わたコちょ! バイオン

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオン

昨日の合唱の練習で、指導の先生が練習の途中で不思議な事をおっしゃいました。
「残念!! ヴォーネンの前までは最高だったのに、最後のヴォーネンで台無しになりました」

ここまでは別に音楽素人のオイラでも解らないことじゃないのですけども、それ以降の彼のセリフがなんともオカルティックで興味をそそられました。 あ、念のため「ヴォーネン」ってのは歌詞です。

「あなた方には聞こえないだろうけど、ヴォーネンまではハーモニーが正確で、きれいなバイオンが聴こえてたんですよ。 高い所でね、ピーンと響いてました。 せっかく完璧だったのに、最後で台無しでした」

バイオン? って何? 

や、初めて聞いた単語でもない気がするんですけど、それが何だったのか皆目思い出せないままでした。
でも、その私らを半分バカにしつつと言うか、見下した先生の発言で、オイラとしては一層気合は入りましたけどね。 ふーん、バイオンとやらが響くのがいい合唱なのだな、と。 
でも不思議な感じでした。 いい合唱をすれば、コチラが発声した声以外の音が発生するってな事を言ってるわけですよ。 
もしかして、この先生ってば不思議なデムパを受信しちゃってるんじゃないか? ふと、そんな疑念も湧いて来ちゃいました。

帰宅してから調べました。
調べてみると、それほどオカルティックな事でもなく、物理的な現象だったんですけども、でもやっぱり不思議な感じもします。
バイオンは「倍音」で、普通に音楽用語だったんですけど、要するに音の周波数が倍数になる関係の音同士を指すようですよ。 
うーん、きっと理解に不足があるでしょうけど、大まかにはそんな感じです。

で、ある音の周波数を正弦波で表した場合、 周波数が倍数の関係になるって事は、正確に波が重なる部分があるって事でして、どうやら、その時の共鳴の日々気合・・・ ではなく、「響き合い」によって空間のどこかで生じる、音の成分のようです。
それがキレイに発生すると、なんとも言えない気持ちの良い響きを体感できるんだそうで。

正直、オイラのような音楽素人が説明を試みようって時点で間違いですけどね^^

ですが、倍音についての昔の知識は掘り起こせました。
ギター関連でして。
有名なトコでは「22才の別れ」の中の、「そんなー(ポロン)気がして」の(ポロン)部分を弾く時に、ハーモニクスって手法を用いるんですが、そこで薄く響く、澄んだ儚い感じの音が倍音なんですよね。
はいはい、そういえば、昔読んだテキストになんかそんな事が書いてあった気がする。
オイラなんかは「22才の別れ」のまさにその箇所と、チューニングをする時くらいしかハーモニクスを使えないんですけど、 ギターの名手として名高い押尾コータロー氏なんて、どの曲か忘れましたが、ずーっとハーモニクスが「ピロリン! ポロリン!」と鳴りまくってます。 
うん、確かに、その弦そのものの音じゃないんです。 普通に弾けば、本来のその弦の音程がするのが当たり前です。 だけど、張られている弦の決まった「ある箇所」を軽く押さえて弦を弾き、すぐに開放すると「ポーーーーーンンンン・・・」とハーモニクスって音が響きます。 それを巧みに織り交ぜて、独りで弾いてるとはとても思えない重厚な音の重なりを聴かせてくれます。
演奏だけ聴いてると不思議でたまらないので、直接ライブにも行ったんですけど、「独りで弾いてるとはとても思えない不思議感」は増すばかりでした。

ってな事で、ギターでの倍音についてはちょっと理解できましたけど、合唱での倍音で生じるはずの響きについては、感じ取れる自信がオイラにはまったくありません。
そりゃまあそうだよね。 たかだか半年ばかり、何度か合唱の練習をしたからって、そう簡単にセンシティブになんかなれませんって。


近頃ようやく水を捉える感じがうっすらと解ってきたような気がするわけですが、水泳を始めて4年目でやっとその程度ですからねえ。 

ってな事で皆様、音楽を聴かれる際には、どこで響いているのか解らない澄んだキレイな音って意味で別名「天使の声」とも言われる倍音も楽しんでご覧になってはいかがでしょうか?
我が合唱団も、天使の声を響かせられるように、練習期間もあと僅かですけども、精進しておりまする。

スポンサーサイト
COMMENT
おぉ、倍音か。懐かしいな~。
うまくハモるとどこからともなく聞こえて来るんよ。
まぁ実際に歌ってる時は聞いてる余裕無いけどさ。
ギターも弾かれるのですね。
22才のわかれ・・・フォーク時代にはみんなよく弾いていたような・・・
子供の時父にせがむと どういうわけかクラシックギターとマンドリンを買ってくれました。両方ともろくに弾くことはできずに押し入れに入れたまま今も眠っています。

はやいものですね。もうすぐ本番ですね♪
聞く側も 合唱される側も陶酔できるよい歌声が響き渡りますように!!
おおー、あざらしくんも違いの判る男なのね。
たしかに自分で歌いながらじゃ絶対判らんと思うけど、他所の合唱で確かめてみたいわ。


>かんこさん
ありがとうございます。 チケット送りましょうか?(笑)

「ギター、欲しいです」と言い続けてもう何年にもなるので、本気ではないのかも知れません・・・
会場はどこでしょうか? 大阪からは無理かもしれませんね・・・ざーんねん。。
そちらには1万人がありますよね。 今度の日曜かな?
チケット、やたらお高いですけど、今年じゃなくても機会があったら一度ぜひ。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/907-7fb94cd1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。