わたコちょ! Sat.Swim Report 1122

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 1122

先週は三日ばかり真冬並の空模様でしたが、金、土と11月下旬の標準くらいに戻ってくれました。 本日も陽だまりはぽかぽかしてます。 まさに小春日和ですね。
今日みたいな日曜には海に潜りたいのですが… 残念ながら時間が取れないな。 ようやく秋を迎える頃なんですよね、海中は。 透明度もガンと上がってくる時期で、色鮮やかな熱帯魚系の小群がそこかしこで愛でられるいい時期なんですけども…   損した気分です。

さて、恒例の土曜練習は#10を通しでやりました。
午後の12:40からストレッチ開始。 土曜はなるべく自転車でプールへ通うことにしてますけど、昨日は最後の坂道で妙に強い向かい風が吹いてて、登り切るのがちょっと大変でした。 まあ、おかげでしっかり筋温も上がっており、いつもより関節可動域が広い感じがしました。

ちょうど13:00からW-up開始。 
現在の重要課題の腰の動作に泳ぎ始めから自然に意識が向きました。 いい兆候です。 
最終的には完全に無意識である動作を完結できるようにならなければいけませんが、そこまでの段階として「構えなくても意識が向く」というのも大事です。 この前までは「思い出して意識を向ける」段階だったので、ドリルの成果は徐々に出ているようです。
…腰の動作って書きましたけど、客観では「腰を動作させない」ように気をつけなければならないんですけどもね。 もちろん主観ではしっかり「動作」です。

オイラには難しいポイントですが、スタティックな意味でなく、ダイナミックな流れの中のストリームラインにより近づくためにはなんとか攻略しなきゃいかんのですよね。
徐々にディレイルできてるのではないかと思います。

#10のメインディッシュは
S EN1 125×6 Fr C-up 
  EN1 125×6 Fly
  EN2 125×4 IM
この2000mです。 いずれもCTは3分なのでオイラとしてはなんとか回せるかどうかってトコなんですけど、指定の心拍数は遥かに超えてます。 心拍数をオーダー通りくらいで泳いでたら、とてもじゃないけど3分じゃ回せません。 
それにしても、125×6 Fly なんて、これが自分のメニューだなんて思えない。
木曜日にはF木コーチに確かめましたもんね。 これって、「Fly」じゃなくて「Fr」の入力間違いじゃございませんか? と。
ニコリと笑って「いや、間違いじゃないです」と彼は言いましたけども。
このやり取りを傍で聞いていたF島コーチにはずいぶんウケてました。 
「なに? 書き間違いかと思った? ひー! ああ、可笑しい!!」 
決してこんなセリフは言いませんけど、彼女のウケてる様子を見たら、なんだか彼女の頭に浮かんでる文字がはっきり読めたような気がしました…  オイラも被害妄想に陥るようになったようです…

もちろん125mを1本ならまだしも、EN1とは言え、6本完遂するパワーも筋持久力もないですよ。
だから125mの内25~40mは片手バタフライでお茶を濁させてもらいました。

でも、このメニューをやってて、確信したことがあります。
オイラの教わってるストロークパターンって、FrとFlyはほとんど同じです。 Frを両手同時にやったらFlyです。
もちろん細部には違う箇所があるんですけどね。
以前からそうとは思ってたんですけど、昨日確信しました。

メニュー最後のオールアウト系。 たったの25×4×2×2 ……って今タイプしながら計算したら全然「たった」じゃないじゃん。 400mもあったのか。
やれやれ、情けないですけど、完全にオーバーワーク気味な気がしました。

ダウンまで終了したのがちょうど16:00。
この#10も本当は2.5時間で終えなくちゃならんのですが、結局30分もオーバーしちゃいました。
今回は1個1個のメニューは大方はサークルを守れたんですけどね、メニュー間レストが…
「あと1分休も…」これの繰り返しでした。 なかなかきちんとオーダーを守れませんや。

