わたコちょ! 素潜りSunday 1125

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素潜りSunday 1125

沖縄編はもう少しお休みさせてもらいまーす。

気持ちよく海に潜るにはいくつもの条件が同時に揃ってないといかんのですが、
昨日はこの季節にしては恐ろしく好条件でした。
太陽、波、気温、水温、風、透明度…えとせとら。なんだか10個ぐらいぞろ目が出た気分でした。
まったく予定してなかったんですが、午前八時半にいきなりヨコヤマくんに電話。
しかし残念ながら先約があるとの事でフラれてしまったので、一人で潜る事にしました。

海べりで裸になっても寒くないんですからねえ。 沖縄じゃないんですよ? 11月末の我がホームでです。
水泳パンツ一丁でパイプイスに座って、のんびりとスーツにタルクをまぶしたりなんかしましてね。
風もとっても穏やか。背中に太陽の温もりを受けて、ついつい鼻歌を歌っちゃうのも当然でしょう。

この愛用のスーツは群青さんが沖縄へ移り住む年の春先にオーダーしたもの。
ずいぶんへたって生地も硬くなってきました。 大事に使ってきましたけど、そろそろ新しいのを作らなきゃいけない時期になった気がします。 体のサイズも変わって、腋の下あたりが窮屈にもなったし。
スーツの話題はとりあえずいいか。 またゆっくりこのテーマで書きましょう。

着終わると途端に体中から汗が滲み出始めたのが分かりました。 真っ黒ですから熱もよく吸収するんで、これだけお天気がいいと、中はものすごく暑くなります。
そこからはあまりのんびりと準備に時間を掛けられません。脱水しちゃいますからね。

沖縄の群青さんに数年間預けっぱなしだったフィンをこの度持って帰ったんで、それを抱えていつものエントリ場からザブン。
一瞬の間があって、腰のピースの継ぎ目から、水温18℃の海水がじわりと浸入してきました。
ウエットスーツですからね、一通りはスーツの内側に海水が巡りますが、一度入っちゃうと海水が体温で温まってとても快適になります。
逆に言うと、夏の間はツライですけど^^


久しぶりに履いたフィンは、以前とは全然印象の違う使い心地でした。
このフィン、ロングフィンの中でもかなり長い部類に入ります。それでいてとても柔らかく、以前は正直使いこなせない感じだったんですけど、なんだかとてもいい感じにこなれたように思いました。
素材のカーボンFRPがいい感じにへたったのか、もしくはこの足ヒレが沖縄にある間に覚えた水泳が関係あるのか。
変わったのが足ヒレ側なのか、私側なのか分かりませんが、間違いなくいい感触で振れて、そして速く進めるようになってましたね。

-15mポイントまで行くとうっすらと下の白い砂地が見えました。
秋も深まり、かなり透明度が上がってきてます。
でも、ブルーじゃないんですよねー。

沖縄の海の色をサファイヤと言うなら、ここらの海の色はエメラルド。
明らかに色合いが違います。

まあ、亜熱帯の海と較べちゃかわいそうかな? 

その代わり、カラフルな海藻類もいっぱい、貝類も魚類もいっぱいで、にぎやかな海ではあります。
ずいぶん個体の大きくなったソラスズメの大群がやたらと目につきました。
キミら…死滅回遊魚でしょ? つまりうっかり潮に乗ってやってきてしまったけど、この辺りの海では越冬できない熱帯魚…なはずなんですけど。
や、たしかにここ数年、もしかしたらオマエラ越冬したの? としか思えないソラスズメちゃんたちは何度も何度も目にしてきたけど、この大きさ、この量。
もはや確信できます。 絶対に海水温の上昇が影響してるんだ。

この子たちがたくさん泳いでると、たしかに海の中が華やかでいいんですけどねえ…
ちょっと複雑な気分です。



私一人なので、決して無理っぽいダイブはしないように心がけまして、せいぜい15~16mくらいでダイブタイムも1分ちょっとくらいに抑えてのんびり潜りました。
浮上途中、ふっと見えた白っぽい大きな丸い影。
見慣れていてもドキッとしますよ。
直径1m級のエチゼンクラゲでした。

今回は1m級に2匹、1.5m級に1匹遭遇。 1.5mの方はまだ元気一杯で、触手も4mか5mくらい伸ばしてましたね。 
この辺りで見かけるエチゼンクラゲは大抵は小魚くんたちにあちこちを食いちぎられて、傘の一部や触手がなくなってたりするのが多いんで、丸々の姿を見られるのはどっちかというと珍しいです。


そんな感じで、おそらく今シーズン最後の素潜りを存分に楽しめました。
次は3月かな?  1月に一度潜ってみたいと思ってるんですが、なかなか条件が揃わないんですよね。

スーツを脱ぐ時には家から持ってきたお湯をかぶるわけですが、それはとても気持ちのいい瞬間です。
でも、その瞬間が過ぎた途端に、吹く風がとても冷たく感じるのはお約束。


スポンサーサイト
COMMENT
一年で数えるほどですが ジムのプールが空いていて 一瞬1人になることがあります。(監視員はおりますが)
25mプールでさえ不安なのに 海で1人出かけられるって私には想像できないなー   もしも・・・なんて考えるとヒヤーっとしますわ。

お湯を持っていかれるんですか?! 
帰宅後はお風呂でゆっくりかな?
何度も書いてますけど、一人で潜るのはダメです。
とっても危険ですからね。 素潜りでの死亡事故ってのはほとんどが単独行動の時に起きてるんです。
だから、私はタブーを犯しちゃってるって事なんですけど…

でも、自分以外の誰の姿も見えないってのは、それはそれで一種の快感も感じます。
海、独り占め! って感じで^^

ついでながら書き添えると、その代わり、やはり畏れに似た怖さを単独の時はより強く感じますけども。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/711-cfe513ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。