わたコちょ! 素潜り海の日’08

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素潜り海の日’08

この日、ついに我々の新しいオモチャのデビューとなりました。
あざらしくんとは10:00に現地、つまり我々のホームに集合としまして。
少しだけ早めに到着したので、着替えてますと携帯に「ちょっと遅れます」とのメールが入ってた事に気付きました。 
天気も海況もまさに「海の日」で、この入り江は海水浴場ではないですが、ここを好んでいる人々は案外多く、着替えている間にも1台、2台とクルマが坂道を下ってきます。 駐車スペースが多いとは言えない場所なので、ちょっとやきもきしてましたが、そうやって心配しててもしょうがないので、オイラは泳ぐことにしました。 だって暑いんだもの。

入り江を横断した所にぴょこっと突き出た岩があって、よくそこまでを往復します。 片道の距離がちょうど200mくらいです。
泳ぎ始めてあらためて分かった事がありました。 海水の方が体が浮きやすいというのは皆様ご承知の通りですが、泳いでいてもよく分かります。
もう真夏なので、この日はウェットスーツは着ずに、ラッシュガードとラッシュパンツで泳ぎましたから、スーツの強力な浮力はないはずなのですが、プールで泳ぐより明らかに喫水が浅く、水面上に体がよく出てまして、その結果、楽に速く進むんですよね。
水の抵抗を受ける部分が少ないってのはまさにそういう事なんですね。
一掻きで進む距離が明らかに違うと感じました。

途中でBrに切り替えてみました。 やはり体全体がよく浮くんで、腰もぐんと高い位置にあるんですよ。 こうなるとちょっとキックしにくいんですけど、そこであえてブレスするときにわざと上半身を持ち上げてみると、お尻がいい具合に下がって、これまたいつもの1割増しくらいに速く泳げるんですよね。
急に上手くなったようで、なんだか嬉しかったなあ^^
もっとも、波や風がほとんどなかったですから、そういう感想を持ったワケですけど、いつもの海況だったらそうは思わなかったかもしれません。

そう言えば、イスラエルにある有名な死海って湖では腰くらいまで水に浸かると、突然下から突き上げられるようにプッカリと体が浮くそうです。 浮きすぎて逆にまともには泳げなくなるそうですよ。

復路を泳いでますと、あざらしくんのグリーンの幌を張った軽トラが降りてきたのが見えました。
急いで戻り、荷物を運んでさっそくキティホークを組み立てまして。
で、これがキティホーク2008です。
キティホーク GSMOON
全長2.7mくらい。 2ストエンジンを冠した船外機が2008モデルの象徴です。

実は今回はオイラの渾身の作である、スタビライザーは装着できませんでした。
理由を話せば長くなるので、またの機会にネタとします。
でも、昨日のような穏やかな海況でははっきり言って不要だったですよ。
どうせならもうちょっと風がある日に試したいです。

この船外機はヤフーオークションで落とした中古品ですが、前の持ち主が手放した理由が「音がうるさい、エンジンが始動しにくい」でした。
実は日曜日の夕方にあざらしくん宅でエンジンをかけてみたんですよ。
たしかに2ストエンジン特有な……分かりやすくいうとまさに草刈機と同じエンジン音がするわけですが、オイラたちが予想してたよりはうるさくなかったんですよね。 うーん、うるさくなかったってより、わりと好きな音色、音質だったと言うか。
で、始動性も悪くなかったんですよ。 数回はリコイルスターターを引きましたけど、まあ、あれなら普通でしょ。
その時点では当然まだボートに載せて走らせてないわけですが、この時にもう「とてもお得な買い物だったねー」と二人してニンマリしてました。

で、実走。
まずはハーフスロットルくらいにしてみましたが、それだけで今までの電動船外機より遥かに力強い推力を感じました。 ボートの後方に渦巻く波のうねりが比べ物になんないです。
「全開にしよう!」とあざらしくんが言うのでそうしますと、さすがに耳元で唸るエンジンはやかましかったですね^^
ですが、ボートの上で会話できない事もなく。
で、バウが少し持ち上がって、スターンがぐっと沈み込んだかと思うと、なかなか心地よい加速をしてくれましてね。
いやいや、よく進んでくれますよ。 これならちょっとやそっとの悪条件でも不安なく沖に出られます。
よく進んでくれて、ちょっと感動したんですけど、ただ、予想していた範囲内であったのはなんだか「……」とも思ったんですけどさ^^
予想を超えて速かったらいいなあ、と過剰な期待をしていたのが間違いであるのですけども。

この続きはまた書くことにしましょう。
スポンサーサイト
COMMENT
やっぱり海水の力はすごいのですね。  プールにも食塩を!などとばかげたことをふと考えてしまいました。

遊園地などでの乗り物好きの私ですが キティホーク2008、いいなあ・・・
これって船酔いはしませんか?
揺れに強くない人は普通に酔うと思いますよ。
近頃はしなくなりましたけど、素潜りの趣味を始めた頃は、体一つで波間に漂ってるだけでも気分悪くなった事がありましたし。
波酔いや乗り物酔いは慣れですからねえ。
え~、あれからウチのエンジンをたまに見ているわけですが、
チャイナ製と侮れない部分もいくつかありまして、こりゃ意外と
拾いもんだったわい、と思っとります。
まぁ元々の会社はアメさんらしいからね。
んで排気音の件ですが、とりあえず方向性だけは決めました。
マフラーとおぼしき物体は実際には消音はあまり行っていません。
でもどうやら触媒らしき物が入っておりビビってます。
まずは今週末にでも試作品を作って試してみたいところであります。
作業性向上(ペラ部洗浄作業も含めて)のためにまずは専用のスタンドが欲しいトコだね。すぐには無理だろうけど、どっちみち要るだろうから製作します。 マフラー試作品、楽しみかも^^ 時間があれば手伝うよ? 今週末は無理っぽいけど。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/838-264f5e74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。