わたコちょ! ホタルビ

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホタルビ

ちょっと調べてみると、蛍は暗くなってから夜の9時ごろまでがよく光を発する時間帯なのだそうですが、あいにく出発できたのがその9時ごろだったためそれほど期待せずに出かけました。

まだ幼かった日、両親は毎年のように蛍狩りへ連れて行ってくれました。
その頃の記憶では、河近辺で蛍が無数に群舞しており、土手を歩いていても身体のあちこちに蛍が当たってました。知らぬ間に服に止まっていたのもいて、帰りには車内をいくつかの淡いグリーンの灯が飛び交っていたこともありました。

が、やはり現代ではもうそんなファンタジックな光景は見ることなどできないようです。

たしかに今回も相当数の蛍火を楽しむ事ができましたけど、在りし日の記憶のようなワケにはいかないようです。

それでも時節柄、多くの人々が清流近くのあちこちにクルマを停めて、あの儚い光が舞うのを楽しんでました。
渋滞とか不法駐車などのトラブルを懸念してか、パトカーが出動してたくらい多くの人々がいましたよ。

帰りは峠を越えた場所から歩いて帰宅する事にし、クルマから下ろしてもらいまして。
蛍ポイントほどではないですけど、県道沿いに流れる川にもよく目を凝らすと、多くの光が舞っておりました。
それを眺めながらてくてく歩きまして。

やっぱりね、市街地が近づくにつれて少しずつ減っていくんですよ、舞う光の数が。
わが街の水がめのひとつでもある貯水池近くまで来るともうほとんどいないんですよね。
その間わずか5kmくらいの道のりですよ。
そうやって観察しながら歩いてみるととてもよく分かります。
キミたちは街には住めないのね…なんて呟きながらてくてく。

市街地が近くなり、すっと谷が開ける場所までくると、今度は人工の光が溢れて苛立たしいような眩しさを感じるわけですけど、
それでもふっと視線を向けた草葉の裏に、あの淡い緑の光が一点。
なんとなくほっとした瞬間でした。
スポンサーサイト
COMMENT
蛍の名所があるところに住んでおられるのですね。
お水がかなりきれいなんでしょうね。
こちらでは足でいける範囲ではまだ聞いた事がありません。

私も子供の頃は実家のほうでこの季節
蛍を見た記憶はあるのですが・・・
一度光の群生のようなものを見てみたいです。

蛍の光 窓のゆき・・・

こんなコトバを思い出しましたわ。。
defDの家の周りはさすがに蛍いないかね。
ウチの実家の周りだと少し歩けば蛍いるよ。
小川のほとりをふらふら飛んでます。
群生というほどではありませんが。
かみさんの実家周辺ならもっといるかな。

帰省して撮れたら写真撮ってみますね>かんこ様
ご挨拶
はじめまして、突然のコメント失礼いたします。

「日本ブログ新聞」と申します。

よろしければ、当紙面に記事を掲載されませんか? ランキング形式ではございますが、少しでも、貴方様のブログへのアクセス増にお役に立てればと思います。

よろしければ、ご参加下さい。

サンプル http://www.japanblog.jp/ranking.php?mode=new

なお、このご案内が重複しておりました場合は、ご容赦下さい。

失礼いたします。m( _ _ )m

http://japanblog.jp/
あざらしくんさん
本当に蛍がとびかってるところを見たことがありません。
是非 お写真お願いしたいです!
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/616-9f7ce2ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。