わたコちょ! 合唱、おもしろくなってきた

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合唱、おもしろくなってきた

なんと、タイトルだけで本文なしのままアップロードしちゃってたようです。 4時間くらい?
すんません^^

昨日は二回目の第九の練習会でした。
午後一杯、4時間も練習会場にいました。
おもしろいと思ったのは、練習会が始まってから30分もストレッチに満てた事でした。
胸郭を広げて腹式呼吸しやすいためとか、色々やりましたけど、ほとんどはプールで泳ぐ前後に行なうストレッチと同じメニューでした。 すぐにでも泳ぎ始めてOKよ、みたいな^^
声楽の専門家が指導して下さるわけですから、多分やるのとやらないのとでは声の出は全然違うんでしょうが、でもねえ、あんなに深いストレッチを筋温も上げないままやっちゃ、特に年配の人には危ないよなあ。 
本格的なストレッチに入る前に軽くラジオ体操でもして、ちょっとは体を温めてからすればいいんですけどね。 

子供の頃から私はあまり予習というものをしなかったんです。 ま、子供の頃はね、予習とか復習とか特にしなくたってそれなりに授業についていけてましたから、あまり必要性を感じていなかったワケですけど、反対に大人になってから「予習」というものの大事さを理解できるようになりました。
前回は右も左も分からない状態での練習会参加だったので、購入した楽譜を見ても何をやっているのかサッパリだったのですが、今回はしっかり予習しときましたからね、練習も楽しかったですよ。

ただ、ドイツ語の発音に関しては昨日も目が白黒してましたけど。
これまでの人生ではドイツ語ってのにはあまり馴染みもなかったですし、ほとんど初めて触れる言語と言ってもいいんで、確かに難しいです。 ただそれだけに大層新鮮に感じるワケで、とても興味深くはありました。
この第九合唱団の第九は一昨年までは昔っぽいドイツ語の発音で歌ってたそうなんです。
例えば、「der」なんてのは「デる(巻き舌)」って感じです。 購入した練習用CDも楽譜もそのようになっていて、予習をたっぷりしてきた私としてはもう「デる(巻き舌)」ですっかり刷り込まれちゃってたんですけどさ、昨年から現代風の発音で歌おうって事になったんだそうです。
なんでも、本番はどこかからかとってもエライ指揮の先生を呼んで臨むそうですけど、その先生が昨年から「現代風で行こうぜ!」って言い出したらしく。
現代風に変わるとどう違うかと言うと、「der」は「ダぁー」なんですよね。Rは英語と同じように舌を使います。 
「デる(巻き舌)」で刷り込んじゃった私は修正するのが結構大変でした。 ってか過去形じゃなく大変です。

そいから、前回の練習会から数えて、既に3人のコーチさんたちの指導を受けてますが、これまた3人ともが微妙に発音が違うんですよね。
「Ja!(ヤァー!)」とか歌ってるときに、あるコーチは「楽譜に書いてあるカタカナをそのまま読んじゃダメ! ヤー はどっちかと言うと ヨー に近い感じで… そうですね、ヤとヨの中間くらいのちょっとだけヨに寄った感じで歌ってくださいね」 などと言って彼女が納得するまでその箇所を何度も繰り返し練習しましたが、その一時間後、パート別の練習から全体練習となった時のコーチは完全に「ヤー!」って見本を歌ってくれちゃいましたし、現場では私を含む素人さんたちは混乱しております。

昨日は隣に座ってたかなりの年配の方… はっきり申し上げれば、私の「おじいちゃん」と言ってもおかしくないくらいの方もずいぶん迷ってらっしゃったようでした。
「あー、申し訳ないがオニーサン、今のとさっきの先生の発音とは違いますよな?」と3回も私に尋ねられました。
私も立派など素人なので、なんと答えればいいのか分からなかったんですが、とりあえずは私一人が違って聞こえてるのではない事が分かって安心しました。 
「うーん、でもまあ、大まかな方向としては似てるんじゃないでしょうか?」などと答えにもなってない返事をしましたけど、そこらへんはもうちょっと統一していただけるとありがたいですなあ。

昔風じゃなくて現代風の発音で行くんなら、こんな田舎町でも現役のドイツ人の一人や二人はいるんでしょうからさ、ちょっと発音指導をしてもらえばいいと思うんですけどねえ。

でもまあ、前回は分からないトコも分からないってな具合だったんですが、それでも今回は分かると分からないが区別できたからでしょうか、なかなか楽しくて4時間もの練習もあっという間に過ぎちゃいました。
スポンサーサイト
COMMENT
4時間があっという間に過ぎるのですか~
本当に楽しそうですね!  defDさんはコーラスの経験とかおありなのかな?

表現の違いで戸惑うといえば 
水泳もコーチによって微妙に違いますよね。

ドイツ語・・・学生のとき2年間やってましたが 何の役にもたってませーん。  
いやいや、本格的な合唱なんてやったことないですよ。
中一の時にはバレーの練習がイヤで、合唱部の顧問に誘われるままにそっちへ逃げ出した事も1ヶ月くらい…なんて記憶もありますが、結局はバレー部に引きずり戻されちゃいましたし… 

話は変わって、コーチによって表現が違う事については、やはりそれぞれが消化した内容の伝授ですから、主観が織り交ざるのは当然とも言えますが、その事自体を理解するのにもそれなりの経験が必要なのだと最近になってようやく気付きました^^

オイラも第二外国語はドイツ語取りたかったんだけど、もしかしたら選択肢がなかったような記憶もあるなあ…
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/810-a5882646
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。