わたコちょ! Sat.Swim Report 0207

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 0207

最初に訂正とお詫びです。
岩崎恭子ちゃんのイベントは次の土曜日、2/14でした。
プールに貼ってあったポスターをよく見れば、きちんとそう書いてあったのに、ある人が言ってたのを丸々鵜呑みしてしまってました。 やれ、お恥ずかしい。 
そんな方はいらっしゃらないと思いますけど、万一オイラの書いた記事を見て、県立プールに足を運ばれた方がおられたら、たいへん申し訳ありませんでした。 陳謝いたします。 

さて、土曜日、午後からイベントに参加するつもりのオイラとしては、プールがオープンする時刻に合わせて入館したわけです。 プール的には朝一ってヤツですけど、実はそれは一般客向けの朝一でして、コースを貸切で練習する団体さん向けには、一般より一時間早く開けます。
要するに、一般向けにはプールの水温や採暖室の温度が安定してから入ってもらいたい、と。
貸切の人たちからはそんな些細な事より少しでもたくさん練習させてくれって要求があって、それに応える形にしてるわけですね。

なので、イベントは来週だったという事実を知って、オイラがちょっと(;´д`)トホホ…な気分でプール室へ入った時には、当然の事ながらウチのクラブの選手ちゃんたちは既に午前の部を練習しております。

土曜はオイラの練習日ですけど、さすがにそんな時刻から入館した事などないので、やはりコーチももプールのスタッフの皆さんもお訊ねされるワケですよ。
「アレ? ずいぶん今日は早いね(早くないですか)?」
しょうがないので正直に答えましたけど、なんだか自分が天然っぽすぎるので、かなり気恥ずかしかったです。
や、このミスに関しては天然と謗られても弁解できませんねえ。 予定通り昼メシもちゃんと用意して行きましたから。 ポスター、きちんと読めばよかった・・・
でも、色紙はどうしようかと考えた末、用意しなかったんですよね。 色紙持ってプールへ入らなくてよかったです^^

さて、練習は、木曜日に半分に省いた09-1-05の5600mを通しで・・・のつもりでしたけど、一部セット数を間引いたり、休憩タイム前に設定されている中間ダウン泳を省いたりしたので、実際は5000mちょいくらいかな?

普通は土曜日は滅多にコーチと顔を合わす機会がないんですが、この日はオイラが朝から行ったのでコーチもこちらを見てくれてます。 もちろん選手ちゃんたちがメインなので、その合間にって形ですけど、いつもの通り一度では覚えきれないくらいの指導がしばしば入ります。
ちょいと褒めてもらったのはFrのストローク動作の流れでした。
フロントキャッチ姿勢からダウンスイープに移行する時、一度腕の動きにストップモーションかけた感じになってたんですよね。
それは前腕から掌で水を引っ掛け、胸の前辺りまでぐっと引き寄せた時に水の重みのピークをそこで一旦迎えますが、その重みを受け持つ筋肉が上腕から肩へシフトする時でもあります。
ぐっと前へ突き出したままにしているヒジを今度は引いて、クロールという言葉どおり、ヒジを使って地面を「這う」ような動きを始める瞬間と言えます。 それまでは前腕から前で引っ掛けて手繰り寄せてた水を、今度は上腕まで使って腕~指先まで全体で引っ掛けるってことです。
そこの切り替え部がこれまではもう一つスムーズじゃなかったんですよね。
イメージとしてその瞬間に止まっちゃう感じ。

ちょっと小難しく書くと、結局、水を引っ掛けるって事は抗力を発生させるってことで、流体抵抗=速度の二乗に比例するワケですから、せっかくキャッチでそこそこ上手く水を引っ掛けられても、さてこれからプル(ダウンスイープ)動作をするぞ、というまさにその瞬間に前腕から先のモーションスピードが緩んでしまっては、それまで引っ掛けていたモノを離しちゃうってことなんです。
それでも前へ進むって事は、そこから再び腕全体の加速を始めるって形になりますが、考えるまでもなく、「じゃあ、グライド姿勢からキャッチ完成までの動作は無駄だったね」って話になりますよね。 再びしっかりと抗力を発生させるだけの速度に腕の動きが達するまでのラグがもったいない・・・って話です。
まあ、水を捉えるだけでなく、キャッチ完成までの動作でも推進するってのが基本的な考え方なので、切り替え部で一旦緩んでも完全に無駄ってワケでもないんですが、それでも理屈の上ではとてももったいないワケです。

