わたコちょ! 大会申し込み顛末

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会申し込み顛末

ちょいと古いネタなんですが…
って実は以前アップしようとして書いたのに、なんらかのエラーでアップできずに原稿文が異次元の世界に消えちゃったので、思い出して今日書きます。

私、11/5にレースにデビューする予定です。
で、10/12がエントリーの締め切りでした。
一人じゃ心細いし、寂しいんで(アンタはおいくちゅ?)水泳教室のS田さんと一緒にエントリーしようと思って誘ったんですが、頑として首を縦に振ってくれませんでした。
それを締め切り前日まで粘ってたんで、締切日の申し込みとなったわけです。

ナントカ水泳連盟ってトコの事務局に申込書を持っていきますと
「個人での参加です? チーム名とかはないんですか?」
と質問されました。
「ハイ、一人ですし… 一人でもチームとかってアリなんですか?」
と聞き返すと
「そうされる方が多いですよ」
という返答。
「ふーん、何か違い…メリットのようなのがあるんでしょうか?」
と重ねて質問。
「そうですねえ。コールされる時『第○のコース、defDくーん、○○所属ぅ』とかってチーム名も一緒に呼ばれる程度でしょうか」

そんなくらいなら別にいいや、と思ってたら
「あ、それと、チームでエントリーするとプログラムがもれなく一冊ついてきます」
「え?」
おいおい、その方が説明の優先順位が上なんじゃないの? と思いつつ、プログラムがいくらだったか要項を見直すと…一冊600円!ですよ。

エントリーフィーが一種目1100円で、私今回は25mFrと50mFrに出るつもりですから計2200円。
それとは別にプログラムも買うと2800円。
1000円札2枚と100円玉2枚を出せばいい、って感覚と1000円札を3枚出さなきゃいけないって感覚ではずいぶん違います(少なくとも私は!)。

「じゃ、じゃあチームで登録します!」
と慌てて言ったものの、そんな事まるで考えていませんからさ、その場で思いつかなきゃいかんのです。
さて…?
連盟事務局の人も忙しそうですし、あまり時間を取らせるわけにもいかない。

ふと、カナちゃんセンセの顔が思い浮かびました。
「では『チーム・カナちゃん』で」
チーム・カナちゃん。 ホントは違うんですよ。彼女の1stネームを拝借しました。
一応彼女の弟子なんで。この際チーム監督もしてもらおうかと^^



そして翌週の水泳教室。
我が道場の事務室で出席簿を私に手渡しながらカナちゃんセンセが聞きました。
「エントリーしました?」
「うん、ばっちり……ってか怒んないでよ? 事後報告ですが、経済的な理由がありまして、『チーム・カナちゃん』でエントリーさせていただきました!」

たちまちかわいらしい顔の眉間に縦ジワが!

「ハ? なんで!? どうしてそんな事するんですか? 恥ずかしいでしょ?」
「いやだって、かくかくしかじかで…」
「600円くらい私が払ってあげます! もう!!」
怒る怒る。
「いやいや、ゴメン、ゴメン。でもさ、別に恥ずかしくないって。誰にも分かんないよ」
「アタシが分かります。大会はここでやって、2度も名前を呼ばれるんですよ? 記録も残ってプリントもされるのに…あーあ、ここのスタッフは気づく人もいるでしょ!」
さらに怒る。

ねぇ…そんなに怒るとはオモワナカッタョ。
彼女にとってはアリエナイほどデリカシーに欠ける行為だったようで。
ここは反省して謝るフリをしておかないと。

「ゴメンね。だけどカワイイ愛弟子なんだからさ、ここはひとつ」
「どこがかわいいんですか!? もう、こうなったら惨敗してもらったら困ります。 メニューをすごく厳しくしますからそのツモリで!!」

逆鱗に触れるってのはこういう事なんでしょうねえ^^
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/433-d6e1811c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。