わたコちょ! 潜り初め

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜り初め

ダイレクトに水泳ネタではないんで恐縮ですが…

今日は海に潜りに行って参りました。
朝は曇り空だったけど、昼頃から青い空になって、気温も結構上がったんで。
この季節じゃまだ寒いんじゃないか? と思われる方もいらっしゃるでしょう。

たしかに。

水温は12℃ですよ。だからいつもプールで泳いでるような格好じゃもちろんエントリーなんかできません。
が、潜り屋は普通にウエットスーツ着ますからね。
私のは素潜り用だから一般的なスクーバ用のより生地は薄いんですが、いわゆる「カブリ」ってヤツでして、デザインとしてはとても温かい仕様なんです。これだと水温12℃でもまあとりあえず平気で入れます。

06_1st



ただ、気温が低くて風が強い時は、水から出た後がとても寒くて気持ちが挫けちゃうんですけどもね。

画像は同伴者の携帯で写したヤツなんで、ちょっといじったんですけど、元の解像度が低くてはっきりしてないです。


まずはフィンは履かずにスイムしてきました。400mばかり。
やっぱ海は気持ちいいです。そしてしょっぱい事を思い出しましたよ。
ただね、生地は薄くてもスーツのデザインはクロールするようにはできてないもんで、ある意味「とても弱い大リーグボール養成ギブス」を装着してるようなものなのです。
クロールし続けるのが途中でしんどくなりました。

それから水深15mくらいの場所を選んでダイブ。
半年くらいロングフィンを履いてなかったですからね、ベアフットでのバタ足に慣れきった私の脚はその抵抗の強さにビックリしてました。

いやいやマジでまともに動かせないものですね。全然フィンを振れない。ガチッと固定されてるようにも思えました。
そういうものなのだな、としみじみ。
近頃は息こらえのトレーニングも全然してないですから、1分しか息がもたず。
ボトムでしばらく余裕こいて幼魚の群れとか追いかけたりしたら、浮上中に苦しくなっちゃって目が白黒しました^^



この季節に拘るのは、もう少しすると「春濁り」って現象が海の中で始まるからなんです。
動物性、植物性のプランクトンがね、一斉に活動を始めちゃう。
そうすると海の透明度が下がっちゃう。
もうせいぜい4mとか5mくらいしか先が見えなくなっちゃって。
だから一年で最も水温が低い頃なんですけど、今くらいに潜らないと楽しくないんですよ。
春濁りは6月の半ばくらいまで濁ってる年もあります。

残念ながら、ちょびっと始まってましたね。
これくらいの水温なら25mくらい抜けていてもおかしくない季節なんだけど、今日は15m、16mくらいの海底がぼやけてたから。

ああ、楽しかった。
やっぱ海はいいですわ。
機会があったらこの夏は皆さんもぜひ海に潜ってみてください。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/215-73e3e50d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。