わたコちょ! スイミングファステスト

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイミングファステスト

スイミング ファステスト― Swimming Fastest という本があります。
ご存知の方も多いと思いますけど、そうですねえ、現在のところでは水泳のテキスト類の中ではおそらく最強、って言っていいと思います。 まあ、決定版かな。
選手よりむしろコーチのためのテキストでしょう。
ハリーポッター1冊分くらいの本なので、読むのが結構面倒です。

価格からしてなかなか買う気にはなれませんが、県立図書館に蔵書されているのを見つけたので、借りに行きました。 これまでなぜか市立図書館しか検索しなかったんだよね^^
市立図書館には「購入お願いカード」みたいなのを出したりしましたけど、県立にあるんならそっちを借りればいいや、と。

あいにく誰かが借りてたので予約入れました。
で、それから2週間。 ようやく昨日ゲンブツを手に取る事ができました。

昨夜ずいぶん読みましたが、まだ全体の1/5にもなってないかな?
だけど、最初の方は興味のない人は読み飛ばしちゃってもいいかも知れません。 推進力がスカリングに頼っているのか、パドリングに頼っているのかなんてどうでもいいし、水泳の経験者ならメインがパドリングで、スカリングのスキルも併せて使う事でパドリングの効率を上げるんだってことくらい、誰でも知ってます。
丁寧と言えば丁寧なんだけど、そこからきちんと書き始める著者には好感を持つべきなのかどうなのかちょっと判断に困るトコです。

著者のマグリシオさんについての輝かしい経歴等は上記リンクのどこかに書いてあるから省きますが、この決定版を著す以前に書いた本にはスカリングのスキルがメインで推進するんだ、って書いちゃったんだそうですよ。 それらも名著とされてますが、時が経つにつれ、自分でその理屈について違和感を感じるようになったとの事。
それで、前著から十数年経って、この決定版をリリースしたと。 だからまず以前の自分の意見をきちんと否定するトコから入ったってワケです。

個人的にはおもしろく読ませてもらいましたけどね^^

だけどじっくり読みたいし、できれば大事なトコは保存しときたいし、貸し出し期間2週間はこの本については短いかもしれません。 とりあえずざっと目を通して、2週間後に返却する時にすかさず予約しておこうと思います。
恐らく私の前に借りてた人もそうしたでしょうし。

競泳寄りなスイマーの皆さんにはお奨めしておきます。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/817-bf8244a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。