わたコちょ! 練習お休み

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習お休み

昨日は町内会の用事がカブっちまいやがりまして、残念ながら泳げませんでした。
そこで、本日はちょびっとだけレジトレのネタを。

一般的にはウェイトトレーニングとも呼ばれるバーベルやダンベルを使ったエクササイズで一番ポピュラーなのは、やはりベンチプレスではないでしょうか。 胸を鍛えるエクササイズの代表格です。
男子としては、大抵の人が見た目としても盛り上がった大胸筋が自分にある事を願うと思います。 スイマーとしても大胸筋が発達していると、実際には遅くとも、プールサイドを歩いてる限りではとても速そうなアピールにはなります(笑)
クロールで大胸筋の筋力が大きく必要となるのは、キャッチ動作とプル動作の前半部でしょうかね。 キャッチはヒジを曲げるだけの動作ですから、上腕二頭筋だけじゃないの?と思われる方もいるかと思いますが、水の重さに負けないように素早くガチン!なキャッチをしようと思うと、上腕の小さな筋肉だけじゃ全然パワーが足りません。 実は胸の筋肉も強く使うんです。 
まあ、大胸筋に限らず、とっくに成長期を過ぎちゃってると、水泳の刺激くらいでは筋肉なんて必要分さえなかなか発達するものではありませんから、ちょっとでもパワーアップしようと思えば、ただ泳ぐだけでなく、明らかに筋力が増加するようなエクササイズを行なう必要も生じます。

単にパワーアップすれば速く泳げるようになるわけじゃないんですけど、それでもパワーや筋持久力があるに越した事はないわけですよ。
や、個人的にはいつも週の半分は筋痛で「いててっ・・・!」なんて呻いてますが、泳ぎにその成果が顕れてるとはほとんど思ってないです。 むしろ「常に体が痛いだけ損」な気分で満ちてるんですけども、やめちゃうとガクンと遅くなってしまうような強迫観念もあったりしまして、今となってはなかなかレジトレをやめてしまう気持ちにもなれず、体を鍛えるという行為はなんだかあえて底なし沼へ歩みを進めているような、そんな気さえいたします。


ところで、ベンチプレス。
先週はジムを休んだので、さらにその1週間前の火曜日の事だったはずですが、元プールスタッフで、ジムの責任者だったT部氏がたまたまジムにいて、私のベンチプレス姿への寸評をもらったのです。
彼曰く、
「色んな考え方がありますけど、バーを降ろす時はきちんと胸に着くまで降ろしましょうか。 あと少しですけど、可動域をフルに使った方がいいと思いますよ」
って事でした。

そうなんです、あと4cmか5cmってとこなんですが、ワタシ、あえてバーを胸に当てないようにやってたんです。 と言うのも、剣状突起辺りで上下するように気をつけていても、バーを胸骨に当たるまで降ろすと、やっぱ右肩が痛い感じになるんですよね。 ちょっとそれがイヤで、「まあ、あと4~5センチの事だから・・・」とフルレンジをあえて避けてました。
それはやっぱりイカンよと。

ワタシも素直なオヤジなので(笑)、今週はこれまでよりずいぶんプレートを減らして、フルレンジでベンチプレスをやってみました。 軽くすると胸骨までバーを下ろしてもあまり肩が痛くならないんです。
なるほど、やはり可動域を目一杯ってのは大事な事かも。
結局これまでより7.5kgも軽いウェイトでやったのに、翌日の筋痛の程度はこれまでと同じくらいあったんですよね。 つまり刺激の程度としては同じくらいあったと看做せると考えてもOKだと思います。 
たった4~5センチですけど、そこが大事なトコなんでしょうなあ。 逆に言えばお得ですよね。 7.5kgも軽い重量なのに、胸へ降ろすだけでその分と同じくらいの負荷を与えられるのであるのなら。 肩も痛くないし。

