わたコちょ! Sat.Swim Report 0418-1

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 0418-1

朝一番、およそ1ヶ月ぶりとなる水中撮影会でした。
09:00 プール施設の玄関をくぐるとカナちゃんと久々のT森さんがそこに。
どういう料金システムで入館すればいいのか悩んでいる様子。
と言うのも、水中撮影だけのために泳ぐのなら、我らがクラブの選手ちゃんたちと同じ貸切コースで泳げばいいのだから、料金を払わずに「貸切コースへ入りまーす!」って言ってそのまま入っちゃえばいいわけです。  でもせっかくだからってんで、その後にメニューの練習をしようと思えば、選手ちゃんたちとは別メニューなので(って言うか、同じメニューなんてとてもじゃないけどこなせないので)、マスターズ部は一般コースで泳ぐことになるわけで、そうなると撮影が済んだらもう一度着替えて出て、あらためて料金を払うべきなのか・・・とかちょっと考えちゃう、ってトコなわけです。
ま、一言管理側に申し置きしておけば普通にショートカットしてもまったく問題ないんですけど。
普通に料金払って入ればいいわけで。

これがマスターズ部も5人以上で練習するぞってんなら、もう1コースを別に貸切にすればいいんですけど、なかなかそうはできない所が寂しい感じではあります。
なかなか本題に入れませんが、そうは言いつつもマスターズ部も勧誘の手を方々に出しております。
ずいぶん昔にこのブログにも紹介した事があるんですが、我が母校の高校の水泳部だったコがこの春に大学生となってここのプールでバイトを始めたんですよ。 現在そのコをターゲット1にしてるんです。 入ってくれるといいんですけどねえ。 S1はBr。 とっても上手なコです。 
ターゲット2は、オイラの中坊の時の同級生。 バレーのパスパートナーだった男です。 水泳は当時の市内小学生チャンピオン級・・・らしいです^^ 結構その気にはなってそうなんですが・・・ 
はっは、年齢層に幅があり過ぎですね。

さて、急いでプール室へ入ると、F木コーチはもう撮影のスタンバイを9割方してらっしゃいまして。
09:30から撮影を始めますと通告。 10分で入水前のアップ、15分で水中のアップを終えろと。
到着が予定よりずいぶん遅れたのは自分がいかんのですが、ちょっとイヤな予感も。

オイラとしては入水前のアップが10分は少なすぎです。 普段は軽く汗をかくくらい動いて、その後入念にストレッチして・・・それで30分かかりますから。 でも自分が悪いのでしょうがない。
タイスケに素直に従いました。
諸事情により水中撮影は10:00までしかできませんからね。


選手ちゃん部も新たに一人(また)女の子が加入したので、総勢7名でトレイン状態の撮影って形としました。 前回と同じなんですけどね。
つまり、25×8で、2本続けて同じ泳法で泳ぎ、左右の姿を撮るって形です。
選手ちゃん部はチョイス、マスターズ部はIM-Oで。

25×8を7名分、今回は一気にノーカットで撮影。 するとおよそ8分弱の撮影となり、データ的には.AVIで2800MB強となりました。 映像を観ながら先にマスターズ部3人の指導が入って、その後速攻でWMVの最高品質へ1/10にエンコード。 コピーするのに手間が省けますんで。 
ですが、そこそこ大きいデータだったのでエンコードにも時間が結構かかりました。 
その間コーチと二人で映像データの取り扱いについてあーだこーだとパソコンを観ながらハナシをしてたもんですから、既にプールに入っていたマスターズ部のオネエチャンたち二人は、オイラばかり丁寧な指導を受けてる! と誤解をしてたんだそうです(F島コーチ談)。 誤解を解く作業をしてないので、未だにヤキモチを焼いてるかも知れません^^

さてさて、問題のフォームはと言いますと、
最初からお褒めの言葉をコーチから頂きました。
「マシになったね」

・・・や、それは褒め言葉の内に入るんですか・・・?

自分としてはですね・・・ハイ、「マシになった」と思いました^^
ちょびっと自画自賛ですけど、1ヶ月前の悲惨な泳ぎからすれば多少は「水泳」っぽいです。
尻の落ちがかなり改善されてました!
4泳法とも前腕の立ってる感じが(前回より)伝わってきました!
ヒザの折れ角が減ってキックの幅がかなり小さくなって、進んでる感じがありました! (Br以外)
背中の丸みが悪くない感じでした!

オイラだけ観たらなんか・・・結構泳げる人みたい・・・かも?
前を泳いでる4人、後ろを泳いでる2人が上手い人たちなので、その流れで観ちゃうとやはりオイラのヘタクソさが際立つんですけど、きっとオイラだけを観たら、まあまあかな? って感じると思うよ!
もちろん自分で観てもダメダメな点は相変わらず数えられないくらいたくさんあるんですけど、その、なんて言うか、全体的な雰囲気がこの前よりはいい感じかも?

ってな感じでして、あらかじめ覚悟してたよりはずいぶん衝撃度少なめな水中映像でホッとしました。
前回と較べて変化がほとんどなかったら・・・今頃オイラはこうやって嬉々としながらブログへ書き込みなんぞしてないと思います。
いくらか進歩があって、ホントよかったっす。

やっぱね、「鏡」ってゼッタイ必要ですよ。 上手くなろうと思ったら自分の姿を客観視できるシステムが必要です。
だって、コーチも言ってましたぜ? 
「ボクは毎回観て、その都度問題点をみんなに伝えるようにしてるけど、これほどのインパクトは与えられないもの」

ま、アレです。
どんな強烈な刺激も慣れればそれまでなんですけどもね。 人の脳って連続する刺激にはすぐに鈍感になっちゃうから。  経験を重ねると感動する事が少なくなるのと似ている・・・と言ってもいいでしょう。
・・・だから毎朝カガミを見てもビックリしないのか^^

カガミを見るのもほどほどにしといた方がいいのか? と思ったdefDでした。
スポンサーサイト
COMMENT
やっぱりね、同じ内容の指摘をされても、他人にただ言われるのと自分の目で見るのは違うんだろうね。
いくら信頼しているコーチでも、言葉と映像では差が出て来る、と。
まずは自分でも進歩が認められたならいいじゃない。
まったく見える進歩がなかったら、きっと前回の時よりへこんだと思うよ。 まさに両刃の剣。 こわこわ。
そうですか!?
すごいですねー!
やっぱり水中撮影プロジェクトやってよかったですねー。
うらやましい。
たたーはあいかわらず毎晩バックキック1000mの生活です。
はい、結果的にローコストでできましたし、ものすごくお得感(?)があります^^
この先もスイムフォームだけじゃなくて、ターンやダイブの練習にも使えますしね。 
練習のハードルを自ら上げちゃったって考えもできますけど・・・
オイラもBaキックだけ別メニューを組もうかな? 
だけど、近頃は上下かかわらず、あまりバタ足を熱心にやってると、大転子がイタだるくなるんですよね。 単に鍛え方が足りないだけなのかも知れませんが。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/983-de341615
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。