わたコちょ! 素潜りSunday 0527

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素潜りSunday 0527

2週続けての海です。

我が地方では未だ黎明期と言えるフリーダイビング(アプネア)というスポーツですが、インターネットという世界のお陰で、次第に横方向への繋がりが構築されつつあります。
この周辺ではおそらく私とあざらしくんが事実上のパイオニアでしょうけど、素人なりに手探り状態ではあったものの、ある意味本格的に縦潜りを始めてから5年くらいはもう経っているでしょうか。

その間にも色々ありましたけど、ずーっとホームポイントとして使っていた入り江は、近頃では我々よりもっと覚悟を決めて本気で潜りたい連中にも使ってもらってます。
国内のフリーダイバーならまず知らない者はいない、半ば伝説化した御仁がおられます。ケニーさん(ちなみにばりばりの日本人ですけど)とおっしゃるのですが、やはりネットが縁で隣県に在住の彼と知り合う事ができ、月に一度は我がホームまで潜りに来られます。

先週書いたヨコヤマくんも、ケニーさんからの縁で知り合った仲間です。

少々天候が悪くても、-20mくらいまでならかなりの高確率でポイント選定ができる入り江ですので、皆さんにもそれなりに気に入ってもらっているようです。
-30mを狙おうと思うと入り江の外へ出なくちゃいかんので、外海が荒れている日はさすがに難しいんですけど。
それ以上の深さでトレーニングしたけりゃ、ボートを雇ってもっと沖合いへ連れて行ってもらうか、沖縄にでも行ってくれって事になります。

さて、そのケニーさんを中心にしたクラブに、この冬は多くの初心者さんからのレスポンスがあったようで、この5月27日は中国地方のあちこちから我がホームポイントに集合する運びとなりました。
半分以上の初心者を含むとは言え、総勢10名を超えるダイバーがこの入り江に集まる日が来ようとは想像もしたことがありませんでしたので、一種感慨深い気持ちになりました。
まあ、正直言うと、個人的にはとても複雑な気分でしたけどね。

その点については色々と書いてみたい事もありますが、個人的な感情はこの際はとりあえずしまっておく事に致します。

それだけ初心者さんがいれば、もはや練習会ではなく、講習会であります。
初心者さんとは言いつつ、海に潜るのが初めてと言うわけでもなく、基本的にはスクーバのサークルのメンバーが中心だったので、スノーケルの使い方とかごく基本的な技術については教える必要もなく、さっさと13mが取れる場所にラインを張りました。

スクーバは潜った事があるって人でも、素潜りで深場を目指すって事になると方向性の違うスキルも必要ですし、ある意味もっと難しく危険なので、-10mまで到達できたコは少ないようでした。

ざっと1時間くらいだったでしょうか、バディを組ませて、ダイブとサポートを何度か経験してもらいましたけど、どんな感想を持ったやら…ですわ。

一番張り切っていたサークルのリーダーのコが、一番最初にギブアップ。
彼は半そでのウエットスーツだったので、水温に負けちまったようです。
この日曜の水温は先週より2℃も上昇して19℃。
私のスーツであれば、最も気持ちよく感じる水温なんですけど、半そでワンピースでフードも被ってなければ、まあ冷たく感じるでしょうね。
脚も攣り始めたようなので、私が付き添って岸まで帰りました。
しきりに「-20mに行ってみたかったのに…」と呟いてましたけど、次の機会がないわけじゃないからさ、などと慰めつつ。

岸へ戻り、ツレに熱いコーヒーを淹れてもらって飲ませると、やっぱ若いんですかね、すぐに元気回復しちゃいましてね^^
今度は
「ロングフィンをぜひ経験してみたいんですけど」などと言い始める。
私のフィンはブレードがカーボンなので素人さんには触らせたくないんです。
それほどヤワなモノでもないんだけど、使い方を誤れば割れやすいのも確かなのです。

そこで沖縄に在住の友人から借りっぱなしの足ヒレをちょっと試させてあげることにしました。
これはブレードがプラスチックなので、頑丈さと言う点では私のフィンより遥かに信頼性があります。
ただ、脚を攣った彼にはとてもじゃないけど振れるような柔らかなフィンではないんですね。
PICASSO社のBLACK TEAMという名フィンで、相応の脚力があれば、一蹴りでものすごく速く進みますけど、そうでなければとても振る事などできないというシロモノです。

なんとか彼は若さで振ってましたが、完全に脚の方が負けているのが一目瞭然。
ある意味そうなる事は最初から分かってたわけですが、アレしか貸せるのがなかったんだからしょうがないです。

それでも楽しそうに浮いたり沈んだりしてたんで、とりあえずは満足してくれたようです。


ざっとそんなような日曜でした。

スポンサーサイト
COMMENT
う~む、盛況のようですが、あのポイントに大人数が集まるとなると、
色々考えさせられますなぁ・・・

まぁ色々と話したい事もあるだろうし、来月帰省した際にはまたお会いしましょう。
あと、まだ届いてないけどデジカメ買いました。
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/finepixf31fd/index.html
ネオ一眼と呼ばれるタイプとどちらにするか非常に悩んだんだけど、
今回は帰省時に嫁さんが友達の結婚式で使うのが主目的なので、コンパクトにしてみた。
ついでにこれ、防水ケースと水中モードがあるんだよね(笑
お久しぶりです。
フリーダイビングこないだテレビでやってて
面白そうだなぁって思ってたとこなんですよ。
しばらく来ない間にすっかり海人ですねぇ。
ウエットスーツ・・
結構やくわりがあるのですね。
半袖というだけでも 体温をうばわれてしまうんですね。
自然の中、自然を相手にするスポーツは色んな危険がついてくるのですね。
>あざらしくん

いやいや、オマイさんも結構デジカメ好きですなあ(笑)

例の極大射程、
ひゃんたに一緒に観に行こうよって誘ってみたけど、
「それなら落としてあげるわ、でもお宅で見られるように加工するのが案外手間なんだよねえ」とかって言われてしまいました。
キティホークのテスト航海にも誘ったんだけど、それは無理かも知れない…って言ってました。


>てぇさん

すっかりって…
元が私、ダイバーなんですけど^^


>かんこさん

ウェットスーツの役割は
保温と浮力を与える事がメインで、副次的には岩などへの激突の際の保護、日焼からの保護、クラゲ等からの保護…等があります。
海遊びをする際には一番大事なアイテムかと思ってます。
私はスーツかそれに準ずる格好じゃなければ、とても海に入れません。寒いし怖いし。
デジカメ好きって言うかメカ好きだけどね!

今回俺がチョイスしたモデルは、もしかして神機になるかも知れないのさ。
現在、コンパクトデジカメにも画素数を競う流れが押し寄せているんだが、
同じCCD使って画素数を上げると、画質は落ちちゃうんだよね。
そういう意味では、FinePix F31fdが普及価格帯のコンパクトデジカメとしては
最高の画質を誇ったまま、次期モデルは出ずにフェードアウトしそうなのさ。
しかも発売から時間が経っているのでかなり値下がりしてるのよ。
外見はダサいけど、写真を撮るという能力では他を圧倒しているのだ。
まるで軽トラみたいで素晴らしい!(なのか!?

いやー失礼しました。
ダイバーさんだったんですねぇ。
じゃあ今年もたくさん潜りに行かれるのでしょうか。
私はライセンスを取りたいのですが
海外で取るか近所で取るか迷い中です。


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/610-6b81b542
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。