わたコちょ! 続 水泳教室 9

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 水泳教室 9

先週休んじゃったから昨日は9回目だったのですね。
来週はもうラストです。

受付に顔を出すと、カナちゃん先生がなんだか浮かない顔で窓口へ出てきて、
「すいません、ワタシ今日はプールへ入れないんです」 と。
「どうしたの?」
「実は……」

ちょっと大きなケガをしちゃったそうです。
あまり詳しく書くとなんかマズそうなんで、この程度でやめますが、全治2週間と診断され、今週はドクターストップがかかっているとの事。
そこで昨日はS先生が代打としてプールサイドに登場。

「ははは、彼女ね、尾てい骨を折っちゃってね!」と爽やかな笑顔で大嘘を吹聴しております。
もちろん冗談で言ってるのは分かりますが、カナちゃんもうら若き乙女(?)なのに「尾てい骨骨折」はちょっとかわいそうだなぁ^^ 
事前に本人に詳しく聞いてなかったら私もS先生の吹聴を信じちゃってただろうし。

とりあえず今回判明したのは、立場的にはS先生はカナちゃん先生のボス筋だけど、各教室の細かなカリキュラムについては完全に担当者の裁量で決められており、それを報告したり相談したりするような義務などないのだという事ですね。
普段私らが何をどんな具合に教わっているのか、詳細はほとんど知らないようでした。

そういうものなんでしょうけどね、ちょっと「ふーん…」って個人的には思いました。


時刻前のプールサイドではストレッチの指導をS先生自ら。
普段やってるものにちょっと変化をつけて、筋を強く伸ばしたり。
「こんなバリエーションもありますよ」って感じですね。

水に入ったらウォーキングから。結構丁寧に歩きました。
その次の板キックも色んなことしましたね。

1.ビート板に片手で掴まり、余った腕は体側。ブレスする時のロールを最小限にするように意識してバタ足で進む。

2.体側の腕の抜き上げを追加。ハイエルボーでリカバリーするフォームですが、手の平が顔の横の方へ来たら、そのまま体側へ戻す。繰り返し。

とか色々。
カナちゃんセンセのようにスイミングスクール風でもなく、ちょっとずつ変化をつけて、結構延々とバタ足をしておりました。
とりあえず皆もそこそこ泳げるようになってるんで、クロール、バック、ブレストと3つの泳法の「脚だけ」、「ちょっと腕を絡めて」、「スイム」を一通りチェックって感じで。

他の方へは「もっと肩甲骨から伸びるようにグライドして」とか細かくアドバイスがあったんだけど、私はほとんど何も言われなかったです。
これは目立つ欠点はとりあえずなかったと解釈してもいいのかな?
あるいは見てくれてないのかなあ? とか色々と思ってみたりして^^

一番最後はCT1′30″でクロール50mを4本。
終わったら心拍数を計るようにとの指示。

換算するとヘルシー氏とか他の方はせいぜい150くらいなのに、私だけどかんと190を超えてる。
私が一番若いんですけどねえ。
先頭だったので、確かに必要以上にリキ入れて飛ばし気味で泳いだんだけど、それを差し引いても私の心拍数は高めだと思いますよ。

3本目の途中でかなり強い筋疲労を感じ始めました。乳酸たまりまくりって感じで。



今回、S先生とカナちゃん先生、同じ事を言うのでもそれぞれ表現の仕方が違うから、「あ、アレはそういう事だったのか!」ってのがいくつもあって新鮮な感じがしました。
でもやっぱ、S先生は長嶋さん風だな。感覚的な表現が多い。
「ひゅーっと来た球をネ、こうカーンと打てばいいんですよ」系
どっちかと言うと女性だけどカナちゃんセンセの方が理屈っぽい指導だと思いましたね。
言い換えれば、私のような小理屈好きな素人には分かりやすいのかも。

とは言え、「違う方の違う言い方」ってのも大切だなあ、と思いましたよ。


何の疑問もなく延長タイムに入って、
「2ビートとか6ビートとかってありますよね? 私、メチャクチャビートなんですけど」と質問すると、
「ああ、defDさんはね、2ビートを集中して練習してみなさいよ。初めは間がもたなくて難しく感じるかも知れないけど、自分で思ってるよりもっと小刻みなリズムで回転上げてね、ビッビッビッビって感じで」 
というお答え。
2ビートが正確に刻めるようになったら、4も6もきちんと打てるよ、と。


「皆さん全員に言えるんですが、やはり下半身が沈み気味だよね。あれが自然体で水平を保てるようにならないともう一段上の感覚を味わえないんだよね、男の人は…特にヘルシーさんとdefDさんは体脂肪率低いから伏し浮きをメニューに必ず入れるようにしてね。
前のめりな感じをしっかり身につけたいよね
今はまだキック打って修正すればいいんだけど、やっぱりそこより上の感触を理解できるともっと楽に泳げるようになるからね」

うーむ、課題が多いことです^^

来週の最終日にはカナちゃんセンセ、意地でも復活するそうです。
スポンサーサイト
COMMENT
defdさん お久しぶりです。
インフルエンザは治られたみたいですね。

報告ですが ドルフィンキックは20mをやっと行けましたよ。
もうちょっとが難しいと思うのですが いつか25m泳げそうな気がして嬉しいです。
どこにお返事してよいかと思いながら ここに書き込みしています。
defdさんが泳げるまで回復されてよかったです。

一度海に潜ってみたいと思っていました。
よく海に潜った写真とかあるじゃないですか?
あんなのを体験してみたいです^^
きっとdefdさんが言われるように楽しいのでしょうね。

それから胸パットについて 男性からの意見をありがとうございます。
とても参考になりました。
意気地なしでもよかったのですね(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/203-a1822ed0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。