わたコちょ! Sat. Swim Report 1020

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat. Swim Report 1020

久々の土曜レポートです。
寒気が入ってきて、急速に秋の深まりを感じます。 自転車でプールへ向かういでたちも、半パンから普通のジャージに変えました。 そろそろグラブも必要です。

復活宣言はしたものの、全力でストロークした結果として多少の違和感は残りました。 痛くはないんですけど、胸周りの筋肉や腱のどこかが何かに引っ掛かる感じです。
そんなようなので、昨日も引き続き経過観察しながらみたいな泳ぎ方だったですけど、それでも捉えた水を思い切り手繰り寄せる事ができるってのは気持ちいいですね。

やはり強く感じたのはスタミナの下り坂傾向です。
25mのダッシュとか、50mのインタバでも、最初の数本はケガする前とそれほどタイムに開きがないんですが、本数を重ねるとだんだんサークルを維持するのが大変になってきました。
200mや150mをざっと計測すると明らかに遅いです。 泳いでいて途中で分かりました。 ずいぶん早くからへばりましたもんね。

個メでのサマーソルトターン。
金曜の方が上手だったなあ^^
どうもタッチしたあと、景気よく回ろうとして壁の深い場所へ手を移動するのが良くないようです。結果的に体を反る形になっちゃって、動きが遅くなります。 モーメントの問題ですね。
正解はタッチしたその場で壁に引っ掛ける方法のようです。 素早く脚を引き付けて、なるべく短い時間で体を丸めないと、時間のロスだけでなく、まともに後方宙返りもできなくなります。
こんな派手なターンして失敗するくらいカッコ悪い事はないですからね。 本番でやるなら徹底して練習しないと。
昨日は個メの練習の時じゃなくても、5mのラインからバックの姿勢にわざわざひっくり返って練習しました。

でも、意識として深いところで引っ掛けようとするから、だんだん悪くなるんですよ^^
ま、その事に気づいただけでも収穫としましょ。


それと、このネタは書いたっけ?
背泳のドリルのひとつで、片手でフィニッシュの部分だけ繰り返すってのがあるんですが、最近やり始めて自分でも驚いた事がありました。
これまでも片手ストロークのドリルはずっとやってたんで、普通にできるだろうと思ってたんですが、フィニッシュ部分だけにフォーカスしてみると意外に難しいのです。
利き手の右は問題ない感じでできますが、左になると水が掴めない、したがって全然後方へ水を送り出せない、って感じで動きがぎくしゃくしました。
相当左って不器用でした。

そんなこんなで、昨日は2000mちょいくらいかな?
やはり後半になると肋骨周辺の違和感を強く感じ出したので、いい加減なところで上がりました。
ただでさえスタミナがない方なんだから、少なくともケガする以前のレベルくらいにはなるべく早く戻さないといかんのですが…
スポンサーサイト
COMMENT
朝晩急な冷え込みになってきました。

ターンもその日によって出来栄えが違いますよね。
試合で使うにはかなり熟練が要りそう・・・
私が始めて試合でクイックターンをした時も 明らかにタッチターンの方が速いって思いました。

それに試合のプールの壁の材質や 深さでもターンには深刻な影響が初心者の私にはありますわ。

今、バックの強化中なので このドリル拝借して帰ります・・
たぶん 出来ないだろうなぁ。

肋骨 無理しないで下さいね。
私も平泳ぎはレッスンで必要最低限しか泳がないようにしています。
故障か所に目がついてるみたいに 神経質になっています(笑)
昨年のレース初出場ともオーバーラップします。
まだフリップターンの成功する確率が低くて、本番で一か八かやってみたら、それまでで一番上手く回れたんですが、あんな事はそうそうないでしょうから、方針をさっさと決めて集中して練習しなくちゃ。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/687-de9fb62b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。