わたコちょ! Sat.Swim Report 110910

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 110910

ちょうどウチのコーチが大学生の現役選手ちゃんにちょっとした訓話を述べてる時にプール室へ入りました。
「水を掴むとかカキについての技術に関してはもう言ってやれる事はあまりないけど、だからこそ大事だと思うのは推進力が発生してない時の意識だよ」
簡単に言えば、ストリームラインとか避抵抗への考え方ですよね。

当たり前っちゃそうなんでしょうけど、個人的には少々くらっとするような感銘を受けました^^
手の指先から足の指先まで、神経を行き届かせ続けるってのは意外と・・・と言うかとっても難しい事ですよね。

ワタシなんかも避抵抗への考え方、ハイドロリクスって言うんですかね、これをもっともっと追求していく事の方が、筋力を上げる事よりも少なくとも2倍くらい大事な事だと思うんですよね。 少なくともですよ。 ひょっとしたら10倍くらい大事かも。
だけど、パワーを上げるにはどうすればいいのか実行しやすいけど、抵抗を下げる努力って、なかなか自分の泳いでる姿を客観的に観察できないから努力の仕方が分かりにくいよね。

しかし、アレですよ。 ワタシなんてバイオラバー水着を穿いた時くらい脚が浮けば、50mマジ泳ぎで2秒違っちゃうんですからね! ホント、そういうもんなんですよ。


なんだかここまで書いてて、ちょっと落ち込んできちゃった(笑)

えーっと、土曜の練習で強く印象に残ってるのは、プル練の時のカキ数チェックですね。
何気なく泳ぐと、20m25m/14ないし15カキくらい。
ちょっと強く水を捉える意識を持つと13カキ。 12カキにしようとするともう無駄にグライドしちゃいます。

その昔(ちょっと昔と書くべきか?)、ロスの時に日本代表であった我らがS本師が、某水泳教室の講師として子供たちに教えている姿を収めた動画がある、とコメント欄に書いちゃった日がありましたが、その動画を観ると、S本師は12カキで泳いじゃってると思います。多少はゆったり系ですが、無理にグライドを長くとってるってワケでもなく、自然な感じで泳いで12カキ。 ちなみに19秒か20秒くらいです。 
やはりなかなかS本師の境地に達するのは至難かなあ?って思っちゃいますねえ。
でも、ワタシが水泳を始めて間もない頃・・・そうですねえ、5年かもうちょい前かな? 観てたら、S本師ってば8カキとか9カキで泳いでたと記憶してるんですよね。

効率良く泳げるようになりたいものですなあ!

スポンサーサイト
COMMENT
defDさん、20m14~15かきって書かれてますが、25mではなく20ですか?
スタートの分を差し引いてるんでしょうか?
たたーの場合、どうしても25mあたり22かきより減らないんです。
無理にグライド長くしても。
やっぱり抵抗大きすぎですかねえ?
普段からゆっくり泳いでますからレース用の泳ぎに比べたら少な目なのがふつうですよね。
うーん、やっぱりあきませんなあ。
ご指摘ありがとうございます。本文を書く時に蹴伸び分を考慮に入れるべきか?とチラッと考えたのを思い出しました。 どのみち25mプールでの片道分のカウントであるのは間違いないです。すんません。書き直しておきます。

まだ疲労が蓄積してない状態での22カキだと問題があるかも知れませんねえ。ケノビ分を差し引くと1カキで1m進んでないかもって事でしょう? 仰るように抵抗が大きいのか、引っ掛け方が甘いのか、それとも両方かって事になりますよね。

「ゆっくり泳ぐ」ってのも、速度そのものを指すのか、動作を指すのかによって解釈が変わると思いますが、できれば優雅に見えて速いってのがいいですよね^^ ワタシも最終的(生きてれば20~30年後くらい?)にはそういう境地を着地点としたいと思ってます・
やっぱり疲労しない状態で22かきは多いですよねえ。どこで抵抗が多いのか、腰が反ってるせいなのか泳ぎの動作によって体がぶれすぎてるのか、診断してほしいもんです。
そういう時には手軽に水中撮影できるシステムが欲しいトコですよね。最近はハウジングに入れなくても数メートル程度までの水深なら水中で使えるデジカメやビデオカメラが比較的安い価格で売ってますから、プール管理者との協議によってはそれほど難しい事でもないかも知れません。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1410-82d2c003
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。