わたコちょ! キック考 その3

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キック考 その3

たこまニイサン、いやもう、次々と疑問を提起して下さって。
ありがたいです。

今日のお題はこれ
>けど凄く反らせる(伸ばせる?)人は内側に回す必要無いような気がするんですけど?

私も素人の一人ですから難しい事は分かんないですけど、底屈を驚異的な角度でできる人もそうでない人も、やはり内転をした方がより効率がいいと思いますよ。

そう思うのはまず足の甲の形状。
真っ直ぐぐっと底屈させれば特にそうですが、平べったい部分なんてすごく少ないですよね。
ですが、少し内股加減で足首を内転させると足の甲の外側がフラットになりません?
そんな感じで底屈も使って足首を柔らかく使えば、フィンで言う先っぽの一番柔らかい部分の出来上がりのように思うんですが。

どうでしょう?
スポンサーサイト
COMMENT
あ~、なるほど僕の足では良く分かります。
けど凄く伸ばせる足は、、、恐いので明日見せてもらいます(笑)
足は舟でいうスクリュウみたいな物です。剃らせるのも大切ですが、曲げるのも大切!
用はキックをした時に水中で足がどの位大きな円をかけているかが大切です。
キャプさま、ありがとうございます。

もし構わなければ、
>キックをした時に水中で足がどの位大きな円をかけているかが大切です。

この部分のイメージをもう少し詳しく教えてくださいませんか?
よろしくお願いします。
キックてただ真直ぐに蹴り下ろしているんじゃないんですよ。(真直ぐ動かすだけだと足首は円運動してくれません)意識として蹴り下ろしフィニッシュ前から軽く外側にひねりを加えてあげる事によって円運動は起こります(オーバーにならないよう注意!)
ストロークを考えてみて下さい。なぜS字プルなのか?
バタ足も一緒、ひねりを加える事によってより長い間内股をキープでき、足の甲全体で長く水を捕らえられるようになるからです。
足首ストレッチの時内股で行う事をおすすめします。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/251-e71b80ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。