わたコちょ! 続々 水泳教室 10-2

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続々 水泳教室 10-2

クロールの総合復習が終わりまして、
ブレストとバタフライを。
どうも平泳ぎってのは速く泳ぐのが難しい。
ちーっとも前に進まない感じなんですよね。
見た目のフォームはそれなりにまとまってるらしいですよ。
や、決してキレイでも上手くもないようですが、とりあえずは形にはなってるようです。
でも遅い。

これはレースにはしませんでしたが、
「では、皆さん、最後にタイムを計ってみましょうか!」
と高らかに宣言するカナちゃんセンセ。

ふむ、新しい趣向です。

「クロールでもいいですよ。さあどなたからでも計りましょう!」
と言いながらプールから出て、用意していたストップウォッチを握りしめ。

私はクロールはどうせ自己ベストなんて出ませんから、ブレストとバタフライを計ってもらいました。
ブレストは1分02秒半ば、
バタフライは51秒前半。

マジ泳ぎですよ。
まあ、予想はしてましたが、遅いですね。
でもバタフライは壁蹴ってスタートしたあと、なんだか泳ぎ方が分かんなくなっちゃって数秒はロスしましたから、それがなければ47秒くらいは出たと思います。
それにブレストのタイムを計って、まだ心拍数が高いままでのスタートだったから、ラスト10mで息が上がって失速しちゃったってのもありましたし。

自己採点では意外とイケたんじゃないかと思ってみたり。
ま、何もかもうまくやれる事が大事なんで、結局はダメダメなんですが^^

でも泳法違反で失格だったそうです。
片手でタッチしちゃダメでしょ? と。

へえ、まだルールが叩き込まれてないんで。
その辺はおいおいと。
明日個人メドレーに出るわけじゃないんで。


そんな感じで全10時間の講習は終了。
見た感じ、皆さんきっちりとスキルアップに成功されたようです。
私もおかげさんでいくつか新しいヒントをもらったように思います。

あ、ただ…

9月には上手くできた伏し浮きでしたが、なぜか昨日は脚を浮かせられなかったな。
ちょびっと体脂肪を落としたのが影響してるんでしょうかね。
これにはちょっとがっくり。

今回もカナちゃんセンセ、どうもありがとう。
レースの前は色々と特別メニューもしてくれたし、感謝してますよん。

「さて、後期1次の水泳教室はこれで終わりですが、後期2次が3週間後から始まります。引き続き受講希望していただきたいと思います」
と営業も忘れないカナちゃんセンセ。
まあ、民営じゃないんで極端な話、応募ゼロでも困る人はいないんですけど、それはそれで寂しいですよ。

うーん、どうしようかな?
まだもう少し時間があるし、前向きに検討するってことで。
まあ、本気で個メをしようと思えばまだまだ彼女に教えてもらわなくちゃならんことだらけなんですけどもね。

スポンサーサイト
COMMENT
ブレストのコツ!(すでにご存知のことがあったらスミマセン)
・ひとかきひとけりは深く
・手を開いても顔を上げない
・キックの時姿勢(リカバリをはじめる頃に蹴る)
・タイム上げるなら、伸びすぎに注意
って感じでしょうか。
ブレストはキックで進む種目ですから、キックの効率アップがポイントだと思います♪
おはようございます。

コツ! ありがとうございます。

質問なんですが、
リカバリの前にキックするんですか?
腕を胸の前でたたんでいる時?

今回はタイミングについての言及はされませんでしたが、
昨年の今頃は腕を伸ばした瞬間くらいに蹴るように教わった
記憶があるんですけど、色々と試してみますね。

ありがとうございます。
>defdさん
映像とか見ると、トップの選手はリカバリし終わったときに、ちょうど足が開ききって蹴りはじめる……という感じに見えます。
わたしはまだそこまでガマンしきれずに、手を伸ばしていくと同時に蹴るって感じです。このほうが伸びるイメージがつくりやすいので。
ちょうどアジア大会やってますし、観察にはいいタイミングですね♪
リカバリって実は相当高いスキルが必要ですよね。
クロールでもブレスのタイミングとか考えると
ワケわかんなくなっちゃいます。

おかげさまでブレストのイメージがなんとなくできるようになりました。
次の土曜日あたり、1分カットに挑戦してみようと思います。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/468-b16a3d53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。