わたコちょ! 新 On Thur. Swimmin' 120413

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新 On Thur. Swimmin' 120413

久しぶりに練習レポートを書いてみます。

Crの左右への軸のブレについては、先週サツキちゃんに「キックする方向が…」とヒントをもらって、あっ!と思い出したことを実行してみました。 “蹴りは鉛直方向へ” 
そうでした。やってみると自分でも少々驚くほど左右への脚のブレが治まり、軸が軸として機能し始めたのを感じました。 くーっ…F木道場に入ってほぼ最初の頃に教わった基本中の基本でした。
ですが、普通にできる人にとってはどうって事のない技術なんですけど、これを意識したことのない人にとってはかなり難しい体の使い方ですよ。 以前にも書いた事がありますが、腰部のツイスト運動が必要となります。 
少し具体的に記すと、クロールですから軸を中心に上体は大なり小なり左右へ必ず回転運動します。 ちょっと前に盛んに謳われた二軸クロールだって、それなりに傾きは発生します。 その上体の傾きに引きずられて脚部も一緒に傾くと、結果的に左右への軸ブレが発生するんです。 そこで上体の傾きとは反対方向へ腰を捻る! すると、斜め方向への蹴り出しが少なくなり、軸ブレを抑えられる、というわけです。
ところが、文字で書けばどうって事のない技術ですが、実際にトライしてみると、「何が何だかわかんねーっ!」って人がきっと大半ではないかと。 キックとカキの連動タイミングも関係してきますしね。 
最終的には意識下から外して自動化しなきゃならん動作ですが(他にも考えなくちゃならん事が山ほどあるので)、昨年まではワタシもそれなりに練習頻度を保てていたので、まあできてたハズです。 この件に関してはしばらく注意を受けなかったし、大きな軸ブレもあまり感じた事がなかったから。 でも残念ながら、まだきちんとはクセとして体に刻み込まれてなかったようです。

連動のタイミングに関しては、時折いらっしゃいますが、「カキとキックのタイミングなんて通常と逆でも関係ねーよ」って説の人は、だから軸が大いにブレてる可能性があります。 お心当たりの方は再考してご覧になるのをお勧めいたします^^
もちろん、タイミングが逆でも、ツイストなんてしてなくても、オレは軸ブレなんて生じませんよって方へは説得力のないオハナシですから、聞き流して下さっても問題ありません。

他にも書きたい事があったんですが…
これからは短め短めを心がけようと思うので、また別の日に書きます。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1422-1beacde9
まとめteみた.【新 On Thur. Swimmin#039; 120413】
久しぶりに練習レポートを書いてみます。Crの左右への軸のブレについては、先週サツキちゃんに「キックする方向が…」とヒントをもらって、あっ!と思い出したことを実行してみました。 “蹴りは鉛直方向へ” そうでした。やってみると自分でも少々驚くほど左右への脚の...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。