わたコちょ! 鳶座り

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳶座り

「鳶座り」と書いて「とんびすわり」と読むのだそうで、私はこれまでそういう言葉も意味も知りませんでしたけど、一般的には常識かも知れません。
正座の状態から脚を左右に開け、お尻を床にくっつける座(坐)法の正式名称だそうです。
これまでは私は「おんなのこ座り」または「おばあちゃん座り」と呼んでました。 正式名称があるとも知りませんでした。

記憶の糸を辿ってみても、老女が実際にこの座り方をしているのは見たことないような気がするのですが、テレビなどを観ている内に、無意識に刷り込まれてしまっているのかも知れません。

中学生とか高校生くらいの女子がこれで座っている姿は、男子にとっては結構「萌え」ポイントが高いかと思います。
男子でもたまにできるヤツがいますけど、大抵は無理です。 私も全然です。 たとえ出来たとしても、男子の場合は「マイナス萌え」ポイントになってしまい、下手すると友人たちから村八分にされてしまう危険性さえ孕んでいるので、できる人も不用意にこの座り方をするのはよした方がいいかと偏見持ちながら独断させていただきます^^


幼児の頃はどうでしょう? この鳶座りができた記憶はありません。
この座り方にまつわる最も古い記憶は、中二か中三の頃の事です。 そうですね、あざらしくんと同じクラスだった頃の事になります。

クラスの仲のいい女子の何人かが、何かの折りにこの鳶座りで普通に座っているのを目にしました。
それまで自分では試した事は多分なかったと思いますが、自分には絶対無理な座り方である事を本能的に理解できてました。 
「すっげー、そんな座り方ができるのか?」と大仰に驚いた憶えがあります。
それに応えて彼女たちは、これくらいの事は普通にできるでしょう? ついこの前だって10歳のイトコの男の子はやってたよ、何も難しい事はないんだから今やって見せてご覧なさい、と強く勧めてくれたワケですが、実技など行なうまでもなく不可能である事を悟っておりましたので当然断ったわけですけど、何が彼女たちに火をつけたのか、なぜか妙に執拗だったんですよね。
その場で座るだけで、実際には特に労力が必要なわけでもなく、頑なに断るのも大人げないと思い(中学生だから子供なんですけどさ^^)、結局は試してみたわけです。

やはり普通に不可能でした。 おそらくお尻と床までの距離は20cm以上、ひょっとしたら30cmとかあったかも知れません。
「あらら、そんなに硬いものなの?」とかって驚いてましたけど、その後に何人かの男子が私に追随してやってくれようとしたので、半ば大人の体になりかけている頃の男子ってのはそれくらいが標準である事を彼女たちも数分後には理解できたようでした。

で、次。
そんな懐かしい記憶とはまた別の、はっきりいつとは特定できないものの、そんなに昔の話じゃなく、おそらくこの一年以内の出来事です。 
バレーの我がチームの一人が、ストレッチしてる時に、鳶座りをしてるのを目撃したんですよ。 三歳年下ですから、彼も十分におっさんカテゴリに所属してるわけですけどね。

それを見て、私も何十年かぶりに試してみました。 ヤツにできるのなら、案外できるかも? などと思いましてさ。
結局できるようになどなってませんでしたけどね。
「あいたたたたたた!」と声を上げて、うっすらと目に涙を浮かべるのが関の山ってやつです。


で、昨日の話です。
ジムのトレーニングが終わって、マットの上でストレッチしてますと、TNKくんもメニューを終えて、ストレッチをするべく私のすぐ横の方へ座ったんです。
何気なく、鳶座りで。

私は何秒か呆気にとられて「……」な状態でして。 
「あ、この座り方です? ストレッチしてたらできるようになったんですよ。平泳ぎするのに絶対大事だと思って」 なんて言います。 そしてこのネタでしばしお喋りした後、
「一番最近やってみたのはいつですか?」 と。

「たぶん一年くらい前だったと思うけど、全然できんかったよ」
「今やってみたらどうですか?」
「無理無理。 膝が壊れちゃいそうになるくらい痛いもん」
などと言いつつ、試そうとしてるんですよね。

なんだろう? できるなんて微塵にも思ってなかったですよ。思ってなかったんだけど、試してみようと思った。
で、やってみるとこの度は、セリフとは裏腹に特に膝の痛みも感じずにペタッとお尻がマットに触れちゃったんですよね。
もうね、意外すぎて可笑しくなってきましてね^^

「へっへっへ…最近、ヒラのキックが水に引っ掛かるようになったとは思ってたんだけど…」
「あー、キックをいっぱいやってたから柔らかくなったんじゃないですか?」とTNKくん。

ふーむ、そんな事あるんでしょうかね。 いや、だけどそうかも知れない。
私自身はこのためのストレッチはした事がないですよ。 このためのストレッチっつったら、まさにこのポーズをする事だから、断じてしてないです。
だとしたら、やっぱりたくさんキックのドリルをやるようになって、ちょっとずつ柔らかくなってきたのかも。

ちょっとおもしろボディ。

スポンサーサイト
COMMENT
「とんびすわり」って言うのですか。
私は「かえるすわり」と言ってました。

普通は上手く泳げるようにストレッチすると思うのですが
平のキックのおかげでストレッチが上手くいったという
逆なパターンですね。
逆も真なり・・・何だか数学で習った記憶が?!
この調子で足首も柔らかくなってくれるといいんですけどー^^
まぁ男女では骨盤の構造が異なるので男子はやりにくいのでしょう。でも身体の柔軟性を保ちたいならストレッチは有効だと思いますよ。まだ幼い頃は男女とも出来る割合が多いかもしれませんね!思春期以降ぐらいから身体が出来上がって来るのかもしれないですね。ちなみに私は男性ですが出来ます。
海坊主さんって、
まさかとは思いますけど、真鶴の海坊主さん?
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/765-fbf9b7e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。