わたコちょ! Sat.Swim Report 110813

わたコちょ!

伸び悩むdefD。果たしてもっと泳げるようになるのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat.Swim Report 110813

今年は初盆で、この土曜は練習に出かけられないかもと考えていましたが、夕方前に2時間ばかり隙を見つけて、帰宅時に買い物を請け負うという条件で外出許可を取り、すかさずプールへ出かけました。レース前ですからね。
出かけるときは夕立が降りだしそうな雲行きだったのに、着替えて長水路に出ると雲が切れ始めていて、煌々と8月の太陽が照りつけておりました。 やっぱ必要以上の日焼けは避けたいので室内短水路へ戻ってみると、意外に空いてるじゃないですか。 水の濁り具合と天秤に掛けて、もう少し日が傾いて長水路に陰が掛かるまでは中で泳ぐことにしました。

w-up2001Fr-Ba-Fr-Ba/502005
K5042m00sIM-o2008
P5041m30sIM-o2006
S5082m00sFr(Desc&Ez)*4   Ez=IM-o40016
S2562m30sFrPitch up15015
S5034m00sFrAllout15012
C-dw2001ChoLoosen20010
Total150072


メニューは今月になってはもうお馴染みのM本スピード系改です。 サークルや本数はちょこちょこいじります。
この土曜は25*6ピッチアップのサークルを延ばして、最後のオールアウトを3本に減らしました。 より楽な方向へチューンしてますが、ここら辺は正味で全力を出せなければ泳ぐ意味が著しく薄れる箇所なので、単にラクチンさを求めてのものでもないのです^^

スイムに入ってからのディセンディングの1本目は46秒だったので、2秒ピッチで4回目のFrは40秒で戻ってくるのが目標。 まだまだスタミナはたっぷりですから、カキの回転さえガンガン上げていけば、最後に40秒を達成するのはそう難しい事でもないんですけど、ここはまだ意識してなるべく回転を抑え、ストロークの重さと長さで40秒ないし39秒くらいで戻って来られるように泳ぎたい所です。 もちろん、回転を抑えた上でもっと速いタイムを出せればそれに越した事はないんですけどね、現実はそんなに甘くない事を水泳歴6年? 7年?にしてようやく理解し始めました。

と思っていても、まだ腕を比較的スムーズに回せるので、だんだんピッチが上がっていったかも知れません。まあ、なんとか39秒くらいで4本目というか7本目を終えて、とりあえず一息つきます。

で、次はある意味ではこの日一番のお楽しみ、25*6 ピッチアップ。 脳内Musicは当然の事ながら「君は天然色」。 
自分の感覚ではもはや振動でしかない高速6ビートは「君は天然色」の前奏部分で再現しやすい事を理解できましたが、その前段で、数発のバッタキックからバタ足にうまく繋げるのがまた意外と難しい事にも気づきました。
ステッィクのカウントに合わせての両足キックじゃ、のんびりしすぎてるんですよね。 だけどその後の三連符に繋げるにはあれ以上のテンポではカウントできないし、少々悩ましいです。
試行錯誤の結果、「カン、カン、カン、カン」と4カウントして、その間に8発の高速バッタキックをかまし、そこから三連符でバタ足に移行するのがそこそこスムーズな感じなんですけど、バッタキック8発は多すぎですし、その辺はもうちょい調整が要るかなって感じです。 
1カキ目を始めるタイミングもなんか難しいんだよね。 難しく考えるからなんですけどね。 もっとシンプルに感じたようにやれば自然にできる事なんですが、そうすると全体にのんびりモードになっちゃう。
なんだかレース間近なのに変なことばかり悩んでますわ^^

