わたコちょ! Sat.Swim Report 1011

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 1011

体育の日がらみの連休という事で、とりあえず運動三昧の三日間でした。
土曜はレギュラーの練習日です。
メニューはローテで戻って#1。 全体的には持久系のトレーニングでダブルピークを作ってあって、合間にドリルが入ります。
4月に初めてこのメニューを見せられた時、マジでびびってたのを思い出します。
用語もよく分からない状態での内容の正体不明さ、総距離4200mを2時間半で、という全くの未経験ゾーンな練習量、練習強度に慄いたのでした^^。
メニューの一行目、
W-up  50×16  +5”  S・D・K・P  IM-O
これを見たときに既に無理、って思ったものです。
情けない話ですが、いきなりコーチに頼んで 25×16×2 に変更してもらいましたからね。

今でもメニュー表には25×16×2 と書いてありますが、さすがに自主的に元へ戻して泳ぎました。
コーチの指導を受け初めて半年経ったわけですけど、アップ800mが普通のことのように思うようになってますからおもしろいものですね。

続けてアップ2の 300×3。 これは3本で22分で泳ぎます。 セット間は1分で、イーブンペース。
だらだらと何も考えずに泳いでるといい加減後半飽きてきますけど、手の先から足の先までフォームを気にして泳いでると、あっという間に900mが終わります。 
実際は全身びしっとイメージしている通りにフォームを作れている瞬間なんてほんの僅かです。
ヒジの位置が変だ、腰が落ちてる、開いてる、キックのふり幅が大きすぎた、振る方向が変だった、足首の角度がおかしかった、等々、アチラを直せばコチラが崩れる…の繰り返しで、意識を体の隅々に広げておくのはオイラにとってとても難しい作業です。
全身を同時に意識する事ってのがこれほど大変だとは…って感じです。

Baは危険極まりないですよ。
そうやって考えながら泳いでると、5mのとこに張ってある背泳用フラッグに気付かない事が近頃ちょくちょくあります。
頭や手をエンドにぶつけるんですよね。 頭頂部をゴチン!ってやると1秒くらいブラックアウトします^^
手も痛いですけど、頭はやばいです。 ヘルメットがいるんじゃないかとマジで考えちゃいます。


#1の最初のドリルは、言ってみれば片手ドリルですけど、通常よりもっと頻繁にストロークの腕を切り替えます。 今のところ、これがFrのフォーム整形にとって一番いい感じです。
これで心拍数を落ち着かせておいて、
次はトータル1500mのE&H。 Eの時はひたすらストローク数を数えるルールです。
まだまだストローク数は安定しません。 5m過ぎからストロークを開始して、Eペースでは16カキを越える事はなくなりましたけど、できる限り丁寧に掻いても目標の11カキまではまだ遠く…って感じですね。
S本師は同じ感じで8カキくらいで泳ぎますからさ、五輪スイマー恐るべし!ってつくづく思いますよ。

E100×3とHは交互なんですけど、Hは下りだけのピラミッドになってます。最初のHは200×1で、最後のが50×4。
これが#1の大ピークです。 結構ヘロヘロになります。

で、ドリル2。
片足上げキック主体の25×10。
前にも書きましたけど、このドリルをすると、その後しばらくは笑っちゃうくらいに強く素早くキックするスイッチが入ります。 自分で制御できないくらいになるんですよね。
だから仕上げの両足を使うスイムではすごいテンポでやたらと水しぶきが撥ね上がりまして、ちょっと恥ずかしい感じにさえなります。 その分キックで進むって感じは得られます。

でもこのスイッチってちょっと時間が経過すると案外簡単に切れちゃうんですよね。
次の練習日にはW-upが終わった頃にでも入れようと考えました。
スポンサーサイト
COMMENT
私は進歩がなかなか見られないので 最近心を入れ替えて(大げさ)自主練ではドリルもいれるようにしました。
苦手です。
でもdefD さんの頑張りに比べたらまだまだです。
私もめげずにドリルをやっていかないとなあ。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/879-72c73c4b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。