わたコちょ! 素潜りSunday 0729

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素潜りSunday 0729

月末でちょっとバタバタ中です。
晴れてても昨日は湿度も低く、7月末とは思えないほど涼しくて快適だったんですが、今日は夏の盛りに相応しく、きっちり気温が上がってます。

さて、日曜日はオキタくんが潜りに来るとか来ないとか言ってましたが、結局やめたようだったので、海行きはどうしようかと考えましたが、ある予感が働いて我がホームポイントへ足を運びました。

現在はシーズンになるとケニーさんたちのクラブが足繁く通ってきてますけど、私らの仲間も長らく遊び場にしてきてますので、この日は久しぶりに以前からの遊び仲間に会えるかも、って思ったんですよ。
梅雨が上がって最初の日曜でしたから。

ホームにしている入り江は背後に高い崖が迫っていて、その中腹に県道が走ってます。地形に合わせてクネクネした道ですが、ほんのちょっとだけある短い直線の途中に入り江へ降りる細い一本道があります。
そこを降りようとウィンカーを出した時に遥か下の小さな駐車スペースに目を遣ると、はたして一台の見慣れた白い軽の箱トラが。

元々ここは海水浴場ではないので、駐車するスペースはほんの僅かなんですけど、世間的にはようやく幕開けした海のシーズンですからさ、先週までの数倍の人たちが細い一本道を降りてくるんですなあ。
だから、私らはここを訪れる時にはなるべく軽自動車で来ます。すれ違うのも難儀しますからね。
4~5台分駐められる通常の駐車スペースはもう一杯。私とツレはなんとか軽を一台置ける場所を見つけましてそこへ滑り込ませ、ゴロタ石の浜を見るとやはり彼が長イスを広げて泳ぐ準備をしているところでした。

FKRG氏といいまして、私より何歳か年上の気さくなおっちゃんです。
妙にシャイなトコもあります。
「おーい!」
と手を振りますが、シカトです。
なに、理由は見当ついてましたけど。

浜へおりまして今度は普通にあいさつ。
「無視しちゃいかんでしょ、無視しちゃ」ととりあえず非難しておきました。
「だって、もうメガネ外しちゃってたんだもんよ。手を振り返して、もしアンタじゃなかったらカッコ悪いじゃん」
そういうコトなんですけどね。

久しぶりに連れ添って沖島まで行く事にしました。
沖島ってのはこの前の風が強かった日のダイブでキティホークを係留した島です。
フロートやロープなどの荷物がなければ泳いで行っても、楽とは言いませんが、大仕事でもありません。

入り江の出口に近づくと、前方になんだか途方もなく大きな黒い影が渦巻いているのが見えました。時折キラリと小さな光もあって。
なんだ? と近づくとそれは7~8cmくらいの小イワシの大群でした。
これまでもここで2回ばかり小イワシの大きな群れを見たことがありますが、あんなにメガな大群は初めてでした。
群れの真っ只中に入ると見渡す限りずっと小イワシがクルクル泳いでます。お天気が良かったので(と言っても、空の青さは今ひとつ)、太陽の光を青い小さな体がキラキラと銀色に反射して眩いくらいでした。

頭上にはカモメが十数羽舞ってます。
漁港でもないし、普段はこの近くではそれほど多くのカモメを見ないので、小イワシが目当てなんでしょう。
で、小イワシの方はカモメを警戒してるのか、概ね水深50cmより浅いトコでは泳いでません。
水面を移動する私らにとっては、キラキラ輝く、でも黒い雲の上を通過するような格好です。

小イワシの群れとは言え、ここまでの大群だと壮観ですね。いったい何万尾(ひょっとして億?)いるのやら見当もつきませんでした。ずーっと見渡す限りですもん。

入り江を出ると結構うねってました。
入り江の出口から沖島までは200mくらいでしょうか。
この日はもう縦に潜る練習なんて頭からないので、スーツは着ずにエントリーしたんですが、入り江を出るとやっぱりちょっと水温が下がりました。

私は沖島の周囲をぐるりと散策。
今年はソラスズメがもうでかいんですよね。ソラスズメってのは南洋の魚でとても鮮やかな、ネオンの光のような青い体をした魚です。
時期が来ると対馬海流に逆らえずに仕方なしにここまで来ちゃったような小さな連中は見るんですが、今年は海の夏になったばかりなのに、かなり大きな個体なんですよね。
ひょっとして冬を越したんかな? と。
ここらも年々水温が上がる傾向にあるようなんで、以前は冬になると死滅してた連中が、深いホンダワラの森の奥で年越しするのもいるのかも知れません。
他にもこれまで見た事のないチョウチョウウオの仲間も数種類いるし、サンゴの仲間も以前より目立ってきてるし、ちょっとプチ南洋化しちゃってますよ、この辺。

そうやってぷかぷか浮きながら、色々と見て回るのも楽しいんですけど、ガシガシ泳ぐんでなければスーツがないとやっぱり寒いんで、早々に浜へ帰ることに。
帰りも小イワシのメガ大群の上をフライパスしまして。あの群れを追ってイルカでも入り江に飛び込んでくれば楽しいんだけどな。

てな感じで、久しぶりに縦潜りではなり海遊びを満喫いたしました。





スポンサーサイト
COMMENT
長年海に潜っていらっしゃると
自然界の変化も感じていらっしゃる事でしょう・・

やはり 温暖化の様子・・うかがえますか?
毎度同じ場所に何年も潜ってますと、ちょっとずつトロピカルな色彩になってるようには思います。
地球温暖化の影響とはまるで無関係とは思わないです。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/641-e67ed93b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。