わたコちょ! Sat.Swim Report 0214-2

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 0214-2

一度ジャージに着替え、そそくさと食事を済ませ、お待ちかねの岩崎恭子ちゃんのイベントをほぼ砂かぶり席で堪能しまして、もう一度水着になってプール室へ。 午前の続きをしなくちゃなのです。
トークショーのレポートはまた別枠で書きますんで、とりあえず割愛。

と言っても、イベントの第二部として、ここのプールのキッズ、ジュニア対象の水泳教室で特別講師として恭子ちゃんも参加するんで、先のレポートの通り8コース中5コースが使用不可。
残りの3コースもなにやら気合の入った子供たちのグループが占領しちまってて、水着になったはいいけど、泳げる雰囲気でないのですよ。
その気合の入った子供たちって、どうやら他所のスイミングスクールの生徒さんたちのようでした。
つまり、恭子ちゃんの指導を直接は受ける権利はないものの、ある意味ではオイラと同じ発想で、近くで話を聞ければ何か為になる事もあるかもと考えて、そこのコーチが引率してきた集団だったようです。
結局は特別講師ちゃんの指導は一番奥まったコースで行なわれたため、彼らの目的は全然果たせなかったので、ちょっとお気の毒でしたけれども。

ただ、指導に先立って恭子ちゃんが個メを100m分泳いでくれまして、それに関してはオイラはまたもや砂かぶり席ならぬ、水かぶり席で拝見できました。
感想としてはですねー・・・
そうだなあ、「洗練」って言葉を使えば間違いがないと思います。 まさに教科書のようなクセのないって言うとかえって失礼なのかな?  さすがにキレイな泳ぎでした。
注目のBrは、キックが案外と広く膝が開いた感じで、ちょうどオイラが練習してるイメージだったので、なんだか嬉しい感じがしました。  自分の中ではこれから「恭子タイプキック」と名付ける事に致しました^^  あの瞬間、彼女は悪寒を感じたかも知れません。
それとやはり注目させてもらったのは背中のイメージでした。 やはりね、すっと真っ直ぐに伸びてまして、反って無理に持ち上げるような感じは皆無。 あえて「ナチュラル」って書きましょうかね。 そしてインスイープ動作が終了して、ストロークが最もコンパクトに畳まれる瞬間はばっちり肩甲骨周辺は緩い猫背を形成しておられました。
それがね、この前、ハンちゃんのBrを引き合いにして、爆発的なインスイープで上半身を持ち上げる云々・・・と表現したんですけど、やはりパワーだけで持ち上げるワケじゃないんでしょうね。
恭子ちゃんはデモンストレーションとしてゆっくり丁寧に泳いでくれたわけですが、そういう事で決して「ガバッ!!」って感じじゃないわけですよ。 ですけど、きちんと上半身の高さを作ってリカバリ~再突入して行きますからね。

分かんないですけどね。 デモだからスカリングの上手さで持ち上げてくれただけで、レースペースで泳ぐって話だったらまた別の方法もあるんでしょう、って気もします。

デモスイムを拝見した後はそんな事などを考えつつ、採暖室やヒーターの前でストレッチしながらコースが空くのを待ってたんですが、結局、水泳教室イベントが終了するまでコースは空かなかったのでした。


さて、岩崎恭子ちゃん絡みのイベントがすべて終了して、プールが普段と同じ様子になったのが16:00ちょっと前。 
ようやくコースも空いて、オイラは午前の続きをおっぱじめる事に。 ちょうど我らがクラブの選手ちゃんたちも午後の部を始めるべく入ってきた頃でした。 

そうこうしてると選手ちゃんたちの中で一番年下のサツキちゃんがオイラを呼びにきました。 コーチが呼んでますよォって。
午前中に撮影した映像の編集を済ませて、早速観ながら解説をしてもらう事になったのでした。 

とりあえず褒められたのは、フロントキャッチのドリル(傍目には左右交互のスカリングドリルですけど)をしている時に、あえて何度かそのままキャッチから1~2ストローク分、Frのストロークをしてたんですよ。
こういう動きに繋げていけばいいんだよな・・・って考えながら。
「そこがよかった!」って言ってもらいました^^  そういうトライがよろしい、と(笑)
そこを撮られてるとは全く思ってなかったんですが、で、そのシーンの映像を観ながら、 スムーズなストロークに繋げて行こうって意識がはっきり見えるのが良かったのだそうですよ。  ドリルが上手くなるために練習してるんじゃないんだからって事だそうです。
なんだかちょっと複雑なお褒めの賜り方でございました。  

個メの方は、Flyは特になしで、Baについては午前中にF島コーチにフォローしてもらった事に関連して、ダメ出しを。
つまりギクシャク感の部分についてです。

ここの部分、本当はこと細かく説明したいです。 特に男性でBaやると腰がすごく落ちてしまう事が原因で苦手意識をお持ちの方にとっては喜んでもらえると思うんですけどねえ。 それとか、肩関節の可動域が狭い方とか、もうひとつ器用な動かし方ができない方にとっても、大きなヒントになるんじゃないかとも。

実はちょっと言葉で説明しようという努力はしてみました。 でも恐ろしく面倒な文章になってしまいそうでした。 
件のオイラ主演のサンプル動画をお見せできればもう少し伝わりやすいかと思うんですけどねえ・・・ 申し訳ないです。 やはり勇気がありません。  

要するにはリカバリ動作を利用した体重シフトを肩関節で微妙に受け止めた後、その荷重でロールを深くしていく(言い換えるとロール動作によって肩への荷重を逃がす)んですけど、そこの過程で進行方向へいい塩梅で突っ込めるか、とか、キャッチ動作へスムーズに繋げて行けるか、ってな部分です。
また機会があればきちんと書いてみます。

