わたコちょ! 水安 認定証

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水安 認定証

そういや、昨日郵便受けに日赤の支部から封書が届いてまして。
日赤水上安全法救助員のⅠ(プール)とⅡ(海)の認定証でした。
プールでは3年前の前回とは違って、今年は致命的な失敗は犯さなかったはずですが、実は海での実技試験ではひとつ大失敗があったんですよね。 でもまあ、内心では不合格ってことはないだろうと思っておりまして、はっきり言ってすっかり忘れちまってました^^

ちなみに6月の講習の模様は → コチラ ←です。 プール編と海編で全5回分をレポートしております。

さて、その受講も6月でしたからね。 あれから5ヶ月も経ってるわけですけど…
前回も認定証が送られてきたのはちょうどこの頃でしたが、前回のときは合否のボーダーラインのどっちかというと不合格側にいる自覚があったもんですから、気になって気になって8月に電話で聞いたんですよね。

ですが、さっきこれを書く前にオイラも6月の受講した模様を読み返したんですけど、やっちまった大失敗を思い返してみると、やっぱ実はギリギリだったんじゃないかとも思ってみたり…^^

ま、なんにせよ認定証が送られてきたのは事実ですから、堂々と救助員ヅラをして 「オイラ、レスキュー!」と言いふらそう^^

あー、でも、考える事はありますよ。
万一ですが、-30mのポイントで沈んじゃった仲間を、オイラははたして素潜りで救助できるのか?
なんか無理っぽいなあ。 -20mでも無理っぽいなあ。 
そもそも引き上げる自信がないっす。 もし引き上げに成功したとしても、連絡やCPRなど、はたして海上で冷静に対処できるのか甚だ疑わしい。
そんなものかも知れませんけどね。  
そういう事を考えると、やっぱり海遊びにボートは必需品だよねえ。 
ボートもゴムボじゃないと無理だなあ。 FRP船じゃ上に引っ張り上げられないよねえ。 絶対ボートごとひっくり返っちゃうと思う。
スポンサーサイト
COMMENT
日赤水上安全法救助員・・・
というのは 海での場合どの程度の深さの方までお助けできるのでしょうか?
先日 ダイビングされる方から深い所での悲惨な事故のことを聞きました。やはり海は恐いなあと思いました。
きちんと謳ってはないはずですが、たぶん、想定としてはせいぜい-5mまでだと思います。 5mより深い水深域では講習しませんから。 素潜りなんで、ある程度深さへの免疫もないと、そもそも潜れませんしね。

海は怖いですよ。 いつも怖いと思いながら海遊びをしてます。 その感覚が麻痺したら危険なんですよね。
先日から覗いてはいるもののなかなかレス付けられませんで、
まとめて書きますけどよろしく。
まずいきなり雰囲気もブログ名も変わっててビビりましたわ。
全く知らん人のブログに飛んだかと(笑

それはともかくレースお疲れ様。
また水安訓練もお疲れ様でした。
defDの方が潜るのに、君の方が救助能力に長けているってのは
なんだか逆のような気もしますな。
でも連れが多い時なんかはやはり安心感が違うのですよ。

そろそろ海行きも寒くなって来まして、もう一回くらいは行きたいと
思いつつも、なかなか時間が取れないねぇ・・・
海は天候のいい日があったらもう一度は行きたいけど、土日はバタバタする日が多い。
第九は14日ですのでよろしく。 チケット2枚取ってありますので^^
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/901-59d47771
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。