そうか、肝心な事を書き忘れていることに今気づきました。 
「君は天然色」の三連符にキックを合わせて、カキのピッチを作るとですね、ワタシの場合は、微妙ではありますが、リカバリしてエントリ後のグライドタイムを設ける事ができるんです。 ピッチを早くしよう、もっと回転を上げようって意識してしまうと、グライドでぐぅーっ!と進行方向に腕を伸ばす余裕がまったくなくなっていくんですよね。 
僅かでもグライドをきちんとするのは絶対に大事だと思うんです。 エントリしてそのままキャッチ動作に入るようなカキをしちゃうと、すぐに収まりが悪くなって「ヤンチャ坊主泳ぎ化」しちゃうんですよね。 バチャバチャバチャとただ腕を回してるだけみたいな。 そうなってくると、「こんなんじゃダメだ!」って分かっていながら、自分では制御できなくなって、結果、ストロークの長さもだんだん短くなり、カキの空転を招いてしまいます。

その点、今回の作戦は頭の中とは言え、歌(と言うか前奏)を歌いながらそれに動作を合わせるので、ただ腕をぶん回さなくちゃ!って意識を外す事ができて、グライドする時間をほんの僅かながら確実に確保できる感じなんです。
グライドできてる事を自分で分かれば、ワタシとしてはそれは「クロール」なんですよね。 ヤンチャ泳ぎじゃなくてクロール。 そこん所が自分としては肝心なトコかと思ってるんです。
もちろん本番で上手くいくかどうかはまだ分かんないです。本番となればアドレナリンが噴き出て、脳内時計も大いに狂い、結局ヤンチャ泳ぎになってしまうかも知れませんが、今までと同じ事を繰り返してもつまんないので、別のアプローチ法を試してみてるってトコです。


なんだかグダグダと長くなりましたが、アレコレと試しながらやった25*6は木曜日の方がいくらかタイムがいい感じで、ワタシとしては不満の残る6本でした。 ま、これは納得できる回転を作る練習なので、壁蹴りスタートの25mで16秒とか17秒についてどうのこうの言ったってしょうがないんですけども・・・

最後の50*3 Allout は長水路でやろうと、再び外へ出ますと、またもや上空の雲が厚くなっており、泳ぎやすい感じになっておりました。 
まずは1本目。 狙ったテンポとストロークの強さ長さで行けた感じはあるんですけどねえ、やはりちょっとタイムに不満が・・・
練習の最終盤とは言え、もうあと1秒、2秒上げていけないかなあ? 
たっぷり3分以上もレストを取って、2本目。 もっと残念ながら、スタートから35mか40mくらいで失速してしまいました。 電池切れです。
3本目は25mで腕が動かなくなりました。 
たしかに全力を使い尽くす練習なので、そう何本もできないのは当たり前なのですが、まだスタミナが不足な感じが強いですねえ。 レストの数分ではATPを産生できてないですねえ。 
これから1週間ばかりはBCAAローディングが必要かも知れません。 思い切ってクレアチンサプリも買ってきちゃうかな?

スポンサーサイト
COMMENT
お盆休み、何かと時間確保が難しいです。そして休館日でないプール探しもしていました^^;
ジャパンマスターズ以来長水プールでは泳いでなかったので 日曜日に久しぶりに行ってきました。
ダッシュもしておかないと!と思い チャレンジしましたが50mは遠かったです。 いつもの25*○本に慣れきってしまっているので 後半の25mはダッシュではなくただ壁まで泳ぐ・・という感じになってしまいました。
普段から50mプールで練習出来れば泳力もつくだろうなと思いました。
来週はお世話になります。14日の日曜日はちょっとだけ松江に帰ったのでF木コーチに泳ぎの指南をしていただきました。2週間前長水路の大会に出たのですが、やはり50mはつらい。では、21日を楽しみにしています。
>かんこさん

50mプールでガシガシと練習すると、体感的には1.5倍くらい強度が上がる気がします。 ターンをするかしないかで実際に泳ぐ距離は7mくらいしか違いませんが、不思議です^^



>miurak-fukuyamaさん

いつもの大会前よりいくらか慎重なコンディション調整してます。 今度は同チームですから、なるべくいいパフォーマンスをお見せする事ができればと、思ってます^^ 
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://defd.blog17.fc2.com/tb.php/1400-13ef4a3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。