15:00から始まっていたキッズの水泳教室もちょうど終了でした。 S本師が久しぶりに教えにいらっしゃってました。 教室が終わった後、しばらく泳いでおられたんで、オイラももう一度キャップとゴーグルを着けて水中に。
もちろんS本師のフォームを久しぶりに拝見するためです。
やっぱ惚れ惚れしますよね。 もうストロークパターンについては以前にS本師に教わったものとはずいぶん違ってしまっているのは解ってますけどもね。
視線が向くのはやはり腰の位置とか動作です。 身体も全体的になんでそんな高い位置にあるの? って思います。 どうやってるんですかね? 
もちろん本人さんはまったく意識などせずに、 と言いますか、水泳を始めた子供のころからそんな事を考えた事などないでしょうから、それを彼に質問したって答えは返ってきません。
ナガシマですからね、彼は。

だからゆーっくりストロークしても、スルスルと水面を滑るように8カキくらいで25mを泳いじゃいます。 20秒かかってないです。 18秒とか19秒。
オイラが8カキで泳ごうと思ったら40秒はかかると思いますし、18秒で泳ごうと思ったら14カキは必要です。 彼我の差はまだ永遠とも言えるくらいの開きがあります。

しばらくおしゃべりもできて楽しかったです。

今夜はF木コーチと呑むそうです。 いやね、聞いてはいましたけど、この週末、某金メダリストの各種データを管理してるエライ先生が、こちらへやって来てるんだそうで、その先生を交えて一献を、って趣旨だそうです。 できればオイラもどんな先生か見てみたいけど、まあお呼びじゃないってヤツです^^  収穫はいずれオイラたちの練習にもフィードバックされる事でしょう。
スポンサーサイト
COMMENT
すごいメニューですね。
たたーの場合、よほどすいていないとインターバルとかできません。が、一昨日の土曜の夜、たまたまコース貸切り状態だったので、50を10本、CT1分でやるぞ!と始めたのですが、4本終わったところでまあいいか、とやめちゃったのでした。鬼コーチの掛け声もないし(笑)。
バタフライを125mって、たたーはがんばっても50mしか泳げません。それも最後の方は腕が上がらなくなります。思いっきり力抜いてるつもりでも(笑)。
バタフライは、ブレスをしっかりしようと思って頭を高く上げようとすると、かえってキツイってのを最近覚えました^^
水面ギリギリに鼻の先がくっついてるかどうかってくらいの角度で出て、ほんの一瞬だけアゴを突き出して息をする…みたいな低空飛行で泳ぐと案外スタミナが持ちますよ。
ブレスのタイミングに慣れるまではちょっと練習が要りますけど。 
よかったらお試しあれ^^
なーるほど。
ノーブレや片手バタフライは楽チンなので、同じ理屈ですかね。
しかし、失敗するとがばっと水分補給(汗)しちゃうかも・・・。
でも、アゴ突き出してやってみます。
水面を滑るように8カキ・・・ですか!
実際に素晴らしい先生のお手本を拝見できるのはいい環境ですね。
バタフライは消耗が激しいので 私も省エネバッタのワザを磨かなくては!
>たたーさん
おっしゃるとおりだと思ってます。
そして、オイラもまだまだモノにできてないので、時折激しくむせてます。

>かんこさん
やっぱりS本師の泳ぎはカッコイイです。
目が釘付けになります。 あれがオーラを放つって事なんかな?

かんこさんくらいバッタの鬼(ある意味失礼!^^)でも省エネモード要ります?

お誉めの言葉いただけて いれしいです。
まだまだ子鬼・・・いかつい鬼になるまで頑張りますわ(笑)。
お尋ねしてみますが、かんこさんは
件の125×6 Fly ならどれくらいのサークルが気持ちよく回せますか? 
125という距離のインターバル練習は やったことがありません。 気持ちよくはまわせないと思います(泣)。
今のところ 25で35”  50で1’10”というところです。
まだまだ 鬼にはほど遠いですね。
や、かなりすごいと思いますよ。 
オイラの125Flyはお散歩モードですけど。 それでもゼーハー言ってますが…
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/902-bcbd8199
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。