わたコちょ! 自転車の道

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車の道

全然水泳の話じゃないんですけどね。


先日、花火見物しに久しぶりにチャリンコに跨り市街地を走ってみて強く感じたんですが…。
今の世の中、自転車ってとても走りにくいと思ったことないです?

以前に住んでいた街では通勤に自転車を利用していたので、今よりずっと日常的に乗っていたのですが、この事はあまり感じなかった

のですよ。もっと走りやすかった。
わが街は、チャリンコでウロウロするには不親切な街っぽいです。


歩道がね、狭すぎ!
車道も広くないといけない。ソレは分かる。
でも歩道もでーんと広くして欲しいよね。
近頃って、「自転車、歩道走行可」ってところが多いでしょ?
そりゃ、でかい道路なんかでは車道走るより歩道を走ってもらった方が安全だからね。

でも、走れないんだもの。あの幅員じゃ。
歩道での優先権は当然歩行者にあるわけですよ。
こっちが歩行者よりずっと速く走れるからといって「どいて!」とは言えない。

速度的に歩行者とクルマの中間にあるチャリンコ。
これが優先的に走ることの出来るレーンを設けていただきたいもんです。

歩道は歩行者のための道。
それは分かってますけどね、いざチャリンコに乗ってて、前を歩行者に塞がれるとついイライラしちゃいますよ。
そしたらどうするかってね、
ひょいと車道に下りちゃう。
危険極まりない気がしません?

チャリンコ乗りながら自分もそうしつつ、他のチャリンコの人たちを観察すると、そういう行為をする人だらけでしたよ。
中には後方なんて全然確認せずにね、当たり前のように車道に下りる人も多いんです。
特に子供ね。
怖いッす。

道路の行政ってのも難しいとは思うんですよ。
でもね、これからはクルマ、歩行者、自転車、と三者が平等に安全に走れるような道造りをね、していただきたいと、わが街のエライ人た

ちに強く訴えたいですなあ。


歩道と車道を分ける縁石ね。
これにも問題があると思ったな。
歩道の切れ目がありますが、一応段差が少ないように車道と高さを合わせるような作りにしてますけども、実際にはかなりな段差がある

んですよ。
自転車の細いタイヤにかかる負担は相当なもんですよ、アレ。
タイミングよくハンドルを引き上げて、前輪への負担を少なくし、前輪通過後は体重を前にシフトしてね、今度は後輪に掛かる負担を減ら

す「走り」を常に余儀なくさせる。
トライアルじゃないんだからさ。常にそんな事するのめんどいっす。
でも、それをしないと、ガツン!ってね、車体に伝わる衝撃もかなりのもんですよ。当然パンクしちゃう確率も上がる。
そうなると、面倒だからつい車道を走っちゃいがちになったりしてね。

なんかねえ、ホントこれから道を作る業務の人には自転車っていう乗り物の事ももっと考えていただきたいなあと。
そう思った花火の夜でした。


ところで安全と言えば、最近あちこちのブログを徘徊していて、こんなんも見つけました。
セコムと話そう「子供の防犯」ブログ

あのセコムなんですけどね。
へぇ、こんなアプローチの仕方もしてるんだなあとちょっと感心しましてね。
中でも興味を惹いたのは
「知らない人についていってはダメ!」は子供に通じない?
って記事でした。

自分が子供の時にも言われましたけどね、私自身はあまり言ったことないんです。
あまり身に沁みた教えじゃなかったってのもあって、全然ピンとこないんですな。
「知らない人についていくって…ありえん」ってそこまでしか考えませんでしたから。
いざとなれば走って逃げるし、とも思っていたな。

でも記事を読むと、「あ、今時だとそういう事もありそうだなあ」ってねちょっとだけ素直に思いましたよ。
「お手頃」なお子さんをお持ちの方は一度目を通されるといい感じかも知れませんよ?

他にも留守をする時のワンポイントも書かれていたりしてね、私は「へぇ、なるほどね」って思ったですよ。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/383-1051d094
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。