わたコちょ! 素潜りSunday 0819

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素潜りSunday 0819

詳しく書けば無駄に長くなるので省きますが、
日曜も海へ行きました。午前は県立プールへ大会の様子を見に行きましたけど。
例のヨコヤマくんたちも急に来る事が決まって、お昼過ぎに私がポイントへ着いた頃にはもう縦潜りの練習会をしてました。

彼らとは関係なく日曜もゆったり気分で潜るつもりだったので、入り江の真ん中で挨拶もそこそこに、私は沖島を目指しました。

沖島へ着くとFKRG氏がちゃぷちゃぷしてました。
入り江の反対側の入り口付近に停めてなにやらしている小さな黄色いボートの二人組みがしきりに気になる様子。
「目が悪いからよく見えないんだよね」

私はコンタクト着けてますけど、それでもはっきりとは分からない。

「見に行ってみます?」
「いや、今日は波が結構あるし、あそこまで行くのは面倒だなあ」
「じゃ、ちょっくら見てきますわ、オレはアッチ側の岸沿いを伝って帰りますから、気をつけて戻って下さいね。」

ってな会話をして一人で泳ぎ始めました。
確かに前日の凪状態に較べてこの日はすごく波が立ってます。
船外機は付いてましたが、我らのキティホークより少しでかいだけのFRPボートです。上下左右に波に揺らされ、弱い人ならあっという間に気分が悪くなりそうな状態の中、近くを通過中に私が見たのは「釣竿」。

ひゃあ、あんな揺れの中よくあんなボートで釣りなんかしてるよ、とびっくりでしたが、客観的に考えれば私らも似たようなものか^^


この入り江には何年も通ってますが、あまり入り江の反対側には近づいた事がなかったんで、波打ち際沿いをゆっくり観察しながら戻りました。
同じ入り江ではありますが、こちら側は通常的に波の当たりが強い側なんですよね。この日も西側からの波を受けて海面付近には多くの藻屑が漂ってました。
かと思えば、妙に澄んで深場までくっきり見えるトコもあったし、激しくはないけど私らがメインで遊んでいる側より複雑な流れがあるようです。

機会があったらこの入り江の航空写真でも載せて、地形の説明を試みてみましょう。
スポンサーサイト
COMMENT
以前にクルーザーに乗せてもらって スイスイ楽しんだのはよかったのですが・・
止めて釣りが始まった途端 地獄でした。
早く沖にもどりたくって。

なんで平気な人がいるのか
これまた不思議・・・?
波酔い、船酔いは慣れが必要なんだと思いますよ。
今は波間に長く漂っていてもどうってことないですが、揺れに慣れたと思ってた頃でも、私もあざらしくんも首を不要に締め付けるようなスーツを着てたときは割とすぐに波酔いしてましたねえ。
スーツをオーダーして完全にフィットしたものを着るようになってからは開放されました。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/658-69660d58
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。