わたコちょ! 素潜りHoliday 沖縄の海 3

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素潜りHoliday 沖縄の海 3

那覇から真栄田岬のある恩納村へ向かう途中に、北谷(ちゃたん)町という町があります。
その北谷の砂辺という所に浜屋さんというそば屋さんがあります。

砂辺ってトコの海岸は長ーい防波堤が敷いてあって、前回書きましたけど、沖縄にはあまり多いとは言えない砂浜のビーチがその外に連なってます。
砂のビーチと言っても幅は狭く、防波堤のすぐ向こう数メートルで波打ち際ですけども。
その波打ち際にはスクーバダイバーや、サーファーがたくさんいます。
那覇から最も近い海のスポットと言えるかもしれません。

那覇から近いんで、群青さんもこの砂辺で結構潜ったって言ってました。
沖縄に10日以上も滞在するんであれば、私もここで潜ってみたい気もしますけど、3日しかないとこの場所を潜るポイントとして挙げるのはちょっとツライかな?

でも、この防波堤からは夕日がいい角度で眺められますよ。
ちなみに砂辺は
沖縄県周辺
この絵で言うとFの辺りですね。

さて、浜屋さん。
前回ここへ来たときにも浜屋さんへ連れて来てもらいました。
だから、個人的には沖縄そばと言えば、イコールで浜屋さんとなってしまうんです。

もちろんソーキそばを注文。 たしか普通盛が400円だったと思います。

今回は毎日お昼は沖縄そばにしてもらいました。他の二軒も後ほど紹介できると思いますけど、個人的にはやはりここのおそばが好きだなあ。

少しスープを啜って、やはりコーレーグースをかける事にしました。
誰だったっけな、前回一緒に沖縄で集まった、ミッキーマックが言ってたっけ? 
これをかけると、どんな料理も沖縄料理になっちゃう!って。

そうかもしれません。 泡盛に島とうがらしを漬け込んである強烈な調味料なので、まさにどんな料理も沖縄色の味になっちゃいます。

沖縄そばには数滴かけるのが正しいらしいですけど、私は坦々麺で舌がバカになっているので、かなりの量をかけてちょうどよく感じます。

私とツレはお腹が減ってたので普通盛を食べましたけど、群青さんはこれから潜るんで小盛で。
いや、私も潜るんですけど、ちょっと小盛は耐えられないかと思いまして^^

いやいや、数年ぶりの沖縄そば、たいへんおいしゅうございました。

で、いよいよ真栄田岬でやんす。
再び国道58号線を北上、岬としてはもっと有名な残波岬を通り越しまして、その向こうが真栄田岬です。
スポンサーサイト
COMMENT
コーレーグース・・・唐辛子アレルギーの私には沖縄の味を満喫できそうにありませんね(ちょっと残念)
でも お菓子は大丈夫!!

夜は泡盛で宴会でしたか?
唐辛子にアレルギーですか。
そっか、そういう方もおられるんですね。

お菓子は大丈夫ってのは、カラムーチョとか?

夜の様子はまた後日に!
書き方がよくなかったです。

お菓子もピリ辛カラムーチョはだめです。

沖縄のお菓子は大丈夫という事で・・・

ちんすこう、サーターアンダギーなどはいけますよ!!
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/712-ab95df9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。