わたコちょ! 重大事発生

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重大事発生

いやあ、困った事になりました。
ホントはもう2週間ばかり前に分かってたんですけどね…

実はね、人事異動ってヤツでS本師が県立プールの職員でなくなってしまったのです。
それまで私も知らなかったんだけど、彼は県の体育協会に籍があって、県立プールには嘱託として派遣されていたんですな。
で、この4月1日付けで協会へ戻っちゃったってえワケでして。

本人さんにも内示なしの発表だったらしく、かなり面食らったそうですよ。

たぶんポストが上がったんでしょうから、栄転の内に入るんでしょうが、プールとしても結構痛い人事ですよ。
カナちゃんセンセもかなりプンスカしてる。
「まともに水泳を教えられる人がいなくなっちゃうんデスよ。現場の事は何も考えてないんでしょうね」と。

異動なんて常にそういうものとは言えね。

まあ実際のトコはそこまで深刻な人材不足ってワケでもないんですけど。カナちゃんセンセもいるし、他にも二人きちんと教えられる資格を持った人もいる。
ただ、コーチングスタッフとしてはローテーションは厳しくなりますわな。新たに入ってくる人はそれほど泳げるワケでもないらしいので。

さて、ところでS本師がこれからお勤めになる協会事務局がどこにあるのかと申しますとね、
県立プールの建物の中にあるってトコがある意味オチなんですけどね。
そう、体育協会の事務局は同じ施設内に設けられてるんです。
県内にもいくつか県営のプールがあるわけで、そういうヨソの地方にあるプールや出張所みたいなトコへの異動とかじゃなくて個人的にはすごくラッキーとは言えます。

せっかく軌道に乗り始めたS本練習会を存続させられるんだから。

いかに我々でも、さすがにね、何十kmも離れたプールへは通い続けられない。ホント、そういう意味でとてもラッキーでした。

今までと違ってS本師は普通のお役所勤めのような勤務となります。
週に一度の練習会は、やはり木曜か金曜の勤務が終わった後に1時間ないし1時間半のコーチングをお願いするって事で合意をいただいてるんです。
それは師にとってもひとつメリットがある事はあるらしい。

それは自分も泳ぎ込みができる事だそうで。
これまでは仕事として週に何度も水着姿になって水泳教室で教えなくちゃいけなかったわけで、いくら泳ぐのが好きだと言っても、その上に我々に教えるのにもプールへ入るのは結構しんどい事だったと思うんです。いつもではないとは言え。
それがこれからは仕事の一環としてではなくてプールへ入るってのは、それなりの楽しさがあるのだと…そういうニュアンスで少し語っておられました。

ただ、彼のようなとても優れた元選手でもあり、コーチ資格を持ってる人物を我々の練習会が独占(?)できちゃうものなのか? という思いはあります。

県立プール側としては、師が泳ぐ事について入場料を取るかなあ。
まあ、これからはプールのスタッフに教わるわけじゃないので、もし有料って事になったら、当然彼の入場料は我々が負担するべきで、そんなんじゃ全然コーチ料に足りないわけですから、それくらいの負担は全然平気なんですけどもね。
自分も自由に泳げるからとは言ってくれるんでしょうが、これまでとは立場が違うんだから、相応の報酬(?)も発生させるべきだよなあ。
我々のために時間を割いてくれる事は間違いないんだから。

その辺の事もちゃんと話し合わなきゃいかんよなあ、みんなで。


うーん、まずは練習会存続のセンはキープできてるけど、やっぱりこの異動は少なからず厳しい出来事ですよ。困ったモンです。
ずいぶん話がややこしくなっちゃったよね。


ちなみに、先週の木曜は師も久しぶりに水着姿で泳ぐ姿を披露してくれたわけですが、やっぱカッコイイと思いました。
同じピッチなのに、なぜ彼はあんなに進むのか、と不思議さはさらに増すばかりですけどね。
こんな疑問を感じる方がどうかしてる、ってのはまったくそうなんですけども^^

さて、とりあえずトレーニングに行ってこよっと。
あー、でも、青空ジムはお花見モード全開なんだよなあ。平日とは言え、いつもと違って人が多いだろうな。 恥ずかしいけど背に腹は変えられんです。今週サボると来週がまたキツイからね。最低週に一度はやんないと。
スポンサーサイト
COMMENT
春は何かと身の回りに変化がありますね。
たいていは出会いとか別れなんですが。
不幸中の幸いと言うか…S本師さん、取りあえずはお傍におられてよかったですね!
またその後をお聞かせくださいね。
>不幸中の幸いと言うか…

やあホントですよ。
なんたってカナちゃんセンセの先生ですからさ。
逃がした魚は大きいとか申しますが、皮肉なく、マジにそうなるところでした。
ってか、そういう可能性をこれまでまったく考えなかったのも迂闊だったとも言えますが…まあ、そこそこ結果オーライでした。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/579-84360ba7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。