わたコちょ! レジトレ -スナッチ編-

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジトレ -スナッチ編-

これまで何度かこのエクササイズの事にも触れた事がありますが、個人的にはこの種目で筋力を増強しようとは考えておりません。 レジトレ愛好家の皆さんにももしかしたらあまりお馴染みではないかも知れません。
ベンチプレスなら主に胸、スクワットなら主に脚、デッドリフトなら主に背中、と増強したい部位にじっくり負荷を掛けるのがレジトレの通常の方法です。
ですが、このスナッチというのは大腿の前辺りにぶら下げたバーベル(床からでもいいですけど)を、体中の多くの筋を稼動させて一気に頭上高々と挙げます。 多くの腱のバネも利用して、いわゆるチートしまくりな種目です。

最初は肩まで挙げるクリーンを教わりました。でも、これは試すのを早々にやめたのです。と言うのは、ワタシにはその肩まで挙げた時のフォームをきちんと作る事ができなかったからです。 腕や手首の柔軟性に問題がありそうな感じがあり、正しいフォームを習得できる頃には慢性的に痛い箇所をたくさん作ってしまっているような怖い予感もあって、そんな時にスナッチを知ったのでさっさと切り替えたのです。
頭上まで持ち挙げる分、クリーンより扱う重量も軽めなんですが、ワタシがこれを行なう目的は筋力増強ではないので問題ないのです。

ここでは敢えて紹介しませんけど、「スナッチ」で動画を検索してご覧になってみると、その内のいくつかでは引き上げたバーベルが顔の前を通過する頃に、足裏が床から離れる一瞬にお気づきになる方もいらっしゃるかと思います。
足が床から離れる瞬間というのは、即ちジャンプです。 
全力ジャンプってのは脚力だけで跳ぶのではないですね。体中の筋力や腱をタイミング良く(ごく短時間に順序正しく)動員して跳びます。 この時の負荷が自分の体重だけなら少々タイミングにバラつきがあったり、動員されないモーターがあっても、それなりに床から離れる事もできるのですが、そこに幾らかの重量を付加してやるとそれでは途端に難しくなります。

瞬間的に素早く、そしてタイミング良く全身を連動させられる神経回路。 スナッチによってワタシが向上させたいのはコレなのでした。
それプラス、じっくり行なう他のエクササイズでゆっくりな収縮に慣れてしまった筋繊維に「本来はこういう速度で反応して欲しい」と思い出させる意味もあります。筋力のトレーニング自体が基本的にスローな動作で行なうものですから、そのために筋の収縮が遅い動作に慣れてしまってはちょっとマズイんです。
いわゆる運動エネルギー(直線)の公式はJ=1/2mv^2となっております。m=質量、v=速度です。
面倒な話は全部端折りますけど、流体抵抗の公式も速度の二乗が乗っかってきますし、詰まる所、スピードは速いに越した事がないんですよね。
そういう目的でワタシはスナッチを欠かしたくないと思うんです。

マグレだったかも知れませんけど、昨年の秋のレースのスタートではいいリアクションができました。それなりに効果があったのではないかと思ったり思わなかったり^^

そういうつもりのスナッチなので、扱う重量は比較的軽めです。 数ヵ月に亘るエクササイズ中断前でも37.5~40.0kg(5reps)でやってました。 45kgにすると3発しか連続で上がらないし、フォームも乱れ、ちょっとふらついて危ないので、まだ45kgで行なう資格はなさそうでした。 再開後、35.0㎏までは以前と同じような感じで挙げられるようになりましたが、この前40kgを試してみたらまともには2発しかできませんでした。


それにしても、ワタシの思うに、エクササイズの約18時間後くらいから猛烈に湧いてくる僧帽筋の筋痛はコイツが主な原因ではなかろうかと。 先ほども触れた通り、それほどの重量じゃなくても、動作を素早く行なおうと思うと、かなりの負担を体に掛けてるのではないかと思います。
ワタシ自身はスナッチの必要性は高いと信じておりますが、そういう理由もあるので、敢えて皆さんにオススメするべきだとも思ってません。実際、数日間の間は僧帽筋にかなりのダメージが残ります。


ってな感じでワタシがメインとして欠かさない三種目を水泳と関連付けて紹介してみました。 もちろん他にも補足的なエクササイズを行なう事が多いです。 いわゆるキャッチとプッシュをよりしっかり行なおうと思えば、上腕二頭筋、上腕三頭筋をもう少し苛めておきたい所です。 広背筋へのエクササイズとしてラットプルダウンもなるべく欠かさないようにしてますから、そのラットプルとベンチプレスでそこそこ上腕の表裏には刺激を与えてますけれども、正直申しまして、ダンベルできちんと追い込んでやった方がずっと効率的だろうとは思ってます。

他には…
腹筋の6パックやサイドにはあまり気をつけてないのはちょっとマズイですかねえ^^ 多分、腹直筋なんて拮抗筋である脊柱起立筋と全然バランスが取れてないでしょうね。 近頃は特にボテボテ気味だし。
他のエクササイズやってれば、自然とそこそこ強い刺激が腹筋にも及ぶはずなんですが、この考えは甘いかも知れませんね。

スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1427-9514bffc
まとめtyaiました【レジトレ -スナッチ編-】
これまで何度かこのエクササイズの事にも触れた事がありますが、個人的にはこの種目で筋力を増強しようとは考えておりません。 レジトレ愛好家の皆さんにももしかしたらあまりお馴染みではないかも知れません。ベンチプレスなら主に胸、スクワットなら主に脚、デッドリフ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。