わたコちょ! 又 水泳教室 10

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

又 水泳教室 10

無事、予定終了でございます。
今回は10回目と言っても、特にイベントは設けずに粛々とサラリと終了時刻を迎えたって感じでした。

Hさん、最終日となって初めてはっきりと質問してこられました。
いつもはなんとなしにって感じなんだけど。
ヒラを泳ぎ終わったトコで、
「Dさん、カキが速いですよね、そこがポイントですか?」
唐突だったし少々質問が漠然としていたので、どう回答しようか考えてたんですが、さらに
「前に伸ばした手を掻いて、水をすくうように腋を締めるまでが一気ですか?」 と。
それくらい絞って聞いてくれるとこちらも答えやすい。

「いいえ、水をすくって腋を締めたあと、動きは止めずに前へ出すまでが一気です」
とテキストっぽくアンサーできます。

「そうか、あ、そうか」
ととても納得してもらってよかったよかった。そういうプライマリな質問なら答えられなくもなくなってる自分もよかったよかった。



背泳ぎ、昨日もひとつ新たなドリルを提示されまして。
リカバリの途中、持ち上げた腕を軌道の頂点で5秒くらい止めてみろ、と。

あーん? 頭の中でシミュレーションした結果はやる前から見えてるんですけど…?

と思いつつも言われた通りにやってみるわけです。
リカバリ始めた。右腕が垂直になったトコで停止。 で、潜水開始!  鼻に水が入る。 むせる。 ストロークの続きに入る。 浮く。  左腕、リカバリ開始。 腕が垂直になって停止。 潜水開始! 鼻に水入る。 むせる。 ストロークの続き。  浮く……
完璧にイメージした通り。 我ながら見事なイメージ力だと感心しながらむせてました。

反対側の壁にこの死にそうな背泳ぎ(?)で到着し、カナちゃんセンセを待ってると、
「もう今のは忘れてください」 ってコメントをいただきました。

私の背泳ぎに関しては、彼女はちょっと煮詰まってる様子。
「ロールしろって言えば体が上下動するし…」などと困ってらっしゃる。

そこで私から素敵な提案をしてみる事にしました。
「もうね、当分ロールの事は忘れてみよう。どうよ?」
キックの修正にまずは全力を傾けるべきではないかと。

キックのイメージは組み立てたんです。「釣竿のしなり」は個人的にいい感じなんです。
そのキックにストロークつけて泳いでみますと、
……おやおや? いつもより確実に進んでるぞ っていきなり体感できました。
ストローク数を数えてみますと、この前の土曜日にいくらがんばっても25mで23カキだったのに、その一本は19カキ。
いきなり4カキも減ですよ。
数本後には17カキまで減らせました。

ちょっとね、感動しちゃった。
「いやいや、才能のカケラくらいはあったみたいね」
とカナちゃんセンセに言うと
「教えた人の才能は?」
などと答えが。

…いや、少なくともオイラへの背泳のコーチングに関しては、
「あまりないと思うけど」
とうとう言ってしまった^^ ちょっとショック顔だったかもしんない。
でも、背泳に関しては、彼女の勧める練習をすればするほど泳げなくなってくって感じてたんだもの。


タイムは計らなかったけど、とりあえず昨日はそれで十分。
他の泳法のストローク数と数字を並べる事ができるようになりましたから。
今までは参考にならなかったもんね。

キックですよ。キック。
決して進むキックではないはずですが、釣竿イメージ、ハギトモイメージで「膝が折れない、突き出ない」に心を砕くと、とりあえずブレーキではなくなったみたいです。

「疲れるとまだちょっと膝リードになって腰が落ちますけど、そのイメージで正しいです」
とカナちゃんセンセにも言ってもらえました。

「ロールはしばらく考えなくてもいい?」
と聞くと、
「忘れましょ。 いつかまた機会を見て考える事にします」
と、とりあえずはローリングの呪縛から解き放ってもらえました(笑)


ってな感じで4度目の教室も最終回。
なんとか課題だったバックにも目処がつきそうなんで、そろそろ1個メを本気で泳いでタイムを計ってみっか、などと思ってるところです。

スポンサーサイト
COMMENT
背泳のローリング難しいですよね。
私もどうやったらいいか悩み続けてます。
でもそうやって足の動きに視点を変えるってのも
悩みを解決する斬新な考えなのかもしれませんね。
私も背泳のドリルはしんどいし水没するので苦手です。水没した日は鼻声だしね。
本気で泳がれる1個メのタイムが楽しみです!
>てぇさん

マジで当分はバックのロールの事は忘れる事にしました。
こいつのお陰で普段の生活もなんだか憂鬱な気分になってたもの。
必要で合理的なものならいずれ自然に覚えるに違いないってのが私の言い分^^


>かんこさん

女性は比較的背泳が好きな人が多い気がしてましたが、お二人ともそうでもないんでしょうかね。
初めまして。水泳始めて一年半ぐらいの男ですが、
参考にさせてもらっています。
自分の場合は、リカバリーはローリングを意識せず
肩をあごに寄せる感じで抜き上げて、キャッチの時
に、少し深く肩から入れてやるとスポクラのコーチ
からOKが出るようになりました。
こんちわ、はじめまして。
同じくらいの水泳歴ですね。
今後ともよろしくどうぞ。

なんだか貴重なご意見をいただきました。
こちらこそ参考にさせてもらいますね。
私は背泳ぎ大好きですよ。
好きなだけに
綺麗に泳げない自分が腹立たしいです。
背泳ぎ、大好きなんですねえ。
私はやっぱ一番キライかなあ。
動作ひとつひとつがストレスなんですよね。
バサロもキックもストロークも。
もう少し上手くなったらキライ要素よりスキ要素が上回るかな?
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/560-75c767db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。