とにかく、Baに関しては今は前述の「微妙に肩関節に荷重を乗せる」って箇所を繰り返し練習してるんですが、そこからロールへと繋がっていく一連の動作がぎこちなくて、修正しなくちゃねってトコなんですね。

続いてBr。
ストロークのヒジも立ってきて、背中もいい感じになってきて、結果として腰もあまりヒョコヒョコと上下せずに、結構高い位置に保持できるようになってきてるけど、もう一段、腰の位置を高くしよう、と。
それには、キックの引き付け時の股関節の曲げ方が大事なんだよ、と。
オイラのクセとして、キックの引き付けする時に、膝を思いっきり後ろへ残しちゃうんです。
最大引き付け時でも、胸-腹-大腿が同一面上にあるイメージ。 引き付けで大腿が水の抵抗を受けてブレーキになるのがどうにも我慢ならないらしく。 
他人事のような表現ですけど。 だってね、ここだけは何度注意されても、自分で意識してるつもりでも、なぜか泳いでる内に自然と元通りになっちゃうんですよ。
股関節を思い切って折らない事で、結局腰の位置が下がって、大腿どころか、身体の前面全体が立ち気味になり、より大きなブレーキを掛けてるんです。 
そこをなんとかしないと、「恭子タイプキック」とかなんとか以前に、オイラのBrは行き止まってしまうんですけど。
頭では分かってるのに実行できない。 や、その時はできるけど、すぐに意識から外れて元通り。
なんだか自分自身と思えないっすTT  
うーん、引き付けで膝をもっと前に出すって動きにものすごく違和感を覚えるんです。 それが気持ち悪くて、意識が外れるとダメダメに戻るんですけどさ。 感覚のみで言うとその方が身体の使い方として気持ちいいんですよなあ。 
しっかし、この点についてはもうすぐ丸々一年間言われ続けてる事項なんですけどね。 困ったもんです。

Frは今回はとりあえずチェックはなかったです。 ま、ドリルでやってたようなスムーズなストロークを心がけるべし、って感じでした。

ビデオ観ながらのレッスンはそれで終了。
残りのメニューはクライマックスを迎える所でしたけど、陸の上でかなりレストさせてもらったんで、案外楽に片付ける事ができました。 
で、ダウン泳を始める前に、先ほどもらった注意点に気をつけながら、BaとBrを結構しつこく復習しました。 
さてさて、Brの引き付けに関して、果たして木曜日にきちんと実行できますでしょうか。 
スポンサーサイト
COMMENT
間近で岩崎恭子さんの泳ぎを拝見されてうらやましいなあ。
なんせ 私は有名人には会った事がありませんもので・・テレビの世界の方が目の前にいるだけでドキドキしそうです。

私はバックが全く駄目なので今日も練習してきましたが 先はまだまだ遠そうです。defDさんの記事の中からまた何かを拝借できれば・・・と読ませていただきました。

長時間プールにいらっしゃったようですが 追加料金とかはいらないのですか?私の方は駐車料金も心配になってくるのですが・・・
オイラレベルの目では、実際のトコは岩崎さんの泳ぎの素晴らしさはきちんと見えてないですよ。 何度か繰り返してる内容ですが、次元の高い人の動作は、それより数段低いレベルの人には簡単には理解できないんです。 なんとなくすごいなって程度ですよ。
だから、S本師の泳ぎを何度拝見させてもらっても、なぜ師があんなに進むのか未だに理解できないですもん。

背泳については、オイラはひとつの壁をよじ登るための手掛かりをしっかり掴んでる実感があります。 結果として登れるかどうかは別問題ですし、他のスイマーさんにとっては簡単に越えられる壁なのかも知れないんですけど、いずれはそういう事ももっと詳しく書けるようになると思うので、ヒントになれば幸いです。

田舎の公営プールって事もあるんでしょうけど追加料金というものはないです。駐車料金も街はずれでクルマで来るのが前提だからなのか元々取られません。 なので施設から出なければ740円で一日過ごせます。 そのためには昼飯の用意は必須です。 街中にある市営プールは駐車料が必要ですけど、利用者は追加料金不要だったと思います。  
岩崎恭子ちゃんの泳ぎ見られてうらやましいです。
defDさまが書かれているとおり、競泳の時ってかならずしもきれいな泳ぎというのじゃないみたいですから、そういうデモンストレーションみたいなので見る泳ぎがきっと一番きれいなんだろうなあ。
たたーが目指してるのは楽チンできれいな泳ぎです。
もちろんそれで速い分にはもっといいですが(笑)。

たたーのホームはかんこさんと同じコナミの別支店ですが、隣接してるSATYの駐車場にとめると、コナミ利用1回ごとに2時間券をくれ、SATYで買い物すると別に駐車サービスがあるので、コナミの券は使わないこともあります。
だからその券がけっこうたまります。
コナミは一日に複数回行くとそのたびにくれますし。

ま、もともとタダなのが一番いいですけどね。
今日偶然いいタイミングで電話した時も言ったけど、相変わらずのテキスト量には驚いてますわ。
>次元の高い人の動作は、それより数段低いレベルの人には簡単には理解できない
確かに。
これ見ると出来る人は「ちょっと斜めに入ってハンドルこじってやれば簡単簡単!」って事みたいだけど
俺がやったらまず骨折君だろうな(´Д`)
http://www.foxracing.com/videos/?id=MX034
まぁカーマイケル教祖様は世界一だからな。わかんなくて当然かも><ノ
>たたーさん
実は金メダルも持ってきてくださってました。 さすがに触れなかったけど。

>あざらしくん
分からないのが当然なのはそう。 分かったらできるってことじゃん。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/941-f02b4773
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。