やはり終盤で音を上げちゃいましたし、今回の4番もご紹介の通り。
1ヶ月でローテしたんで、あと2ヶ月で2ローテするわけですが、さて、果たして6月の終わり頃にはきちんとサークル通り回せるようになっているでしょうか?

肩周辺のケアにも一層注意が必要な雰囲気になってまいりましたしねー。
もう少し上手になる、速度を上げる、ってのを目指そうとするってのは、ま、こういう事ですなあ。
キツイのはキツイんですが、結局は運動強度が次第に上がる事が何を意味するのか分かって楽しんでるから続けられるんですよね。  多くもないお小遣いの中から貯金する・・・みたいな楽しみ方と言えるのかな? 
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/990-f3a5b594
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。