わたコちょ! On Thur. Swimmin' 0221

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

On Thur. Swimmin' 0221

先日書いたように、火曜日は2週間ぶりのウェトレでして、間は空けましたが、予定通りに負荷を上げたので、今週はいつもに輪をかけて重度の筋肉痛を味わっております。
でも、意外だったのはデッドリフトも重くしたのに、腰周りの筋肉痛だけはあまり起きなかった事です。 更に重くしろって事なのかな? 正直ギリギリな重さなんだけど…

そんなギシギシ悲鳴を上げている体を引きずって(これが誇張ってヤツだ!)、もはや習慣化しつつある木曜の水泳へ行ってまいりました。

アップ前半のダラダラ泳ぎですら体が痛いので、メニューを消化するのが厳しそうでした。
やっぱり特にキツイのは上腕三頭です。 クロールのプッシュ局面ではほとんど抜いてるつもりなんだけど、まったくプッシュしていないって事もないんですよね。

1.アップ 200
2.Fr-pyr 1000
3.Im-pyr 1000
4.ヒラ&バック ドリル 400
5.ダウン 200

計2800m。
先週と較べると明らかに少なめです。
ディセンドもサボったし、立泳ぎもサボった。
個メのピラミッドの後半、50m×4の時には「ひー!」なんて軽く通り越して、
「ぼう、がんべんじで…」って思いながら泳いでました^^
とてもじゃないけど、80%以上の出力をするなんてできないと思いました。
実際、久しぶりに脚攣ったし。
虚弱ですねTT


昨日書いた三角筋奥の鈍めな刺激についてですが、
キャッチで最初にスイープを始める方向をいくつか試してみたら、刺激が少なめな感じなのがありました。

うーん、「スイープ」って表現はおかしいな。
クロールの時、私はキャッチしに行く時には掌のスカリングは極力させないように気をつけてるので、書いていて違和感があります。

そんな自分にしか分かんないような感覚の事はどうでもいいか。
とにかく、素直に肘の関節が曲がる向きでキャッチしにいく。 やはりそれが一番みたいです。 
手首をちょっとだけこねて、水の重さを感じるトコを探す小さな動きはやめられないようですけど。  多分それってムダなんだろうなあ。


ですが、気のせいでしょうか、泳ぐとギチギチに凝り固まっていた体中の筋肉がいくらかほぐれたように思いましたよ。

スポンサーサイト
COMMENT
筋肉のほぐれ・・・気のせいじゃないと思います。
ジムのプールへは マシンルームやスタジオで鍛えてから ダウンのため泳がれて帰る方がいますもの。  水泳の効果っていろいろありそうですね。

素直に肘の関節が曲がる向きでキャッチしにいく・・・
やはり私は不自然な肘の使い方をしているのだと思います。
参考にさせていただきますね! 
ついでだからオイラも泳いで帰りたいと思う時もあります。
でもちょっと専門的な話になりますが、
ウエイトトレの直後は、有酸素的な運動は避けたいんですよね。
もちろんした方がいい場合もあるし、ストレッチだけはしなくちゃいかんですけど。
だから本当はジムの翌日くらいに軽く泳げばいいのかも知れません。
知らなかったなあ。
筋肉使ったウエイトトレなどをした時は すぐに泳いでリラックスした方がいいと思っていました。
次の日でもよかったんだ・・・!  いい事をお聞きしましたよ。
うーん、これは諸説あるんです。 そして特に有力な説も固定化されていないですし。
オイラはウェイトトレ直後の有酸素運動はするべきでない、と判断しているだけですから。

ウェイトトレと有酸素運動については、直後であるとか、順番とかは全然関係ないって説もあるし、その順番ですぐにやった方がいいって説もあるし、色々です。
目的(例えば脂肪燃焼とか)にもよるんですよね。
でも、最初に書いたように絶対的なマニュアルもないのです。

個人的にはオイラもトレーニングやった後に、エアロバイクでも水泳でもやった方が、筋肉がほぐれるように思ってるんです。
だけど、オイラとしては直後にはほぐしたくないんですよ。
ストレッチだけはしますけど。

翌日くらいにって書いたのは、まだ後発性筋痛のピークを迎えてない頃なら泳げるし、その後やってくるはずのピークがちょっとは楽になるかも、って程度の意味でしかないです。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/748-2c765d8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。