わたコちょ! 筋肉痛サイコー 3

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筋肉痛サイコー 3

ようやく続きです。

えーっと、
DOMSが治るまでに時間がかかるようになったとしても、ボディビルディングそのものが目的なら、タイミングを見計らってそればっかりやっててもいいですけど、筋トレってのは本来は何かの競技のための補強ですからねえ。
DOMSが本来の目的のための練習を阻害してしまうようじゃ、しない方がマシなんじゃないかって思ったり思わなかったり。
原則的には筋を鍛えるより、競技に必要なスキルを覚えるほうが大事ですから。

上記の通り、私の場合はトレーニング後48時間近くは水泳するのもバレーするのも億劫に感じますからさ。その後も48時間は本来の練習ができなくはないけど、発揮できるパフォーマンスは決してベストではないですし。
だから私も今の水泳の技術レベルくらいでうろうろしてるくらいなら、下手にパワーで泳ごうなどとは考えず、もっと実際に泳いで、泳ぎ込んでという方向で練習するべきって考えもあります。
特に私の場合はもっとエアロビクス系の能力を高めたり、筋持久力を強化する方向性もとても大事なんですよね。それには筋トレよりもプールに入った方がいいのは当然。

しかしながら、その真逆な上達の仕方というのもよく知ってるんですよ。
パワーがないと身につけられないスキルもたくさんある。
メインの競技の練習だけやってたんじゃ、必要な筋力を得られるまでに時間がかかり過ぎます。
殊に水泳の場合はいくらハードに泳ごうが、水の抵抗なんて筋肥大、最大筋力向上のためにはほとんどならない。
何十回も同じ動作を繰り返せる程度の抵抗じゃそういう意味での筋トレにはなり得ないのです。

そう、もうひとつ大事なことがあった。
上半身をもう少し筋肥大させると、私の場合は水面でのバランスが劇的に改善される計算もあるんです。
伏し浮き、背浮きの事ですけど。
ざっと計算しましたら、上腕、大胸筋、広背筋、この3つの筋とこれらに衛星的に付随してる小さな筋群のトータルの重量があと400g前後重くなると、私に関しては伏し浮き、背浮きが完全にできるようになるはずです。
技術的な解決より力学的な解決が占める割合がはるかに多いです。
大きな声ではまだ言えませんが、実は伏し浮きに関しては、かなりいいセンまで来てるんです。
背浮きについてはまだ解決への道はもうちょっと遠そうですけど。

だから、私にとっては筋肥大ってのは水泳上達のための最も近道だろうと考えてるんですよ。

あ、それとちょっと前へ戻って、なんで「殊に水泳の場合は」と特定したかと言いますと、水泳は実質的に重力の影響下から開放されるスポーツだからです。
例えばバレーを挙げますが、ジャンプして着地した時に脚部にかかる衝撃はすごいですよ。それを主に脚部の「伸張性収縮」という筋肉の作用で受け止めるわけです。

------------------------


ちょいと佳境に入ったところでまた次回^^
サビ部分はもう少し先かな?

でも、伏し浮き、背浮きへのこういうアプローチは我ながら斬新だと思うんですけど。他にこういう方向からの解決が書いてあった事あります?
スポンサーサイト
COMMENT
>技術的な解決より力学的な解決が占める割合がはるかに多いです。
難しい計算とかはさっぱりわかりませんが、そういう考え方もあるんだなあと思いました。
水泳だけではなくやっぱり重力のかかる運動もやった方がいいのかなあ?足が弱りそうな気がしてきました。私、浮いてるだけですから…
言葉が足んなかったです。
難しい計算とかじゃないんですよ。
何度かの実験の結果を基にした単純な比例計算です^^
人気の少ない時間帯にビニール質のカバーに覆われた軽めのアレイをいくつか内緒でプールに持ち込んでですね…
バレたら担任の先生とかはカンカンになるはずです。規則違反とかって言って。彼女、結構頭が固いですから(笑)

普通に生活してたら、「重力下での運動」ってのも特に意識しなくてもいいんじゃないかとも思いますよ。
もっと筋力を望んでるなら、水泳だけじゃちょっと…って意味ですから。

COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/543-5c043d66
開運法:番外編「開運フィットネス」ナイナイサイズ
今日は、開運法の番外編として、開運フィットネスを紹介します。健康な体を作りながら、開運できるなんて最高だと思いませんか!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。