わたコちょ! 続 水泳教室 7

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 水泳教室 7

なんか変わった機能がある事を発見。ナンタラテキストエディター?
ちょっとつかってみます。


昨日水曜日は水泳教室第7回目。9月から数えるとトータル17回。早いもんです。


カナちゃんセンセ、昨日はなにやらここまでの経過チェックをするから、などといい始めまして。


ウォーミングアップはウォーキングから。
ウォーキングでのテーマは手首、足首からの脱力。
手足を大きく、小さく動かして歩くわけですが、手首足首の関節には力を入れずにプラプラとさせる。ただし、それ以外の筋を動かす時にはフルパワーを込める。


彼女の発する言葉の端々を繋げると、どうやら手首より先、足首より先では水の捉えを感じろ、ということのようです。
また、普通に歩くよりはかなり強度の高い筋トレにもなっている部分があるし、反面、ストレッチ効果が起きている筋もあります。


横歩きの時は肩の高さに横に上げた腕を降ろして体の前で交差。
手首の力を抜いて、指の力も抜いて、指がカルマン渦の影響を受けてブルブルと強く振動するように。


これね、大胸筋のいい筋トレになりますわ。何度か25mを往復しましたけど、終いの方では大胸筋にかなり疲労がありました。もっとしつこくやったら攣るかも知れません。
最大筋力の強化には向いてないですけど、筋持久力の強化にはいいでしょうね。


泳ぐのに疲れたらこういうエクササイズもいいかも。


で、それらが終わってから
■板キック ノーブレス
■ノーブレス キャッチアップ
■キャッチアップ
■クロール


などを各50mくらいづつ一人一人やって、カナちゃんセンセが観察して…って感じ。


■バックのキック


これが終わると、
「じゃあ今から10分間泳ぎ続けてください。ずっと泳ぎ続ける事以外の条件はつけません。泳法も問いません。好きな時に好きなように泳法を変えてくれても構いませんし、もちろん変えなくてもいいです。ただし、休憩はしちゃダメです」
と言い出しました。
私がおずおずと
「今日はバックのストロークの日だったのでは?」
と聞きますと、
「それはその後にやりますよ」
と答えが。


で、スタート。
10分と言うと、私のパーソナルベストから計算すると450mくらいは泳げなくちゃいけませんが、それはクロールのみで、しかも私としてはかなりな高強度の運動をし続けなくちゃいけない。
途中でブレストとかを入れたらどうしてもペースが落ちるんで、ヘルシー氏に先に出てもらって、私はのんびりと付いて行くことにさせてもらいました。


ヘルシー氏、体力温存泳法です。
クロールだと追いつき気味だったので、ブレストに切り替えると今度は離される。そんな感じでのんびりと。


途中までラップを数えてたんですけど、フォームとかパドリングの水の捉えとかを気にしながら泳いでいたら分からなくなっちゃって、10分泳ぎ終わって何ラップしたかと問われても即答できませんでした。
ヘルシー氏と顔を見合わせながら、
「たぶん6往復か7往復。400mは泳いでないと思いますが…」と答えると、ちょっと複雑な表情のカナちゃんセンセでした。
もっとガンガン泳がなくちゃいかんかったかな?


続きは、そんなにないんですがまた後ほど。

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/193-c1505fb9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。