わたコちょ! 空からルーブルへ

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空からルーブルへ

連投ですね。
エキサイトぶりが伝わるんじゃないでしょうか?(笑)

さっきGoogle Earthでルーブルを上空から眺めてまいりました。
「なるほど…これがアレか。巧く表現するもんだな」
などともう一度作者と訳者へ拍手を送っているところです。

ルーブル美術館だけじゃなくて、作中に登場する他の場所もいくつか。
深刻なネタばれになるのでこれ以上は書きませんけど。

ああいった、実際にある場所やモノを巧妙に織り交ぜて物語を構成されるとマジで現地へ足を運びたくなりますね。
現実には当分無理でしょうから、こういう時には最高の眼であるグーグルアースで気分を味わいます。

小説で描かれた場所に強く惹き付けられて、実際に足を運んだ事が何度かあります。
最近もないことはないですが、印象的な旅だったのは10年ばかり前の四国は剣山です。登頂しただけじゃなくて山腹もうろうろしたんですけどね。
宮尾登美子著「天涯の花」が新聞に連載されていた当時から訪れてみたくて仕方がなかった場所でした。
作中で主人公・珠子と重ねられる、キレンゲショウマというまるでお月さんのような色をした可憐な花が一番のお目当てでしたが、残念ながらキレンゲショウマの咲く季節には少し早くて、まだ本物は見た事がありません。
でも、作品の主な舞台となった神社や剣山を巡っていると、山道の曲がりのあちらから主人公がひょいと出てくるような気持ちになっちゃうんですよね。
そういうテーマを持って旅するのはとても楽しいものです。

それとか、古くは西村寿行著「犬笛」なんかもなかなか素敵でした。
この作品は次々に日本のあちこちが舞台になるので、とてもすべては巡れてませんけどね。


さて、そろそろお昼だ。
メシ食って働こっと。

ダ・ヴィンチ・コードが一段落したんで、今週からは自転車トレ再開です。 とりあえず昨日は雨で筋トレできなかったんで今夕は青空ジムへ行きますよ。

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/589-e95cba80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。