わたコちょ! Saturday swim 0506 (たぶん その1)

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Saturday swim 0506 (たぶん その1)

昨日は土曜日。
午後過ぎからプールへ向かいましたが…

なーんと、信じられない事に「休館日」の札が敷地入り口にかかっており、チェーンもガチッと。

「はあ~~~!!!?」ですよ。

正月にも書きましたけど、県民へのサービスというものの本質を、我が県は一体どう捉えてるんでしょうか?
ハイ、ここが県庁そのものだったり、県土木事務所とかであれば分かりますよ? 連休中にそんなトコに用がある人なんて、そりゃ少ないでしょうよ。
しかし、プールなんて性格が違う施設なわけですからね。土曜日に開けずにいつ開けるのよ?
そりゃスタッフの人事的やり繰りも難しいかも知れないくらいの事は分かりますさ。 
分かるけど、それでもあえて! 絶対おかしい。
同じ県立でも美術館や博物館、図書館はオープンしてたはずです、調べてないけど。
おかしい、絶対おかしい、と思うのであります。

と、まずは怒りの主張をしてとりあえずボルテージを下げまして…


という事で、昨年、市町村合併で我が市の一部となった、15kmばかり西の町にあるプール施設へ行く事にしました。
街の真ん中にある古い市立プールはもうひとつ気分が乗らないので、ちょっと足を延ばしてみるか、って事で。

県立プールと同じくFRPのプールです。
個人的にはコンクリートの水槽より、FRP製の方が好きです。

でも、狭かった…

コースの数も6本と少ないのですが、一本一本も狭い。
これが標準的な幅なんでしょうけど、いつも広々としたコースで気ままに泳いでいる身としましては、なんとも窮屈な感じが強かったです。
スイマー密度も高くて、泳いでいると頻繁にすれ違うわけですが、うっかり前方不注意な時などは気持ちの準備もないままにすぐ近くを通過するのでなんだかドキドキです。

経営、管理がどういうシステムなのかよく分からんのですが、元々は民間のプール施設なはずなのです。プールの名称にもその冠名が付いてるし。でも、たしか管理は旧町がしていたはずなので、合併後は市が引き継いだのかな?

…失礼しました。調べてきました。
どうやら旧町時代に3セクを設立して、そこが経営・管理を行なっているようです。
なんでこんな話に振ったかと申しますと、上記の通りそれほど広いプールではないのですが、SSでもないのに各種教室がかなり充実しているみたいで、多くのスイマーがここをホームにしているようなのです。

昨日も「マスターズ・コース」なるレース志向の中級者~上級者向け教室が開講されていて、たくさんのヤル気満々な人たちがいらっしゃり、ずいぶん賑わっておりました。

その人たちで3コースを占拠されちまうので、残りの3コースでウォーキングの人、ゆっくりラッパー、高速ラッパー、インターバルの人(何て言えばいいんだろ? インターバラー? インターバル・トレーニー?)などなどで上手く回さないといかんのです(笑)
まあ、なんとなく上手く機能してたみたいです。昨日はワガママなスイマーさんはおらんかったし。

ま、それはいいんですけど、とにかく感心したのは、上手にたくさんのスイマーを集めるんだなあ、って点でした。
私が上がる頃に始まったキッズコースも大人気だったみたいだし。
明らかに集客のノウハウは県立プールよりずっと上手ですね。
見習えとは言わないけど(人が増えるのもイヤだし)、でもなんとなく負けた気になる^^

おやおや、私まだ泳いでないですね。
ってことでレポートは「その2」で。

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/267-82c59e05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。