わたコちょ! Sun. Swim Report 0812

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sun. Swim Report 0812

土曜に引き続き連日のプール行です。
もちろん海の方が魅力的なんですが、ちょっと波が高いという情報とお盆週間という要素が重なって足が向きませんでした。連中も大会が終わったばかりで潜りに来ないですしね。

そうそう、一応ご報告。
ここの海へ足繁く通っているヨコヤマくんは、先の素潜り大会で「フリーイマージョン」という種目で-55mに達し、エントリーの中で第2位という素晴らしい好記録を達成しました。おめでとう。
彼の態度を見ていると、確かに「練習は裏切らない」という一言を感じます。

フリーイマージョンというのは、ガイドロープを伝って潜って行くという種目です。綱登りのような要領です。

それと、リンクでもご紹介している「群青の沖縄生活」の主、あおちゃん氏は総合2位でした。素晴らしいです。彼もまたフリーダイビングに情熱を注いでいます。

なんだか素潜り心を刺激されちゃって、秋には私も久々に沖縄へ行きたいと考えてますが、航空券の予約に今のところ失敗中です。がんばります。


さて、日曜はその前日の土曜の行動のコピーのような感じでした。ほぼ同じです。
違うのは若干の疲労を上腕に感じる点でしょうか。そのせいもあって土曜より特に外での速度が落ちてます。
もう50秒/50mなんてペースですら1往復しかできませんでした。その後はがんばっても55秒。

やはりラッシュガードとロングスパッツを着て泳ぐとゆっくり泳いでいても力を使ってるようです。
1500mを外の長水路で泳いで、脱いで室内へ移動すると、いきなり「すぃー!」と進む感じを楽しめます。

いつもの1500mのメニューですが、土曜よりいくらか込んでいたので、微妙にサークルが狂ったりもしましたが、なんとか大勢には影響なく。
普段は各SSで泳いでいる腕自慢の子供たちが親に連れられてこのプールへ泳ぎに来てるのが目立ちました。
やっぱSSで鍛えられてると、同じくらいの年頃の子でも県立プールの水泳教室で習っている子達とはレベルが違いますね。

1000mのドリルが終わって最後の500mは耐乳酸メニューですが…

ちょっと閑話休題。
スポーツシーンでの慣例でもあるので、私も「耐乳酸」という言葉をちょくちょく使ってますが、実はやはり違和感を感じてます。
乳酸が疲労物質ではないという報告を読んで完全に納得している身としましては、この表現はどうかと思うんです。
とは言っても、実際に筋力を使うと乳酸は出てますからねえ。
筋が疲労した結果産生される物質であるのは間違いないので、あながち「疲労物質」という表現は的外れではないとも思われます。
筋に残って代謝される前の立場にある時は、そう呼ばれても仕方がないような気も。
したがって「乳酸」に「耐える」という言い方も「アリ」でいいのかな? って気もしてます。
何かもっとピンと来る表現ってないもんですかねえ?

さて、話戻って、ラス2の500m。
200、150、100、50と分けて泳ぐワケですけど、日曜は前日よりかなり辛かったです。
上腕三頭筋と三角筋の間付近の、筋の谷間みたいな部分に疲労の中心があります。

で、ラストのディセンド50m×4。
やはり3本目の45秒セットが限界。4本目の40秒はチャレンジしただけって感じで…

その後外のプールへ再移動しダウン泳を。
10分しか泳がないと決めて、ラッシュは着ませんでした。
お昼前後より幾分日差しも弱くなっており、なんとか目立つ日焼けはしないで済んだ模様です。

2日続けてトータル約7000m泳いだわけですが、なんかこれが正しい練習って感じが強くしました。
やっぱ週に1度くらい泳いでる程度じゃ向上しませんわ。
かと言ってねえ…
スポンサーサイト
COMMENT
試作5号のインプレを忘れてました。

クエン酸の量は4号と同じで5%。
果糖と塩分をちょっと増やしてみました。
4号までは1リットル中、25gと2gでしたが、5号は27.8gと2.2g。
一見細かく感じますけど、もう果糖と天然塩を25:2の割合でミックスしてあるので、実はそれを27gからちょうど30gに増やしてみただけのことです。

たったそれだけのことですが、体感としては甘さが気持ち増していくらか飲みやすい味になりました。塩分はクエン酸のすっぱ味と溶け合って気にならないです。
クエン酸が入ってないと0.2%の塩味って微妙な不味さを感じるんですけども。
次は果糖2.9%にしてみよう。
理屈では胃の通過時間が延びるはずですが、3%を超えなければ問題視するほどでもない気がします。
飲みやすさも大事ですから。

一応書いときますけど、この一連の手作りドリンク、理由があって甘味に果糖のみを使ってます。でも、運動中の飲み物限定だからその選択をしてますが、普段の水代わり、お茶代わりの飲料としては果糖は不向きですよ。肥満傾向を招く恐れが蔗糖より高いです。
詳しくはいつか書き上がる予定のドリンク考本編にて^^
>やっぱ週に1度くらい泳いでる程度じゃ向上しませんわ。 ・・
毎日のようにプール通いしてますが これまた向上しません。
単に私の練習態度に問題あり・・なんですね!?

加える果糖はわずかな量に思えるのですが 肥満につながるのですね。
それ以前に私の場合 菓子類とアルコールをどうにかしないと
だめかな・・
>練習態度に問題

いやいや、それは違うでしょう^^
熱心に泳いでおられるのは存じ上げておりますよ。

昨日、ちょっとした確認作業をしたんです。
我が家に甥っこ2号が来てまして、彼の体重を量ってみました。
実は一年前の今頃、彼は体重20kgだったのですが、彼を連れていつもの筋トレをしに公園へ行きました。
甥っ子2号を体にしがみつかせ、懸垂運動を試みたのですが、ピクリとも体は上がりませんでした。

そして、一年経って体重27kgになった彼を昨日再び公園へ誘い、同じことを試しました。
地道にやるってのはなかなか素敵な事ですね。
4回しか試しませんでしたが、懸垂できちゃうんです。正直言って5回目は上がらなかったかも知れませんけど。

この一年間で確かに扱うオモリの量も増えましたけど、筋力が増えた実感はあまりなかったんです。
でも、そうやって確かめる事ができてちょっと自信が湧きました。
これがストロークに反映できれば、と切に願うばかりであります。


ハナシは変わりますが、果糖は摂取するには結構難しいです。
蔗糖とは代謝経路が違うんです。
おっと、これくらいにしとこ^^

COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/654-545d4688
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。