わたコちょ! フライング編7

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライング編7

7.基本的な液体

さて、ここまでで説明の都合上既に書いてしまっちゃいましたが、
アレコレ調べてみると、ドリンクメーカーの意見は排除した場合の多くに、
『運動中における水分の補給を最重要と考えるならば、糖質の濃度は2.5%前後、電解質(主に塩分)の濃度は0.2%前後 な液体がベスト』
と言う記述が目立ちます。
水分を吸収しやすく、体の中に留めやすい液体ということですね。

この数値についてソースとなった研究成果の一部をどこかで読んだ記憶があるんですが、あらためて調べてみても見つけることができませんでした。
また、その文献についてゲータレードのスポーツ科学研究所(http://www.gssijapan.com/)のどこかにヒントが書かれていた記憶もあるんですけど、それも見つけられませんでした。
ご存知の方はお知らせくださると嬉しいです。

この塩分量で果たして電解質の補給も十分にされるだろうか? という懸念もあります。
汗の成分にナトリウムがとても多く含まれる人や、普段から塩分の摂取量を低めにしている人はこれでは不足であることもあるかと思います。
そう考えつつ、はっきりしたソースが見つからないままこの液体を使うのも気がひけますが、ここまで考察してきた事を整理しますと、「糖質2.5%・塩分0.2%」というのは正解に近い感じではあります。
もし、運動中に足が攣るなどのナトリウム不足が兆候として現れるなら、このドリンクとは別に少々の塩を口に入れて対応するしかないのではないかと考えます。

とまあそんなようなことで、この液体を私の考える 運動中に摂取すべき理想的なドリンクのベースとすべきではないかと考えます。

ちなみに、このテーマについてあちこちを覗いてますと、この比率の組み合わせ以外にも「水分の吸収が早いのは糖質濃度4~8%」という記述も目立ちます。
注意して見ますと、この数値は某メーカーがデータを提供してる場合なようでして、それが信用ならないってワケでもないんですが、なんだか個人的には説得力を感じません。

かと言って、「それは間違ってる」とも言えません。 ユーザーの嗜好や体の作りの差もありますから、糖質濃度が高い方がマッチするって人もいるでしょうし。
そこら辺はご自分に合ったようにカスタマイズしていただければ、と。

それともう一点、ドリンクの温度についてですが、
概ね12±3℃程度の温度に冷やしておくと、胃か腸の蠕動運動を刺激して、胃内容排出速度が速いという記述もあちこちで見ました。
排出速度が速いということは、小腸へ早く届くということですから、吸収される時間も短くなるという事ですね。
かなり冷たいですが、激しい運動で体温が上がってる時には美味しく、飲みやすくも感じるでしょう。
ほんのちょっとなら体温を下げる効果もあるかも知れません。
個人的には…夏場は特にそれくらいに冷やしてあるドリンクを歓迎します。 保冷するための努力も必要になってくるわけですけどもさ。
でも、これのソースも未確認なので、参考程度のお知らせといたします。
スポンサーサイト
COMMENT
いや~、一気にアップされましたな。
私もスポーツドリンクは甘過ぎるので薄めてガブ飲み派なんですが、
どうやら薄めない方が良さげな感じですなぁ。

それはそうと、消化系内部は体外、というのは医学的に正しいですよ。
ある意味、とかではなくね。
初めて知った時は違和感ありましたけどね(笑
発汗で塩分が失われる・・
昔 重労働の方は塩をなめるって聞いた事があります。
これも 納得ですね!

>「糖質2.5%・塩分0.2%」・・
私の口に合った ドリンクをさがさねば!
今は 「メダリスト」を愛飲しています。
クエン酸で 飲みやすいので!

完読させていただきました。
ワンダフルでございました!!

おつかれさま。


追記・・・>消化系内部は体外
生物って
不思議がいっぱいですね!?




とりあえず時期的に水分と電解質の補給をテーマとした部分だけ載せました。
全体を書き上げるにはまだかなり時間がかかりそうなのですよ。下手したら冬になっちゃうかも(笑)

>あざらしくん

アイソトニック系のドリンクを薄めるのは基本的に間違ってないんだよね。自分で塩分を調整しさえすれば。


>かんこさん

ひとつひとつにコメントいただいて恐縮です。おかげでモチベーションが上がりました^^

この1~2年くらいに発売されたドリンクの中には「ハイポトニック系」ドリンクもいくつかありますよ。
塩分0.2%というのはなかなかないかと思いますけど。はっきり書くと微妙にマズイんで。
この辺りの調整はなかなか難しいです。

クエン酸などについては次章以下で詳しく触れたいと思っています。



読んでくださいましてマコトにありがとうございますm(__)m

補足

試作2号を作って先日バレーの練習時に飲んでみました。
ベースはそのままにクエン酸を0.5%にしましたが、その上にビタミンCのサプリも追加したんで、結果やはり酸っぱいモノになっちゃいました。
でも試作1号に較べればずっと飲みやすく、メダリストくらいの飲み味かな? と。
少なくとも胸焼けはしませんでした。

個人的にはもう少し酸味を抑えた方がもっと飲みやすいかと思います。
ちなみに、これくらい酸っぱいと0.2%塩分の微妙なマズサはあまり気になりません。

水泳で心肺能力がちょっと上がってるという事もありましょうが、メチャクチャに暑い体育館の中でもこれまでに較べてパフォーマンスの維持が楽だった気がします。
プラシーボもあるでしょうけど^^
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/652-63359699
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。