わたコちょ! フライング編5

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライング編5

5.スポーツドリンクを薄める事は正しいか?

さて、ここ15年~20年の間にスポーツの競技者(いわゆるアスリート)や指導者の常識となったことがあります。
激しい発汗を伴うスポーツの練習中や試合中、選手はドリンクの「仕様」より半分に水で薄めて飲むべし。
ここで言うドリンクはアイソトニックなドリンクです。
つまり、運動中に補給する水分としてアイソトニック飲料は濃すぎる、浸透圧が高すぎる、というものです。
主に糖分の濃度についての考察結果で、仕様の通りの濃度では水分の吸収が遅いという意味です。
だからアイソトニック飲料には水を加えて薄くし、ハイポトニックなドリンクにカスタマイズせよ、と。

糖質についてであれば、胃内容排出速度と小腸から吸収されやすい浸透圧って観点から考えればとても納得できる説でして、私もほとんどその考え方で正しいと思います。
水分を最も高効率で吸収させる糖質濃度は2.5%前後と言われてるんですよ。
なのにポカリの糖質濃度は6.7%、アクエリが4.8%、個人的にそこそこまともな飲み物ではないかと思っているエネルゲンが5.0%と表示されてます
であるなら、水で薄めて原液の糖質濃度を調整するというのはとても合理的な方法かと。
と言いますか、もはやスポーツ愛好家の常識となってはいますけども。
スポンサーサイト
COMMENT
>スポーツの競技者(いわゆるアスリート)や指導者の常識・・
それなら
薄めた状態のものを 市販すればいいのに。
と 思ってしまいました。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/650-15c0ee01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。