わたコちょ! Sat.Swim Report 1220

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 1220

午前中にどうしてもしておきたい作業があったのですが、それが少々長引いて、プールで泳ぎ出せたのは14:00でした。
この日に選んだのはプルメニューが前半に全体の1/6(700m)を占めるのが特徴的な#4。
そのプルもEN1(有酸素的Ez)からAN3(無酸素的Hd)で、FrとIMを満遍なくカバーしてあります。

プルブイは大腿じゃなくて足首に挟んで泳ぐ指導なのですが、オイラは足首が標準より細い上に、心持ちO脚っぽいので足首だとプルブイをしっかり挟めないんですよね。
ターンの時でもプルしてる時でも、少し力が緩むとすぐにブイが外れちゃうのです。
これを解決するために、太いゴムチューブで括ってブイを固定してるんです。 これでずいぶんブイが外れる事を気にせずにプルできるようになったのはいいんですけど、ターンの時にはやっぱり不安定になるんですよね。
壁を思いっきり蹴ってターンすると、さしもの強力なゴムチューブでも掛かる水の勢いに負けちゃって、やっぱり外れちゃう。
なので、プル練の時って壁を強く蹴れないんです。 っていうか、ほとんど蹴ってない。
だから、その分時間が掛かるし、疲れるし、オマケにけのびタイムをまったく楽しめないストレスも溜まってきます。
ゴムチューブをもっと強力にしようかとも思いましたけど、もうかなり痛いくらいにキツイんで、それはすぐ却下しました。
なんかいい方法がないですかね?

ちなみに、この足首ブイって方法でBaのプル練をすると、バランスを取りにくくて、慣れないと溺れます^^
オイラは未だに慣れません。 顔が水に突っ込み気味になるんですよね。 しょっちゅうゲホゲホしてます。


#4メニューには泳法別の基礎ドリルは組まれてないんですが、ストロークのキャッチ部分とフィニッシュ部分だけで泳ぐドリルが入ってます。
これってぱっと見た目はフロントスカリングとリアスカリングなんですけど、もっと動作が激しく鋭く、推進力も揚力だけではありません。 しっかり抗力でも進む瞬間があります。
実はそここそがこのドリルのキモです。  特にキャッチ部。
詳細は説明できませんが、この文章をヒントに試行錯誤してご覧になるといいです。 ストロークの改善に多く寄与すると思いますよ。 マジでいいドリルだと思います。 全ての泳法に通じます。
片手ずつ交互にスカリングするパターンと両手同時のパターンと二つ練習するとより実戦的でありますよ。
これを200m分やって、
EN1~EN3区分のスイム1100mになります。
このスイムメニューの最後に 25×4 Hd があるんです。 普通に泳ぐだけだとサークルはかなり余裕があるように設けてありますが、ゴールは手のタッチじゃなく、全力ターンで〆る条件が付いてます。
もちろんターンはフリップですけど、要は心拍数を上げた状態でしっかりケノビ+ドルフィンキックを数発打つ事が目的なので、案外キツク感じます。
それにドルフィンキックまでしっかりやっちゃうと、10m近くエンドから離れちゃうわけで、それからまた壁に戻るともう次のスタートが迫ってたりします。
オイラは×4だからなんとかやりますが、これが×8だったら「カンベンしてください」って気持ちになると思います。

オーラスは絞りカスから最後の一滴を出すメニュー。
25×4×5 3H1E
実はこれはオールアウトは求められてないんですけど、オイラの体力レベルでは半ばでとっくにオールアウトします。 残りはハードで泳ぐなんて不可能なのであります。 3H1Eのはずが4E、いや、ダウン泳のペースにまで落ちてしまいます・・・

プールから帰って、夕刻から街へ繰り出したのですが、いつもなら徒歩で行っちゃうんですけど、さすがに昨日はさっさと歩けなくて、途中からバスに乗りました。 
帰りもお酒を飲まないあざらしくんにクルマで送ってもらえたので助かりました。 あざらしくん、謝々。
スポンサーサイト
COMMENT
プルブイをゴムチューブで固定ですか。立ちにくくありませんか?

キャッチのとフィニッシュの部分のドリルは進みがよくないだろうな。普通のスカーリングの練習としてやったことはありますが・・・もっと激しく動かすのですね?!  上手くいくかなあ、今度場所が空いていたら試してみようと思います。

私も先日 クリスマス会の送り迎えは飲まない方にお願いしました。ありがたいことですね。
あざらしくんさまは お酒は飲まれないのですか。
普通に立ちにくいですよ^^
「激しく動かす」って所はもうひとつ重要度は高くないです。 鋭く水をガチッと掴んで、それさえも推進力にする意識が一番大事です。 結果的にちょっと激しいスカリングになります。
だいぶ慣れて、今では隣でのんびり泳いでる人より速く進みますよ。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/918-12902f92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。