わたコちょ! 平泳ぎの小理屈

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平泳ぎの小理屈

最新っぽいテクニックについてではない、って事を前置きしまして…
つまり北島選手のような、体のどこが屈曲点なのか解りにくいようなのじゃなく、従来のBrの泳法の基本についての考え方ですけど、

Brにおいて、オイラの一番の命題は腰の高さのコントロール。
他にももちろんたくさんの問題を抱えておりますが、最大のテーマはこれです。

腰の高さを常に高い位置に保持しておかなければ、効率的な泳ぎには絶対にならない…
ってイメージをようやく最近頭に描けるようになりました。
もう半年もコーチに言われ続けてて、分かってるつもりになってたんだけど、理解という意味においてはやっと…って感じです。

この → 動画 ← が全てと言っていいでしょう。

背中(脊椎)を反ってブレスすると、とりあえず呼吸そのものは楽にできます。
ですが、この動きによって腰が沈む方向に応力がかかり、体全体が立ってしまい、当然のことながら前面抵抗が増えます。
がばっと頭の位置だけは高くなるので、位置エネルギーを十分に溜めたつもりにはなってますが、上半身全体としてはあまり水面に出ていないので、気分良く水に頭を突っ込んで行っても、実は大して運動エネルギーに転換できていないのですよね。
腰痛の原因にもなりかねない。

ダメダメな平泳ぎの典型の完成ですわ。

ずっとこれをやってたわけですけどね。
最初から大きな誤解をしていたんだってのが今なら分かります。
こういう動画とかを観るに際して、背すじの形状に特別留意していなかったので、なんとなくイメージとしてブレスする時には背中を反って上半身を引き上げてるように刷り込みしてました。

光の屈折率の違いも多分に作用してると思います。 プールサイドからBrの泳者を撮影する場合、強く背中を反ってるように映りますもん。 レースの画像ってほとんどそれですもんね。


そうじゃなかったんだよねえ。
背すじはむしろ猫背気味に丸みを意識してやらなきゃいかんかった。
脊椎の中でも特に腰椎をぐっと丸めて骨盤を後傾させる。
その姿勢で上半身を持ち上げてブレスの姿勢を作らなきゃいかんかったのですよね。
これくらいの意識でブレスすると、客観ではようやく背中がピシッと真っ直ぐくらいになる。
で、腰の高さが落ちにくくなる。
この姿勢を保って、上半身全体を十分な高さへ引き上げるのはこれまた難度の高い作業でして、いわゆる背筋力であるとか、ストロークのタイミングとかを上手く利用できないと、頭の位置が低いままになってしまう。
ある程度慣れないと、さっぱり息ができません。
脊椎全体を丸っぽくさせやすいためにはアゴを引かなくちゃいかんわけですよ。
この状態だと顔面は水面のすぐそば、ギリギリの高さでほぼ正対してます。
で、自分の腕のリカバリで盛り上がってきた水が見事に口当たりに直撃するんですな。

のんびりペースならいいんですが、マジ泳ぎをしてる時のブレス失敗は致命的ですよ。 次のブレスまで息苦しさを我慢するのがツライっす。 で、泳ぎのリズムが狂っちゃうし、同じフォームでは次のブレスが成功するとは限らないから、ついアゴを突き出してブレスしちゃう。
この時点で背中のラインの事、腰の高さの事を忘却してしまってる。 ダメダメへのループ。
また、ちょうど息を吸い込むタイミングに同調してリカバリでの水塊がせり上がってくるんですなあ(笑)

とにかく、腰が落ちないようにできるようになったら、もうちょっと上半身全体を持ち上げてみる挑戦をしてみなくちゃなあ。 上の動画のハギトモくらいにまで上げられたらかっこいいですよね。 結果、スピードもつくはずだし。

キックについてはまたの機会に書いてみます。
スポンサーサイト
COMMENT
動画を拝見して・・・
たぶんほとんどの方は悪い例のほうに属してるんじゃないでしょうか。もちろん私もでしょうね。
いい例は蹴ったあとも 腰や足が下がっていないし。

よく見るテレビなどでは 息継ぎは背中が反って見えました。
最近Brの練習を増やしたので 参考にさせて頂きます。

4種目とも 腰の位置は水面当たりにキープさせていないといけないのかな。
どうやら最新テクニックは、従来の悪い例のような背中の反り方とは一線を画すようですよ。
背中を反るというよりも、胸を張る?  そんな感じのように見えますけど、おそらく正しく観れてないので聞き流してください。

腰の位置、基本は水面直下でしょう。 Flyだけはほんのちょっとだけお尻の一番出たトコが水面に見えてもOKな感じでは?
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/885-ce2c4c7f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。