わたコちょ! もうひとつ動画のネタ

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとつ動画のネタ

このハナシのジャンルやテーマを水泳にすべきか迷うトコですが、一連の流れなのでそのままスポーツ→水泳にしました。

動画を撮影するソフトとしては、WEBカメラのセットに付属していた「Amcap」ってのをそのまま使ってもらいました。 こいつはマイクロソフト製なので、普通にWindowsのオマケソフトの類に慣れていれば、ひとつひとつの操作がはっきり分からなくても、なんとなくそれなりに使えてしまえます。 
ですけど、きちんとした取説などというものがセットに含まれてなく、またネット上にも決定打と呼べるようなのは漂ってません(09.3末現在)。
なので、それなりには使えても、機能のごく一部分しか活用していないのは事実です。 撮影して録画するという最もプライマリな操作はなんとかできますが、色々とありそうな機能を試そうと思うと、正直言って直感的にはとても使いにくいです。
でも主なオペレータであるコーチとしては、どうやらもうそれでいいらしく、ここで新たなソフトを導入する方が面倒なようなので、恐らく当面は現状のまま「Amcap」を使う事になりそうです。

次、データサイズのハナシ。
他のWEBカメラを知らないのですが、今回使ったカメラは上記の通りマイクロソフトのシステムを使ってるからなのか、「.AVI」という拡張子のついたデータとなります。
AVIというデータは比較的大きなサイズになりやすくて、イマドキのPCでももしかしたらハードディスクに負担となりそうな感じです。
動画なんて、実は不必要な部分も結構多くて、そういうトコを編集してバンバン削除していけば、かなりデータ量を落とせるんですが、その前に別の規格にエンコードしちゃう方が更に便利です。 それだけでとにかくどーんとサイズを小さくできるんです。 エンコードってくらいだからいわゆる圧縮って考え方でいいかな?  オイラも全然詳しくないのでチグハグな事を書いてたら申し訳ないです。
いつだったかあざらしくんが教えてくれた「SUPER C 」ってコーデックソフトは、高機能なフリーソフトでした。 数多くのエンコード・デコードに対応してます。 大画面のテレビでも観たいとかって野望をお持ちなら、MPEG2に変換したりとかって作業をする必要があるそうなので、Super cがあると便利でしょう。
ただ、別にPCの中だけで観られればいいってんなら、これまたマイクロソフト製ですけど、
「Windows Media エンコーダ」ってのがあります。 これはAVIからWMVってファイルに変換するだけのソフトっぽいです。 これもまだちょっとしか試してないんで全容を掴んでないですけど。
AVIからWMVにエンコードするだけでファイルサイズが相当に小さくなります。 少なくとも約1/10になります。 色々試してる途中でそんなレベルとは比較にならんくらい・・・ 気のせいでなければ1/150程度の大きさになったテストピースもあったんですが、これはちょっとウソかも知れません。 アヤシイです。
サイズが1/10になったヤツに関しては、それでいて見た目には画像の劣化は別に感じませんでした。
眼のいい人が見たら違うんでしょうか? 
 
500MBってでかいですよ。 ギガの半分ですもん。 一昔前のパソコンならハイエンド機ですな^^
15年前かそこらの事、オイラが自分で初めて買ったノートパソコンのハードディスク容量は確か100MBもなかった気がします。 メモリが8とか12MBとかだったもん。  それが今はテラが当たり前ですからなあ。 15年前のオイラが誤って現代にやって来たら、パソコンやネットに関してはそりゃもう腰を抜かすほど驚くでしょうなあ。  どんなビックリ顔をするか容易に想像できちゃいます。 反面、全然進んでないんだね、って思うことの方が多いんでしょうけど。

えーっと、それから
AVIやWMVファイルなら、Windows Media Player で観るのが普通に便利ですよね。
もしかしてご存じない方も多いかもしれませんけど、WMP11なら、コマ送りもスロー再生もできるんですよ。 
いやあ、オイラもつい一年くらい前まで知らなくて、スローやコマ送りはフリーソフトをダウンロードして使ってたりしました。 
DVDに焼くのも簡単だし。

もうひとつ、
「Windows ムービーメーカー」というビデオ編集ソフトがXPであれば普通に使えると思うんです。 今ならムービーメーカー2とかかな?
ファイルがAVI、WMVなら、動画の不必要な部分を切ったり、別の動画をつなげたりってのが簡単にできます。 
さらに、WMエンコーダをインストールしてなくても、ムービーメーカーを使うと、AVI→WMVにほぼ自動でエンコードされちゃうようです。

別にオイラはマイクロソフトの営業じゃないんですけど、最初のキャプチャでAVIファイルが作られちゃうと、以降の作業もそのままWindowsのソフトを使っちゃう流れになるのだなあ、と感心してます。


これまでオイラはあまり動画ファイルの扱いについては興味がなかったんですが、これから動画を水泳上達のためにどんどん活用しようと思うなら、ちょっとは勉強せにゃいかんなあ、と思った次第でした。
もっと簡単で便利なのがあるよ! って方はぜひ情報をお寄せください。
スポンサーサイト
COMMENT
動画
これ教えてたっけ?↓
http://w16.wazamono.jp/bikemovie/src/16bike2408.wmv.html
デジタルビデオで撮ったAVIのデータオを「SUPER C」でwmvにエンコードしてから、君が書いてたムービーメーカーで編集してみたビデオね。
まぁ客観的に自分のフォーム見たら普通凹むで。
そりゃハンパ無く。
俺なんて乗り初めから数えたらもう30年乗ってるけど全然ダメだね。自慢じゃないけどw

あと最近始めたブログの内容がそれなりに溜まって来たのでリンク貼っときます。
君のブログは勝手にリンクさせてもらいましたので事後承諾でよろしく( ̄ー ̄)
どうもありがとう。
こっちもリンク貼っとくね。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/962-fed20d48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。