わたコちょ! 花粉+黄砂+塩素=鼻水大洪水

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉+黄砂+塩素=鼻水大洪水

はい、なんだか尾篭で恐縮ではございますが、タイトルのこの式は何を隠そう、つい先日この私が発見した鼻粘膜に関する法則を、シンプルに表現したものでございます。

元々それほど鼻の粘膜が強い方ではないので、これまでも泳いでから数時間とか、時には丸一日とか鼻が詰まりやすかったりしてました。
「鼻声だよ、大丈夫?」とかよく言われます。

それでも背泳ぎをしなかった頃にはほとんどそんな事もなかったですし、バサロしてもその間、鼻から息を出し続けてた頃も割と平気でした。
やはり、顕著にダメージを感じるようになったのは、バサロしていても水が鼻から入ってくる事に構わなくなった頃からでしょうか。


さて、それとは別に、ここ数年、やはりこの季節になると鼻がなんだかムズムズするようになってきたなあと自覚しておりました。
まだ「花粉症」とまでは言えないレベルかと思っていたのですが、年々ムズムズ傾向は強まってきている感もありました。


そして、大陸はタクラマカンやゴビあたりから偏西風に乗って海を越えてくる砂の微粒子ども。
こんな遠いところまではるばる風に乗ってこられるくらいですから、かなり小さな粒子だそうです。
こいつは今に始まったものでもなく、やはりこの季節には昔からあったものですが、最近はより危険視されるようになりましたね。 
ハイ、今年オリンピックが開催されるとかされないとかってお国が垂れ流しているすっごいレベルの環境汚染物質も黄砂と一緒にやってきているそうですから、もはや「たかが黄砂」などと侮れません。
今年の夏はこの辺りにも光化学スモッグが発生する危険性が大いにあるそうですよ。
こんな大きな産業のない田舎町がです。 
海を渡ってくるスモッグなんてシャレにならんわ。

長江(揚子江)の汚染度も並大抵じゃないようですよ。 知ってます? 長江って上海のトコで東シナ海に流れ出てるんですけど、そこからちょいと沖の方までその汚れに汚れた水が出ちゃえば、海流に乗って確実に日本列島にぶち当たるんですぜ?  

うーん、まあそれらはこの際はいいや。 とりあえずテーマじゃないから。

今日のテーマに関連するのは、砂の粒子そのものの方らしいです。
なんでもね、この時期、スギ花粉に大いに刺激された鼻の粘膜に、黄砂の微粒子がさらに強い刺激を加えるものなのだそうで。 
それはどうやら化学的にではなく、物理的な刺激によるものらしいので、とりあえずは中国の大気汚染については置いといたわけです。


で、塩素、花粉、黄砂。 この3つを同時に浴びますと、私の鼻はどうやら壊滅するようでございます。
水泳を終えた土曜日の夕方から日曜の夕方頃にかけてのほぼ24時間。
一体どれほど大量の鼻水を私の鼻粘膜は生産したことでしょうか。
日曜のお昼ごろに強力そうな花粉による鼻炎のクスリをもらって飲みましたが、それが効いたと実感したのはもう辺りが暗くなったような頃でした。

なんでも、通常でも人は一日に1.0リットル以上の鼻水を分泌しているそうですが、きっとあの24時間でざっとその3倍は生成したに違いない!と踏んでおります。

…うーん、冷静に考えてみればそんな事はあり得んかぁ。 何十回と言わず鼻をかんだけど、外に出たのはかなり多めに見積もっても300ccにも満たないだろうなあ。


とにかくですよ、これからはプールへ行く日は花粉情報と黄砂情報をあらかじめチェックしておこうと思いましたです。
必要ならマスクの使用もせねばなりますまい。 
いやいや、世の中にはおっそろしい現象がいくつもありますなあ。
スポンサーサイト
COMMENT
花粉+黄砂+塩素=鼻水大洪水
笑っちゃいましたよ・・・(笑ってはいられない)
私にもバッチリ当てはまる法則です。
おまけに先週これに私は「風邪」が加わったので 悲劇のヒロイン(?)そのものでしたよ。

黄砂は気をつけないといけません。
昨年の今頃中国に行った母は黄砂にやられてしまい 1ヶ月気管支炎で微熱とともに苦しんでいましたよ。
マスクしか方法はないのでしょうか。

『1キロの鼻水・・・』とうかがって 単純にかめば体重が減ると思ってしまいました。そんなわけはないね。
別々ならそれほどの事もないみたいなんですけど、スクラムを組まれるととても厳しいっすね。
 
ところで今日もですけど、昨日こちらでは一日中霞がかってました。砂の粒子を含まないので黄砂現象とも違うようですけど、今朝の新聞によると「煙霧現象」と言って、やはり中国からやってきた汚染された大気の影響を受けている危険性が高いとの事でした。 煙霧ってスモッグの和訳ですもんね。
要するにこれが夏場の強烈な日光の影響を受けると、光化学スモッグになるんだろうと思うんですけど、黄砂といい、スモッグといい、今や中国の存在そのものがシャレにならんようになってきつつあると思うんですよ。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/758-6a74a198
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。