多分、とてもいい助言をもらったんだろうと思います。


なので、ジムへ行く時間なんてとても取れないよ、って人でも、この可動域をフルに利用すると効果が増すわけですから、プッシュアップ(腕立て伏せ)でもプッシュアップバーを利用したり、わざわざ買わなくても代わりに百科事典みたいな分厚い本を利用したりして、さらにスロトレの効果も併用すると、十分に強いキャッチやプルの前半部を実現できるのではないかと考えた次第でございました。

スポンサーサイト
COMMENT
ベンチプレス、私も、胸にバーが付くまで降ろします。こうすると、肩に負担がかからない、鎖骨から遠いところに降りているかどうかのセルフチェックにもなりますね。Push-Up Barでやると、前につんのめりそうになるくらいバランスが悪い位置です。若い友人で、「プールサイドで速そうに見えるだけでいい」とベンチプレスに励み、インカレのアッププールのプールサイドを歩いて違和感がないくらい(?!)になった人がいて、実際、半フリで、生涯ベスト29秒99(短水)を出しました。この”生き証人”のせいで、ベンチプレス&Push-upは止められません。
ダンベル バランスボールなど家の中にも転がっていますが 筋トレ苦手な私には邪魔なインテリアになってしまっているなあ(笑) 
筋力アップのためダイエットのためなど 目標達成にはやり方や器具利用法も自己流ではなく専門家の人に助言して頂いた方がいい効果が得られるのだとあらためて思いました。
私のサツマイモみたいなチカラコブや背筋はきっと毎日の重い買い物袋で出来たんでしょう(笑) スイム仲間はバタフライのせいだと言いますが・・・水泳では筋肉はつかないですよね^^;
yfmiuraさん
前につんのめりそうになるプッシュアップは、実はベストなバランスなんですよね。 yfmiuraさんのコメントをワタシの励みにいたします^^ 更なる強いキャッチを目指します。
かんこさん
水泳でも何でもより正しいフォームって大事だと思いますよ。 
もちろん、水泳で筋肉に刺激を与えられないという事ではないんですが、いわゆる筋トレの原則からすると、筋量を増やすという点においては、よっぽど強度の高い練習メニューでなくては、水泳はとても遠い運動と言えます。 とは言え、それは飽くまでも教科書的な理屈で、100%ではないですから^^
たたーは最近は水泳しかやってません。腕の筋肉だけはついてきてる感じがありますが、腕でかくのは正しくなさそうですね。

#最近、携帯サイトでコメントの投稿がうまくいきませんでした。今日は行けそうな感じです。FC2さんのシステム、バグFIXしたんでしょうかね。
たたーさん
上腕をかなり強化しても、やっぱりキャッチの際はずいぶん胸の筋肉を使っておられると思いますよ。ヒジをガッ!て折る瞬間、胸でちょっと押し込む動きもないと、肩を痛めちゃうんじゃないかと思うんです。 や、これはワタシの主観なんで、信憑性には甚だ乏しいですけども。 
携帯からは調子が悪かったですか? ワタシは携帯からコメントを投稿した事なんて最近ないので分かんなかったです。 きっとワタシじゃなくてFC2のせいかと思うんですけど、FC2に代わって陳謝させていただきます。
上半身の筋トレやりたい、、、

私、腕立て伏せとか懸垂をやると、すぐ肘の内側が痛くなっちゃうんです。
回避する方法はないんでしょうか~
pushとpullで反対の動作なのに同じ箇所が痛くなるんですね。痛く感じるのは腱ですかねえ? 靭帯や腱だとすると鍛えようがないですよね。多分病院へ行ってみても埒明かないでしょうし・・・  腕の幅の間隔や位置を色々工夫してみた事もあるんでしょうし。
それでもやはり関節部の構造とか強度の話となると、ドクターの話を聞いてみるしかないでしょうかね。 知り合いにもヒジが痛くなった事がある人がいないので、とんと役立たずで申し訳ない。

COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1404-3ce52159
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。