わたコちょ! プロテイン あれこれ 8

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロテイン あれこれ 8

続いて具体的な筋トレ法、メニューですが、
これについては対象が女性であり、目的が泳速の向上という事になると、私はここで自信を持って語れるほどの知識を持っていませんので、下手な知ったかぶりはしない方がよろしいかと思います。

思い切ってマシンが置いてあるジムでしっかりした知識のある方にメニューを作ってもらった方が確実だと思います。
私が通っているプールにも各種マシンが揃ったジムがありまして、300円/日で使いたい放題です。もちろん施設によって多少使用料は違いますが、大体どこでも似たようなものですから、週に2度か3度通っても経済的には大きな負担ではないかと思われます。

個人的には自分の考えでごく基本的にサイドバーを使っての懸垂運動と腕立て伏せを週に2日ないし3日しています。
現在はウエイトを加えてやっているので、そこそこ強い負荷を掛けています。
体幹を鍛えるには腹筋運動、背筋運動もするべきですが、腹筋運動については上記の二つを正しいフォームでしていれば、同時に「腹直筋」にもそこそこ強い負荷を掛けることになり、自動的にある程度は鍛えられます。「腹斜筋」は本来は別メニューを組むべきです。
背筋(脊柱起立筋)については甚だ怪しく、「腹直筋」にそこそこの負荷を与えているなら、その拮抗筋である背筋も鍛えるべきなのです。
私に関して言えばただ怠けているだけです。
懸垂運動でバーを後頭部の方へ引くようにすれば、多少は脊柱起立筋にも効くかも知れません。
腕立てにより脊柱起立筋もある程度鍛えられるという説もあるんですが、個人的にはその説には懐疑的で素直に信じる事ができません。
もう一度調べておきます。

とりあえずはこの二つの運動を正しいフォームで行なえば、体験上では結果(本当はまだ過程ですけど)が結構タイムにも反映される事が分かりました。

しかし、女性の場合、懸垂…できますか?
1回や2回を上げられるくらいじゃ効果的なトレーニングになるとは言えません。
筋力アップ、筋持久力アップが最終的な目標ですが、まずは筋量を増やすトレーニングを行なうべきです。
となると、1セット10回程度の運動を連続して行なえ、かつ3セットか4セット行なえる運動が合理的と言われていますので、何か別の方法を模索すべきではないかと思うのです。

ちなみに、私の所属するバレーチームに関わるお姉さんたちは、週に3日、4日とかなり頻繁にバレーをしてますが、懸垂運動は1回もできません。
使う筋の箇所が水泳の場合は比較的上半身に集中していますから、恒常的にガシガシ泳いでおられる人なら女性でも数度は体を持ち上げられるかも知れませんが、やはり筋トレの一般的な理論に従うのが最も早道ではないかと思います。

それなら「斜め懸垂」からやってみては?
という意見もあるでしょうけど、斜め懸垂で広背筋が鍛えられるものなのでしょうかね?
うーん、想像力が働かないなあ。

話は最初に戻りますが、こんな海のものとも山のものとも…なんて事で考えあぐねるよりも、最適な負荷に調整できるマシンを置いてある施設に最初から通われた方がいいのではないかと思うわけです。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/285-1c1954d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。