わたコちょ! 下向きスパイラル

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下向きスパイラル

より速く泳ぐためと称し、筋肥大をするためにそれなりのプランを立て、自己評価としてもそこそこ努力しているつもりの私です。
筋力トレーニングの実施は開始から一年以上経過し、効果的に筋に負荷を与える方法についてはかなり理解してきたと思います。
また、それ以上にトレーニングを終えた後の栄養補給と養生についても、経験値が上がってきました。

今年くらいからトレーニングの頻度を週一でやってますが、3ヶ月ばかりの経過を見ると、そこそこトレの強度が高くなってきた今、個人的にはこれまでで最も高効率な頻度であると判断してます。
トレーニングの専門家に意見を聞けば、やはり頻度が低いと思われるかもしれません。私も本当のところは「超回復」のピークを探れば、きっと5日に一度くらいのペースがベストかとも思います。
しかしながら、私自身の身体の声を聞けば、やはり今のところ週に一度が最適な感じです。
 
以前にも書きましたが、
まず、五日に一度では週単位でのプランを立てにくい事が挙げられます。月に6回という発想ももちろんありますけど、正直言ってそれは私にとってはかなり難しい設定です。 私のキャラを知っている人なら頷いてくれると思いますが、5日に一度などと曜日を決めないやり方では間違いなく「あ、忘れてた!」という事になるはずです。

さらに水泳そのものや、他のスポーツの練習日との兼ね合いもあります。 
できれば低いパフォーマンスしか発揮できない状態では練習したくないですよ。ケガの大きな因子にもなるし。

次にモチベーションの問題。 仮に5日に一度の頻度でできたとして、たぶんしばらくするとヤル気が低下します。 昨年の秋頃は週に2回の頻度でやってました。 これだとようやく筋痛が癒えたと思った日(筋疲労感はまだある)がトレーニングの日となり、筋が痛くない日がないんですね。
この状態ってかなり気持ちが辛いです。


そういうような事で、色んな要素を鑑みれば、私は今の週に一度という頻度はとてもいいセンなんですよね。

実際、この週一制にしてからの方が、筋のつき方が良くなった感が強いんです。 この3ヶ月くらいでの筋力向上曲線もそれまでより上向きなのが解ります。挙上重量はあまり増加させてないですが、SETをこなすのが比較的容易なんですよね。
インターバルが長くなって丁寧な追い込みが可能になったというのが理由のひとつであると考えてます。


さて、やっと本題ですが(笑)、
「筋を肥大させる」と言う事は、「体脂肪も肥大させる」とほぼ同義である事も理解してきました。
筋繊維の栄養はもちろんタンパク質ですが、同時に糖分も大いに摂取しなくてはタンパク質同化作用が今ひとつである事も実感しております。
これまた何度も書いてますけど、近頃の私、もんのすごい食欲です。
すぐ腹が減ります。で、マジでよく食べます。
この摂取量は水泳で消費するカロリーじゃ説明できません。ほとんど餓鬼の如しです。
まさに筋肥大の理屈通り。 摂取cal>消費cal でなくては筋肥大なしってヤツです。

「筋トレして筋量が増えると、基礎代謝も増えて体脂肪を燃やしやすい身体になる」
よく言われる理屈ですよね。
ある意味正しいと分かりました。
ですが、反対側から見れば大ウソでもある事も分かりました。

筋を増やすには、筋以上に脂肪を増加させなくてはなりません。
や、必ずしもそうでもないか。
でも、「摂取cal>消費cal」が筋量増加の律であるなら、とてもそうなりやすい状況に身を置く必要があります。

その証拠とは言えないかも知れませんが、世のボディビルダーたちは、試合前でなかったら相当に脂がのってます。
そして、大会前になるといくらか筋も落ちるのを覚悟で、短期間にドカンとダイエットをします(するらしいです)。

筋が増えればもちろん基礎代謝は増えるでしょう。それも理屈。
でも、筋を増加させる努力をしている最中は、それを上回るカロリーの摂取がどうしても必要なようです。


胸や背中の筋と共に、私のオナカも実に順調に育っておりまして、数値としての体脂肪は1年前とほとんど変化ないですけど、体脂肪は確実に増えてるってワケです。
もちろん筋率と筋量もほぼ同じ関係と言えます。


さてさて、結構な難問ですよ。
筋はもっと増やしたいけど、オナカは引っ込めたい。

筋肥大をしばらくやめて、オナカを引っ込めるのに重きを置けば、割と簡単でしょうけど、そういうワケにもいかない。
だって、せっかく加速度がついて筋が増えつつあるのを実感しながら、そんなモッタイナイ事できます? 心情として。

でも、そろそろ穿けるズボンがなくなってしまうほどオナカ周りがヤバイのも事実。

果たして自転車トレーニングはこの問題の解答になるでしょうか?
スポンサーサイト
COMMENT
筋肉量の増大を狙えば、脂肪量も増えるのは避けられないようです。
十年以上前に知り合った時点で、既にかなりボディービルで体を
作り込んでいた友人に先日合ったんですが、昔も今も
「筋肉付けるなら脂肪も付いて当たり前」
と言ってました。
そしてやはり大会の前に絞るそうです。
大体10kgくらい体重が増減するそうで、そこまでやるとちょっと
体に悪いんじゃないか?とも思いましたが・・・
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/580-22ae6e9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。