逆にキャッチとプルをセパレートしないようなストローク動作・・・ってのはつまりハイエルボをしないストローク動作ですが、これだと切り替え部がない分最初っから肩関節には淀みのない動きを期待できるんですけど、それでは抗力のベクトル成分があちこちに分散される時間が長く、肝心の「前へ進む」という効果が減りますし、キャッチの一番最初の段階から肩を強く関与させるので、疲労も早いってことになります。 これはちょっと余談でした。

ってなわけで、これまでそのキャッチ~プルに切り替わる瞬間の動作をなかなかスムーズにできなくて、自分でも歯痒い気持ちだったんですが、どうにか神経回路の接続がちょっといい感じになってきたようです。 
簡単な事のようですが、実際に意識してやってみると、多くの人が案外難しく感じるんじゃないかと思うんです。
なぜなら、それまであまり関与していなかった肩を動かす筋肉に、キャッチ動作で重みを作ってきたモノがバトンタッチされてほぼいきなり乗っかってくるってことでして、今度はそのために思わず身をよじらなきゃならないような力が体幹に掛かってくるんです。 
きちんと腹筋、脊柱起立筋辺りまで働かせて、肩にいきなり掛かってくるモーメントを受け止める準備をしておかないと、蛇行しちゃう、とまで言うと少々オーバーですけど、なんだかヨレヨレっとしたクロールになってしまいます。 少なくともなんだか力がどこかへ逃げてしまうような感覚となります。
あ、いや、この辺はもう半分くらいは主観的な感覚に後付けした小理屈ですから、オイラとはまったく違う感想の方も当然多くいらっしゃるかとも思うんですけどね^^

実際、まだ全然身体ができてないような小学生、中学生だってオイラなんかよりよっぽど上手なストロークをしてますからね。
だから、そこいらについては絶対的な筋力ではないとも思います。
肝心な瞬間、肝心な部位に効率よく入力したり、また脱力したりできる能力こそが大事な事であり、それができるのであれば、必要以上の筋力や筋持久力を鍛える作業こそが無駄とも言えるんだろうと思ったりします。

オイラはそういう事ができないんで、テニスのデカラケじゃないですけど、スイートスポットを広げるって感覚で無駄な(?)筋力をコツコツ養ってやる必要があるんだと、最近はそう思うようになりました。

今日はずいぶん要らんことまで書いちゃったな^^  


まあ、アレです。
そんなたった一つの部分がちょっとマシな感じになったからって、それでいきなりタイムが0.5秒とか縮められるってワケでもないんで、こうして屁理屈、小理屈を付けていく時間があれば、その分泳げよって気もするんですけど、オイラとしてはそういうのまで含めてスポーツ、水泳なんですよね。

なんだかつまんないハナシで今日は終わっちゃった。
スポンサーサイト
COMMENT
(笑)てんねん仲間なんですね。私もそう言われることがあります。自分では認めてはいないけどね。

ストローク動作の元になる筋肉の状態や物理的な専門用語はわからないのですが コーチに○を頂けたということはだんだん理想に近づいてきた感じですね。
私は まだまだ左右バラバラですし 外に水を逃がしてしまっているのでもっと基本から頑張らないといけません。
それより 風邪をはやく追い出さねば・・今年の風邪は長引きますね。
defDさんも気をつけてくださいね。
defDさま、ごぶさたかもです。
先日のコメントで言ったとおり、ピアノにはまってます。
プール仲間のH先生のところに週1くらい通ってるのですが、「別れの曲」、ラフマニノフの前奏曲に加えて、ショパンの練習曲、「木枯らし」「エオリアンハープ」を習いはじめました。
「木枯らし」は難曲で有名なのですが、ほとんど単音なので超ゆっくりならそう難しくもないかなあ、って感じです。
一日1000m泳ぐというノルマは一応継続中です。
が、スイムだとしんどいので、ほとんど板キックです。
日記がわりに使ってすみません。
近況報告でした。
たたー@よっぱらい


ピアノ、すごい本格的になっちゃったですね^^ 
大人になってからオイラも子供の頃ピアノ習わせてもらっとけばよかったな、って思いました。
や、親はヤマハの教室へ行かせたがったんですけどねえ・・・
なので、きちんと弾ける人はすごくカッコイイと思ってます。

しっかし、1000m板キックって・・・
普通に泳いだほうが100倍楽ですけど、オイラは。
正直、板キックってまだ大嫌いっす。

日記とかそんな事は全然気にされんで下さい。 どうぞメモ代わりにでも日記代わりにでも。
>かんこさん

カゼには気をつけてますよ。 外出する時にはイマドキ風のマスクを常に持ち歩いてます。人込に入るときはマスクしててもなんだかドキドキします。 手洗いもマメにしてます。
そうやって気をつけてても、引いちゃう時には引いちゃいますけど。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/938-0dfd8552
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。