わたコちょ! 近頃のドルフィンキック

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近頃のドルフィンキック

夏ごろが我らがプールではピークでしたが、Qさまの影響でしょうけど、Dynamic・Without・Finsが流行ってます。
ウチのプールではそれほど監視員もうるさく言わないし。

Qさまで放映される前までは私もアプネアのトレーニングの一環でプールに行く度にやってましたけど、なんとなく流行りだしてからは気恥ずかしさが先に立ってほとんどしなくなりました。
TVの影響を受けたと思われるのも癪ですし^^

でも、この前海に潜りに行く前日は久しぶりにちょびっとやったんです。
なんだかすごく変化があったのが自分で分かりました。

以前はゆっくりしたドルフィンキックを打つなんてできなかったんですよ。
しゃかしゃか打って一定以上の速度を保たないと、肺に吸い込んだ空気の浮力に負けてプカッと浮いてしまってたんです。

それがね、ゆーっくり打っても水底近くの水深を楽々保てるんです。
反対に浮こうと思ったら前方に伸ばした腕で舵を取らなきゃいかん。
数mに一回打てばいいんで、息が長く持つんです。
ドルフィンキックのみの潜行では自己ベストをあっさり。
ターンして50mで止めましたが、もうちょい行けたかと思います。余裕とまでは言いませんが、多少の余力はありました。
ブレストの脚を使ったり、一掻きもして、サンバ覚悟でやったら75mは行けそうに思います。
空気を肺に派手にパッキングしてそのカウンターにネックウエイト使えばもうちょっと行けるかとも思ったり。

やっぱね、水泳の基本スキルが大切なのね、と思いましたよ。
水中での感覚をもっとつけなきゃ、と感じて始めたスイミングでしたけど、とりあえず方向性は間違ってなかったかな。

こんな事してたまに確かめなきゃ自分では分からないけど、キックの効率も水中での姿勢も多少はよくなったんでしょう。

当初の目的を忘れがちになっている事を否定しにくい気持ちになっている今日この頃ですが、ホラネ、ちゃんとアプネアもしてますから、ご心配していただいている皆様、もう少し長い目で…^^
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/430-b8f51b6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。