わたコちょ! シンクロ

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンクロ

先ごろシンクロのW杯(?)やってましたね。
すごいですねぇ、彼女たち。
ちょびっと泳げるようになってますますそう思うようになりました。
何て言うのか、マスゲームのような皆さんが同調する動きやジャンプする姿にはそれほど興味がないのですが、個人個人の身体能力にはぶったまげます。
スカリングでどうしたらそんなに脚が水上に出るわけ?
巻き足でどうして…?

ものすごく水を捉えるのが上手いんだよなぁ。
くるくるって倒立した高速のスピンだってスカリングであのスピードを出すわけですよ。
正立でも倒立でもヘソが出ちゃうしな。

すごいな。
クロールはどうか分からないけど、平泳ぎだったら大きなレースに出ても勝っちゃいそうだよね。

私が通うプールでもシンクロチームをしょっちゅう見かけますが、彼女たちもすごいもんな。
ずーっと練習してますからね。
たぶんお休みは週に一度くらいですよ。
で、朝から晩までやってます。
そうじゃないとあそこまでの動きは身につかないんだろうなあ。
音楽やメトロノームの電子音が水中に流れるとついそのリズムで泳いじゃって大変だけど…
しかもコーチの叱る声も水中スピーカーから出てくるんで、自分が叱られてる気分になるけど…

まあ、私が見たわけじゃないけど、更衣室の使い方はお行儀が悪いと悪評が立ってますけどね。
そこの点は「仕方ないよね」じゃ済まされない感じだとかと聞きますが…
ま、その辺までコーチするのは難しいんでしょうかね。

話を戻しますが、
あれだけ身体を水面の上に持ち上げられるほどの感覚ってのはやっぱ絶えずスカリング、立ち泳ぎをしてるから身につくものなのでしょうかね。
もっとたくさんスカリングした方がいいかな?
スポンサーサイト
COMMENT
小谷実可子さんと同じプールに入って、フィギュアをそばで見たことがあります。
バレエレッグ=いわゆる腿上げだったのですが、
足を水面上に上げた途端に全身が水着まで出ましたです。
凄い迫力で、元々長身の方ですが、ますます大きく見えました。
すべては、スカーリングと巻き足(バレエレッグは巻き足しませんが)の技術ですね。
でも巻き足は膝を痛めるので注意して下さいネ。
更には体脂肪率が少なければ少ないほどきつくなります。
なんと数日間どこなつさんのコメントに気づかなかった。
失礼しました。
実は右ひざの爆弾が鳴りを潜めているので、ここ数日間はそこそこ快適な日常生活を送っているのですが、前の土曜日(16日か)に平泳ぎをした時は思わず膝をぐりん!と回してしまって「はうっ!」とか言って息ができなくなりました^^
痛めている時はウィップ系じゃない蹴り方をせねばならんですね。

タコマにーさんからMixiの招待状もらったんで、その内お仲間に入れさせていただこうと思ってます。
またよろしくどうぞ。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/399-06526eab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。