わたコちょ! 一日経って

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日経って

昨夜はコーチ宅から我が家へ帰って、もう一度撮影映像を観て、杵で搗かれるモチの気分を味わいつつ、叩きのめされ挫けた気持ちのままに文章にしてしまいました・・・
一日経過したので、もう少し冷静に映像について書いてみようと思います。

そりゃね、オイラの前を泳いでる5人の女の子たちの内の3人が我が県のそれぞれの年代別記録保持者ですから、その流れでオイラの泳ぎを見ちゃったら、ある意味では公平とは言えないか、などとも自己弁護できるくらいには心が復活してきました^^

そうは言いましてもね、やはりアレをここにアップロードするのはあまりにもデンジャラスですわ。
動画の中からスナップをキャプチャして、その中から多少はマシと思えるのを静止画として載せてみようかとも思い、コマ送りで1ショットずつ観てみましたけど、やっぱまともなのはないです。

一目か二目で気になった15ヶ所の内のいくつかをピックアップしてみます。
まず、キャッチ動作。 
どれだけの時間をこの練習に費やしてきたのか、ってくらい入念にやってきたんですよ。 この一年間。 もちろんこればかりってワケでもないですけど、主観ではグライド~キャッチ完成までの動作に限って言えば70点~80点くらいのレベルには達してるんじゃないか、って思ってました。

いやいや、全然ダメ。 
自分じゃヒジを立ててるんですってば。 毎ストローク、きちんと。
ところが映像観たら、一瞬として立ってなかったですわ。 なんだ?ってくらいヒジで引いちゃってる。
何やってんだ、オレ! ってなもんですわ。
多少の気持ちは伝わってきます。 ここで立てようとしてるって気持ちだけは映像から伝わってきます。 でも立ってない。  70点? 夢のまた夢ですわ。 

頭のツッコミ。
オイラの視線って、常に真下を向いてるハズなんです。 適度にアゴを引いてね。 そのつもりです。
で、イメージでは頭頂部を水面下10cmを目掛けていつも突っ込んでるんです。
そのはずが、どう見てもアゴが上がって、前方3mくらい先のプールの底ら辺りに視線が行ってる感じ。
なんのこっちゃ? ですわ。  そんなトコ見えてないのに、顔面の向きはそうなってる。

左右への体重移動のタイミング。
左手をカキ込みつつ、右手はリカバリからエントリへ伸ばしつつあるってシーン。
切り替えがちょっと早過ぎて、腕を伸ばすより先に右肩が水に触れてます。 ここをもうちょっと我慢して手を先に突っ込まないと、前面抵抗にもなるし、腕全体でエアを巻き込む形になっちゃう。
反対側はまあまあだったけど。

背中のライン。
これはアゴが上がってることに起因してるかも知れません。 反り気味になってます。
胸を張っちゃいかんのですよ。 オードリー春日みたいな線が出てます。
反対に背中を丸め気味にして、背中の筋肉にある程度の緊張を持たせておかなくちゃいかんのに。
さらに腰も反ってる。 へっぴり腰系なライン。

それらが合わさって、尻の位置が低いんですなあ。
で、上半身全体が斜めなんですわ。 こんなに水を押しながらじゃスピードに乗れるワケがないっす。
胸から腹で受け止めちゃってる前面抵抗はいかばかりなのか・・・  ムダなことしてます。

そりゃね、もっと速度域が上がれば自然とそんな角度にもなりますよ。 
でも、今のオイラのスピードでそうなっちゃ、ますます遅くなるだけです。 

腰の左右へのロックも甘いですなあ。 上体のロールに釣られて開いちゃってる。 むしろキックを蹴り込んで、もっと強いツイスト状態を作っていかないと。 そこができないといずれ「たたーさん流キック」を取り入れる構想も何もなくなっちゃうしね。

キック打つ位置もひどい。
もっと水面に近いトコで小さく振らにゃならんのに。
背中のラインが反り気味になってるくせに、背中側で振れてないんです。 
もうちぐはぐな・・・ まるで統一性がないです。  大腿骨が尻から出る角度がおかしい。

膝の曲がりも大き過ぎ。 ブレーキをしてるのと一緒。
足首の使い方も変。 水を捉えた瞬間はあるのに、そこで押せてない。 ここは大腿骨の出方とも関連してます。

ってな風にもう全身がバラバラでして、いい所を見つけるのが極めて難しい。
強いて言えば・・・ってトコもないっす。
ダメな点はもっとあるんですけど。 
ここまでイメージの投影と実際の動作が合致しないってハンパじゃないっす。 ある意味すごいです。


ちなみに、お分かりでしょうけど、今挙げたのってクロールについてのみですから。
他の3泳法についてもコーチの優しい指導できっちりと叩きのめされました。

遠い道程を歩いてますなあ、いや、ものすごい長水路を泳いでますなあ。 
なんだか昨日の時点で、オイラの水泳に対する考え方が変わりました。
もはや水泳はオイラにとってスポーツじゃないです。 
スポンサーサイト
COMMENT
うーん、読んでいると、身に覚えが、、、
ちゃんとまっすぐ前に腕を出してるのにどうしてコーチが「腕が内側に入ってますよー」って言うのかな?とか。
あ、ほかにもあんなことやこんなことも。
えらそうに書いたキックも、どんなしろものか知れたものではないです。
defDさま、動画アップしていただかなくてもすごーく勉強になりました。
ありがとうございました。
映像で拝見するトップスイマーさんたちの映像ってなるほど!と思えるくらい素晴らしいですよね。
やっぱりそれと同じように泳ぎたいと思っているのですが ど素人の私には遠いお話だと思いました。
たたー様のおっしゃるように 何年もコーチから「もっと真ん中を掻いて。」と言われ続けています。 自分ではかなり引き寄せているつもりなのですが・・  肘も引いてしまっていいるみたいですし。  ちょっとオーバーくらいにアクションした方がいいのかなあ。

メンバーで親切なおじさんがよく私にアドバイスして下さいます。
「ボクの泳ぎを見てごらん!」とか「ターンはこんなふうに。」とお手本を見せてくれるのですが みんなで首を傾げてしまうのはdefDさんのビデオ撮影の記事を拝見して納得いたしました。
(おじさんもショックを受けるお一人だと思います。)
お二人にもいくらかは心当たりがあると聞いて、ずいぶん救われた気がします。

いずれは・・・ そんなに遠くない日に、きちんと動画をアップロードできるようになりたいと思うようになりました。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/960-685857ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。